中学受験 公立中高一貫校受検状況 兵庫 記事No.151~200まで

兵庫県 公立中高一貫校2020年受検スケジュールと結果倍率

Ryosuke

Ryosuke

管理人のリョウスケといいます。 東京都在住40代です。 2015年に子供が中学受験(受検)をした事をキッカケにブログを始めました。それ以降、中学受験関連の情報を集め、その経験・データを元に中学受験、高校・大学受験、子育ての話などを記事にしています。 サイト運営5年。月々58,000PV突破。ありがとうございます。

スポンサーリンク

兵庫県には2020年現在、2つの県立公立中高一貫校があります。

とうさん
あれっ!?もう少しなかったっけ?神戸大附属中等は国立だからぬいてあるの?

そうです。
国立と連携型を合わせると、もっとあるんですが、このサイトでは県立・市区町村立で連携以外の学校を対象とさせていただいています。
ご了承ください。

兵庫県 公立中高一貫校

  • 兵庫県立大学附属中学校
  • 兵庫県立芦屋国際中等教育学校

(ちなみに全国の公立中高一貫校がどのくらいあるのか興味のある方は、こちらの一覧をどうぞ、ご確認ください。)

全国・公立中高一貫校一覧

別記事で全国の公立中高一貫校一覧を表にしました。 興味のある人には非常に便利な表だと思いますが、全校を1枚にまとめたので ...

続きを見る

とうさん
なるほどね

兵庫県は神戸大附属中等が特に有名ですが、国立なので、この記事では対象外にしています。
全国的には1県に3校くらいが標準なので2校は、ちょっと少ない方ですね。

兵庫県公立中高一貫校 開校は?

  • 兵庫県立大学附属中学校
    2007年、兵庫県立大付属高校の併設校として開校。
  • 兵庫県立芦屋国際中等教育学校
    2003年、中等教育学校として開校。

兵庫県には、全国的にも有名な私立中高一貫校が揃っています。
その中でも、

  • 灘中・高
  • 甲陽学院
  • 神戸女学院

この辺は劇的に有名ですよね。

とうさん
灘とか、めっちゃ有名

そういう状況なので、中学受験といえば私立のイメージが強い県です。

とはいえ、公立中高一貫校は私立とは受検する層が違いますので、公立は公立で人気があるのが現状です。

では、2020年受検も終了しましたので、2020年の受検スケジュールと結果倍率をまとめていきましょう。

兵庫県公立中高一貫校 2020年受検スケジュール

これが兵庫県公立中高一貫校のの2020年受検スケジュールになります。

<2020年受検スケジュール>

2月1日
兵庫県立大付属:適性検査Ⅰ,Ⅱ、面接
芦屋国際中等:作文、面接

2月6日
両校共:合格発表日

とうさん
芦屋国際は、作文と面接なんだね

芦屋国際は、ちょっと特別です。

募集している80名のうち60名が上記の条件の児童なので、選抜方法が作文・面接になります。

とうさん
なるほどね。

公立中高一貫校受検は、傾向的に毎年同じようなスケジュールになることが多いので、次回2021年受検も同じような形になることが予想されます。

スポンサーリンク



募集人数と選抜方法

募集人数と選抜方法は以下の通りです。

2020年募集人数

  • 兵庫県立大学附属中学校:70名
  • 兵庫県立芦屋国際中等教育学校:80名

2020年選抜方法

  • 兵庫県立大学附属中学校:適性検査Ⅰ,Ⅱ、面接
  • 兵庫県立芦屋国際中等教育学校:作文、面接
とうさん
近畿地方の学校は1校あたりの募集人数が全体的に少なめだね

そうですね。
どの県も、80名くらいが多いですね。
検査内容は、兵庫県立付属は一般的な適性検査、面接と芦屋国際は前述したとおり作文、面接です。

スポンサーリンク



受検倍率結果

兵庫県公立中高一貫校2020年受検倍率を見ていきます。

以下、兵庫県公立中高一貫校2020年トータル倍率です。

兵庫県トータル

受検人数:462名
募集人数:150名
受検倍率:3.08倍

公立中高一貫校受検倍率としては、一般的な倍率と言えます。

おすすめ

最後に

今回は、2020年兵庫県公立中高一貫校の受検スケジュールと結果倍率を調べてみました。

とうさん
倍率は3.08倍と一般的な感じだったね

そうですね。
倍率だけでみると、京都と同じくらいですかね。
関東圏に比べると健全な倍率と言えます。

前述した通り、兵庫県には灘・甲陽学院・神戸女学院と名門私立校が多いので、中学受験=私立受験というイメージが強いと思います。

ただし、公立中高一貫校を志望される家庭は、私立とは層が違うので、大学合格実績が伸びてくれば、人気・倍率はますます伸びていくでしょう。
これからに期待ですね。

しっかり対策をして臨みましょう。

公立中高一貫校の適性検査には作文問題が出題される事が多いです。
作文は、自分の意見を理路整然と論理的に表現する力が必要になります。

この力は一朝一夕では身につきません。
作文力アップのためには、まず文章に触れ読むことが必要です。

ご家庭で手軽にできる対策として、僕は「子供新聞」の購読をおススメしています。
作文力アップだけではなく、新聞を読むことで、普段、興味のない社会情勢に触れる機会を持つ事も出来ます。

つまり、中学受験に必ず出題される時事問題対策にもなるという事です。
子供新聞に関しては、以下の記事で詳しくまとめていますので、ご興味のある方はどうぞ一読ください。

子供新聞を3社徹底比較。中学受験にこども新聞は必読ですよ

とうさん『中学受験するなら子供新聞を読んだ方がいいよ』って言われたんだけど、どうなの? そうですか。 ぶっちゃけ、「子供 ...

続きを見る

また、直前期の対策といえば、とにかく過去問と外部模試です。
過去問には志望校の問題傾向が全て載っています。

試験の前日まで成績が伸びる可能性は十分にあります。
しっかり取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-中学受験, 公立中高一貫校受検状況, 兵庫, 記事No.151~200まで

© 2020 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ