東京

都立立川国際中等教育学校の評判。どんな学校?詳しく解説します。

立川国際タイトル

とうさん
都立中高一貫校受検しようと思っているんだけど、『都立立川国際中等教育学校』ってどんな学校?

立川国際中等教育学校は2007年(平成19年)の都立学校設置条例に基づいて創立された東京都立の中高一貫教育校の1つです。
正式名称は『東京都立立川国際中等教育学校』です。

とうさん
立川国際といえば、2022年度から付属小学校が併設されて小・中・高一貫教育の学校になる予定のところだよね?

おっ!よくご存じですね。
その通りです。
とうさんのおっしゃるとおり、立川国際は2022年度から付属小学校を併設する予定で、東京都初の小・中・高一貫教育の学校になります。

とうさん
こりゃ、すごいね。大注目の学校だね

はい。
これからさらに注目されていく学校ですね。

立地に関しては、その名の通り武蔵野台地に位置する『立川』です。
駅でいうと、

  • JR立川駅北口から多摩都市モノレール立川北駅下車⇒立川バス『北町』行で『立川国際中等教育学校』下車
  • JR立川駅北口から徒歩18分

になります。

国際社会で貢献できるリーダーとなるために必要な学業を修め人格を陶冶する』という教育目標を掲げています。
国際社会というだけあって英語に接する機会が多く設けられているのが特色です。

この記事では都立立川国際中等教育学校の基本情報・受検スケジュール・大学進学実績など数字的なことまで詳しく解説していきます。

この記事で分かること

都立立川国際中等教育学校の

  1. 基本情報
  2. 大学進学実績
  3. 受検スケジュール
  4. 立川国際への合格実績のいい塾

この記事の信頼性

Ryosuke

✓教育ブログ歴6年。月々80,000PV。
6年間様々な受験情報・教育情報・学習サービスをみてきた筆者が経験をもとに解説していきます。

都立立川国際中等教育学校の評判。どんな学校?詳しく解説します。

東京都立立川国際中等教育学校の基本的な情報を解説していきます。

 

とうさん
なるほど。 中等教育学校ってのは、高校からの募集がないんだね。

そうです。
『○○高校付属中学』のような『併設型』の場合は、高校の募集がありえるんですが、中等教育学校は高校募集がなく6年間同じメンバーで過ごすことになります。

とうさん
それはアットホームな雰囲気になるね

そうですね。
中高一貫校の場合は、その生徒間の距離も魅力ですし、私立の場合は先生も異動がなく先生と生徒の距離感もより身近になります。
公立中高一貫の場合は、公立なので先生の異動はあります。残念ですが。

とうさん
なるほど。なるほど。

また、公立中高一貫校は、公立ですので中学3年間の学費は無償です。
もちろん、学費以外の制服代・教材費などなどは必要ですのでご注意ください。

立川国際中等教育学校の一番の特色として

英語の授業に

  1. 『コミュニケーショ ン英語』
  2. 『発展英語』
  3. 『英語表現』
  4. 『TOEFL対策』

などの多数の科目があったり

  • 『自由選択第二外国語』

の科目があったりと外国語教育にも大変力を入れていることが挙げられます。

また、その他にも

  1. ネイティブの先生が多かったり
  2. オーストラリアへの海外研修旅行や英語合宿
  3. 文化祭での英語劇の発表
  4. 留学生の受け入れ
  5. 希望者対象の在校中の海外留学

など外国語に接する機会が多く設けられていることも大きな特色です。

とうさん
かなり力を入れていることが分かるね。

誰が見ても分かりますよね。
外国語教育に力を入れていることから『東京グローバル10』にも指定されており、より実践的な外国語によるコミュニケーション能力の育成に力を入れています。

外国語以外にも、

  • どの教科でも受け身に学ぶのではなく自分で考える力を身につける

を理念として、すべての教科で『少人数制』や『習熟度別の授業編成』を導入し、生徒個人それぞれの学習能力にあった授業を受講できる体制になっています。

また、幅広く様々な教養を身につけるために、5年生までは理系と文系に分けずに全ての授業が行われます。

さらにチューター制度自習室もあり、生徒が幅広い教養を自主的に身につけることができるように工夫されています。

もう一つの教育方針として

  • 『国際的視野に立った幅広い教養と国際社会で活躍できる判断力や行動力、自分の考えや意見を表現できる論理的思考力・表現力、 コミュニケーション能力を養う』

ということを掲げており、先に述べた学校行事や外国語教育などを通じて実践しています。

日頃よりグローバルな環境で過ごすことができるため、自然と自分の意見をはっきりと述べたり、主体的に物事を考えることのできるような国際社会でも通用する人材に育てていくということですね。

部活動も前述の通り多数あって、学業以外の経験を通じて豊かな心を育むことを目標としています。

スポンサーリンク

都立立川国際中等教育学校2020年偏差値・受検スケジュール

では、次に都立立川国際の偏差値・受検スケジュールを見ていきましょう。
2020年と2021年のデータになります。

チェック!確認したい年のタブをクリックしてください。

とうさん
2020年の倍率は4.83倍か

そうですね。
都立都立中高一貫校の中では若干低めの方かもしれませんね。

それと偏差値。

都立中高一貫校の偏差値は大学進学実績に比例して微妙に上がり下がりがあります。
この55というのは、直近の日能研R4偏差値を目安にしています。
四谷大塚・SAPIXなど各塾で偏差値を出していますが、当ブログでは日能研のR4偏差値を基準にしていることが多いです。

スケジュールに関しては、都立中高一貫校は同日実施になっていて日時も毎年同じような日時です。

受検日・合格発表日

■受検日■
2月3日

■合格発表日■
2月9日

とうさん
大学の進学実績はどう?

では、次に大学進学実績を確認していきましょう。

スポンサーリンク

都立立川国際中等教育学校2020年大学進学実績

では、次にの立川国際の2020年まで過去3年間の、主要国立大、早慶上理GMARCHの合格実績をみていきましょう。

まずは主要国立大学の合格実績になります。(現役の数字です)

続いて、早慶上理GMARCHの実績です。

 

とうさん
2020年は卒業生の18.2%が国立合格。早慶上理の合格率が卒業人数にたいして53.4%。早慶上理GMARCHは160.1%。かなりイイ実績だね

そうですね。
東大合格数が2。
主要国立に関しては、卒業生の18.2%が合格しています。
早慶上理GMARCHに関してもトータルで237の合格数を獲得していますから、1/3で考えても79です。
卒業生が148名ですから、79ってことは53.3%。

あくまで予想ですが、卒業生のうち約53%が国立 or 早慶上理GMARCH以上の大学に進学するのではないかと想定できます。

2019年、2020年と国立は若干落としたものの、早慶上理GMARCHの実績が爆増していますね。

とうさん
公立で学費が安いうえに、中高一貫で高校受験無。その上、この進学実績となると、なおさら入学させたくなる・・・

そうですよね。
では、都立立川国際中等教育学校への合格実績の良い塾はどこでしょうか?
ちょっと調べてみましょうか。

都立立川国際中等教育学校、合格に強い塾はどこ?

では、次に立川国際の合格実績の良い塾は、どこでしょうか?
大手塾の2020年の合格実績を見てみましょう。

 

とうさん
立川国際に関しては、ena=102でトップ。栄光ゼミナール=20で2番手だね。

そうですね。
立川国際は2020年の入学者数が148名ですからenaと栄光ゼミナールで122名と82%を占めています。

この表を見てもらえばわかるとおり、今の所、公立中高一貫校受検に関しては、enaが圧倒的な合格実績を誇ることが分かりますね。

最後に

今回は都立中高一貫校、都立立川国際中等教育学校に関して詳しく解説してみました。

とうさん
どんな学校なのか。受検スケジュール、大学合格実績、塾に関して、よくわかったよ。

冒頭でも解説した通り、立川国際は2022年度から付属小学校を併設する予定で、東京都初の小・中・高一貫教育の学校になります。

この状況を踏まえると倍率は上がるでしょうし、今後中学校からの入学があるのかどうか分かりません。
前回は倍率4.83倍と都立中高一貫校としては低めでしたが、目標とすべき価値のある学校であることはいうまでもありませんね。

公立中高一貫校受検のテストである『適性検査』も、対策の練りにくい、かなり特殊なテストではありますが、しっかり戦略を練って臨めば十分対応できるはずです。

公立中高一貫校の適性検査には作文問題が出題される事が多いです。
作文は、自分の意見を理路整然と論理的に表現する力が必要になります。

この力は一朝一夕では身につきません。
作文力アップのためには、まず文章に触れ読むことが必要です。

ご家庭で手軽にできる対策として、僕は「子供新聞」の購読をおススメしています。
作文力アップだけではなく、新聞を読むことで、普段、興味のない社会情勢に触れる機会を持つ事も出来ます。

つまり、中学受験に必ず出題される時事問題対策にもなるという事です。
子供新聞に関しては、以下の記事で詳しくまとめていますので、ご興味のある方はどうぞ一読ください。

子供新聞を3社徹底比較。中学受験にこども新聞は必読ですよ

続きを見る

そしてもう一つ、受験(受検)に大切なのは『時間の使い方』です。

時間は巻き戻せません。
ライバルに差をつけるために、特に最後の1年間は『時間を効率的』に使った方がいいです。

これは経験者の体験談としてです。

残り少ない時間を有効に使うために、不明点があったらすぐ聞ける環境を整えておくことは非常に大切です。
またライバルに差をつけるという意味でも、塾プラスアルファですぐ質問できる環境があるのはおすすめできます。

そこで利用したいのが『オンライン家庭教師』です。

ママ友・パパ友はライバルなので何も言いませんが、実は、伝統校・人気校に合格しているご家庭は5年・6年時『塾+家庭教師 or オンライン家庭教師』で対策をしているケースが非常に多いです。

オンライン家庭教師はリアルな塾に比べて料金が比較的安く、週1回で受講できる学校もあります。

無料体験授業を受講できますので、一度受講していつでも利用できるようにしておくことをおすすめします。

その上、世の中がこの状況なので、無料なので試しておいて損はありません。

オンライン家庭教師の詳細はこちらの記事で紹介しています。

オンライン家庭教師おすすめ5社を比較。調べて分かった驚きの料金、メリット、デメリットのサムネイル画像
オンライン家庭教師おすすめ5社を比較。調べて分かった驚きの料金、メリット、デメリット

続きを見る

新聞は比較的安価ですし、オンライン家庭教師に関しては無料体験ですので、この2つは、やっておいて損がないので早めに取り組んでおいてはいかがでしょうか。

都立中高一貫校紹介ページ

おすすめ

おすすめ

日々忙しく、お買い物にも行く時間のないあなたに。
食材の宅配サービスは絶対、あなたの助けになってくれるはずです。

らでぃっしゅぼーや・コープデリ・パルシステムを比較。おススメ理由。
らでぃっしゅぼーや・コープデリ・パルシステムを比較。おススメ理由。

続きを見る

■らでぃっしゅぼーやの食材宅配はコチラ■

■生協の宅配サービスはコチラ■

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-東京
-

© 2021 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ