中学受験 公立中高一貫校受検状況 茨城

茨城県 公立中高一貫校 2020年受検スケジュールと結果倍率

スポンサーリンク

記事を更新しました

2020年受検も終了し、各校の受検倍率結果も出ましたので記事を更新いたしました。

茨城県には2020年現在、3つの公立中高一貫校があります。
そして来年(2020年)から5校追加され8校になります。

この辺の事は以前、記事にしました。

【続報】茨城県で2022年までに公立中高一貫校が10校新設される件

2019年2月、茨城県が「2022年度までに公立中高一貫校を10校増設する」という発表がありました。 以前、このサイトで ...

続きを見る

(ちなみに全国の公立中高一貫校がどのくらいあるのか興味のある方は、こちらの一覧をどうぞ、ご確認ください。)

全国・公立中高一貫校一覧

別記事で全国の公立中高一貫校一覧を表にしました。 興味のある人には非常に便利な表だと思いますが、全校を1枚にまとめたので ...

続きを見る

とうさん
そうだったね。 茨城は2020年までに10校開校する予定だったよね!

そうですね。

段階的に開校していく予定ですが、2020年は一気に5校開校します。

  • 竜ヶ崎第一
  • 下館第一
  • 太田第一
  • 鉾田第一
  • 鹿島

この5校です。

中等教育学校ではなく既存の高校に併設する形になります。

既にある並木中等、古河中等、日立第一付属の3校と合わせて2020年は8校ということになります。

では、埼玉東京千葉神奈川栃木群馬に続き茨城県の公立中高一貫校の2020年受検スケジュールをまとめていきましょう。

茨城県公立中高一貫校 2020年受検スケジュール

これが直近の受検スケジュールになります。

日立第一のR4偏差値が載っていませんが偏差値的には古河中等と同じくらいでないかと予想されます。

今年(2019年)と比較すると、日付的には数日ずれますがほとんど同じスケジュールです。

そして全8校同日になります。

<2020年受検スケジュール>

1月11日   適正検査実施日

1月22日   合格発表日

スポンサーリンク



スポンサーリンク



募集人数と選抜方法

募集人数は、選抜方法は以下の通りです。

<2020年募集人数>

並木中等:160名(男女80名)

古河中等:120名(男女60名)

日立第一付属:80名(男女40名)

竜ヶ崎第一付属:40名(男女20名)

下館第一付属:40名(男女20名)

太田第一付属:40名(男女20名)

鉾田第一付属:40名(男女20名)

鹿島付属:40名(男女20名)

<2020年選抜方法>

全8校ともに:適性検査Ⅰ、Ⅱ、面接

既存の3校は、募集人数、選抜方法ともに各校昨年通りです。

新規の5校に関しては、40名スタートということですね。

とうさん
40名!?少ないね!

少ないですね・・・率直な意見として。

「40名で学校として機能するのか?」

実はそういった批判もありました。

たしかにおっしゃる通りで、40名ではちょっと厳しいですね。

体育祭や文化祭などの学校行事は一定の人数がいるから盛り上がるわけでして。40名では厳しいでしょう。

高校と合同でやる形にするのでしょうが、うまくいくか不安ですね。

選抜方法は全8校共に適性検査Ⅰ、Ⅱ、及び面接です。

これはシンプルでわかりやすいですね。

スポンサーリンク



受検倍率結果

茨城県公立中高一貫校2020年受検倍率が発表になったので追記いたします。

茨城県トータルでは、

茨城県トータル

受検人数:1,670名
募集人数:558名
受検倍率:2.99倍

公立中高一貫校受検倍率としては、2.99倍は低めです。
新設校のうち、4校が3.0倍未満、それと古河中等が2.33倍という低倍率でした。
新設校のうち、竜ヶ崎第一だけ4.90倍という高倍率をつけております。

一つ前の年、2019年の倍率を見てみましょうか。

  • 県立並木中等教育学校 = 定員160名に対して志願者数668名=4.18倍
  • 県立古河中等教育学校 = 定員120名に対して志願者数263名=2.19倍
  • 県立日立第一高等学校付属中学校 = 定員80名に対して志願者数194名=2.43倍
  • 茨城トータル=定員360名に対して受検者数1,125名=3.12倍

既存3校のデータになります。

2019年受検の茨城トータル倍率は3.12倍です。
今年は、0.13ポイントダウンした形です。

おすすめ

最後に

今回は、2020年茨城県公立中高一貫校の受検スケジュールと結果倍率をまとめてみました。

とうさん
ほぼ、昨年同等って感じだね。

そうですね。
新たに追加される5校の倍率が思ったよりも高くありませんでしたね。
まずは様子見という所でしょうか。
また、地方の場合、通学圏の問題がありますので、今後も、そこまで極端に倍率が高くなることは無いでしょう。

例年、今回と同じくらいの倍率になるのではないでしょうか。

とはいえ、3人に1人しか合格できません。
1,112名の不合格者が少ないとは言えないと思います。

しっかり対策をして臨みましょう。

公立中高一貫校の適性検査には作文問題が出題される事が多いです。
作文は、自分の意見を理路整然と論理的に表現する力が必要になります。

この力は一朝一夕では身につきません。
作文力アップのためには、まず文章に触れ読むことが必要です。

ご家庭で手軽にできる対策として、僕は「子供新聞」の購読をおススメしています。
作文力アップだけではなく、新聞を読むことで、普段、興味のない社会情勢に触れる機会を持つ事も出来ます。

つまり、中学受験に必ず出題される時事問題対策にもなるという事です。
子供新聞に関しては、以下の記事で詳しくまとめていますので、ご興味のある方はどうぞ一読ください。

子供新聞を3社徹底比較。中学受験にこども新聞は必読ですよ

とうさん『中学受験するなら子供新聞を読んだ方がいいよ』って言われたんだけど、どうなの? そうですか。 ぶっちゃけ、「子供 ...

続きを見る

また、直前期の対策といえば、とにかく過去問と外部模試です。
過去問には志望校の問題傾向が全て載っています。

試験の前日まで成績が伸びる可能性は十分にあります。
しっかり取り組んでいきましょう。

医学コース新設。2019年 茨城公立中高一貫校 受検状況について

今回は茨城の公立中高一貫校の紹介と2019年の受検状況を確認していきたいと思います。 現在、茨城には3校の公立中高一貫校 ...

続きを見る

茨城県で2022年までに公立中高一貫校が10校新設される件

茨城県が本気を出してきました。 今年、2月に発表されたんですが、 「2022年度までに公立中高一貫校を10校増設する」 ...

続きを見る

【続報】茨城県で2022年までに公立中高一貫校が10校新設される件

2019年2月、茨城県が「2022年度までに公立中高一貫校を10校増設する」という発表がありました。 以前、このサイトで ...

続きを見る

茨城県公立中高一貫校2019年大学合格実績まとめ

東京、千葉、埼玉、神奈川に続きまして茨城の実績をまとめました。 茨城県公立中高一貫校 2019年大学合格実績トータル 学 ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ

おすすめ

日々忙しく、お買い物にも行く時間のないあなたに。
食材の宅配サービスは絶対、あなたの助けになってくれるはずです。





おすすめ

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-中学受験, 公立中高一貫校受検状況, 茨城

Copyright© 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ , 2020 All Rights Reserved.