東京

東京都立中高一貫校 2022年受検スケジュール・偏差値一覧

東京都立中高一貫校 2022年受検スケジュール・偏差値一覧の画像

東京都には2021年現在、11の公立中高一貫校があります。

これは他県に比べて、断然多い学校数になります。
2022年に茨城県が13校体制になるので、その次という事ですね。

全国の公立中高一貫校がどのくらいあるのか興味のある方は、こちらの一覧をどうぞご確認ください。

全国・公立中高一貫校一覧
全国・公立中高一貫校一覧

続きを見る

茨城・東京の次に多いのが新潟県の8校ですね。

大体の所は3校くらいですね。

昨年も書きましたが、11校もの公立中高一貫校を持つ東京は公立中高一貫校の中で『どの学校を受検するか』選択する余地がある珍しい地域と言えます

とうさん
あ~、なるほど。たしかに。あんまり考えてなかったかも・・・

実は、公立中高一貫校受検を希望されてるご家庭は、そういうご家庭が多いみたいなんですよね。

皆さん自宅に近い学校を選択されて、その後はその志望校を目指し偏差値を上げていくという感じが多いみたいです。

でも、実は東京には公立中高一貫校が11校もあって、偏差値も少しずつ違うんですよね。私立ほどの差はないまでも。

私立受験を考えてるご家庭は、偏差値に幅があることと、数校受験できることもあってギリギリまで学校選択を迷われます。

学校選択という意味では「1校しか受検できない」公立中高一貫校受検の方がシビアに考えてよいと思うんです。

とうさん
う~~ん。確かに。一理ある。

東京在住であれば、別に自宅近くの学校を受検しなくてはいけないという決まりはないので、選択する余地は十分にあると思います。

あまりにも通学に時間がかかるのはどうかと思いますが、私立の場合1時間くらいの通学時間はざらですからね。

では、東京にある公立中高一貫校と受検スケジュールをざっと見ていきましょう。

この記事の信頼性

Ryosuke

✓教育ブログ歴6年。月々80,000PV。 ✓6年間様々な受験情報・教育情報・学習サービスをみてきた筆者が経験をもとに解説していきます。 ✓stand.fmで音声配信してます。よろしければ是非。

東京都立中高一貫校 2022年受検スケジュール・偏差値一覧・志望校の選び方

まずは、直近のR4偏差値と2022年の受検スケジュールになります。

参考までに2021年のスケジュールと倍率も併記しておきます。

都立中高一貫校(東京) 偏差値一覧・2022年受検スケジュール

チェック!確認したい年のタブをクリックしてください。

とうさん
なるほど。受検日・合格発表日は、どの学校も同じ日なんだね

そうですね。
そこは基本的に毎年同じです。

だから複数受験もできないわけです。

2022年受検スケジュール

  • 2022年2月3日 適性検査実施日
  • 2022年2月9日 合格発表日

これは毎年同じなんですが、だからと言って確認を怠らないようにしましょう。
埼玉のように受験日が分かれることだってありますからね。

2022年も併願可能!埼玉県 公立中高一貫校 2022年受検スケジュールの画像
2022年も併願可能!埼玉県 公立中高一貫校 2022年受検スケジュール

続きを見る

前回2021年受検も、大宮国際だけ受検日が一日ずれたので公立中高一貫校受検なのに2校受けることができました

これは全国的にも珍しい事例です。
そういう事がありますので必ず確認する必要があります。

おすすめ

『評判の良い学校ってどこだろう?』
『併願校の組み方ってどうしたらいいんだろう?』
『1つの塾だけじゃなく第3者の意見を聞いてみたい』

その気持ちよく分かります。
『志望校選びを失敗したくない』のなら『プロ』に相談するのはいかがでしょうか?

オンライン家庭教師のスタディコーチさんでは、東大卒のプロの目線で志望校選びの相談にのってくれます。
第三者の視点で話がきける機会は
なかなかありません。
もちろん、志望校相談・体験授業ともに無料です。
何一つ損はありませんので、是非気軽にご相談してみてくださいね。

公式サイトから『無料体験授業を受ける』をクリック『ご要望/備考』欄『中学受験のアレコレ・志望校相談希望』と書いてくださいね!

>>>■スタディコーチ公式サイトへ■

\スタディコーチではTBS「東大王」出演中のお二方が講師をされていますよ/

>>>■スタディコーチの詳しい内容はコチラの記事で■

公立中高一貫校の受検校選び。違いはどこ?

昨年も同じことを書きましたが、受検スケジュールは全く同じなので受検校はなにを基準に選んだらよいでしょうか?

各校の違い・志望校の選び方を解説していきます。

まず、学校の所在地を確認しよう

まずは、学校の位置を確認しましょう。

通学は自宅から1時間以内というのが基本になります。

自宅から1時間以内の学校を確認してみましょう。

とうさん
あれっ!?ウチから通える圏内に数校あるな!自宅の一番近くの学校しか確認してなかった。

そうなんですよね。
改めて確認すると。

公立中高一貫校は1校しか受けられないとはいえ、最初から1校に絞るのではなくて何校か見てから決めてみてもいいと思いますよ。

偏差値を確認しよう

そして、次に偏差値の確認です。

上の表は日能研のR4偏差値をもとに表記しています。

とうさん
小石川が飛び抜けてて、その下に武蔵、その他はほとんど団子状態だね。その下に富士があるのか。

そうですね。
実は、偏差値は毎年少しずつ変動しているんですが、順位に関しては変動していないですね。
また、選べるとはいっても私立ほど偏差値に差がないので、選択肢は少ないです。

とうさん
なるほど。でも、参考になるな。例えば中野あたりに住んでいたら中央線の下り方面にするか上り方面にするか選択の余地があるね。

そうですね。

東京の中心あたりに自宅がある場合、選択肢は広がります。

例えば富士と桜修館と小石川の間には偏差値的にかなりの差がありますが、自宅の位置によってはどの学校へも通学可能です。
東京を縦移動する感じで。

とうさん
そうそう。そういう考え方できるよね。

応募資格を確認しよう

次に応募資格ですね。

これは基本的に一律同じなんですが、区立九段だけは違います。

とうさん
(区分A=千代田区在住) (区分B=都内在住) となっているね。

そうです。

九段中等は区立なので千代田区に住んでいる生徒が優先されるんですね。

今年の概要がまだ発表されていないので昨年の例で説明しますね。

昨年は、

(区分A=千代田区在住)=80名(男子40名、女子40名)

(区分B=都内在住)=80名(男子40名、女子40名)

という感じでした。

千代田区を半分、残り半分の枠を他の地域に住んでいる方で競う感じになります。
(区分B)は、都内在住であれば応募できます。

選抜方法を確認しよう

次に選抜方法です。

とうさん
適性検査でしょ?

そうです。
どの学校も適性検査で選抜を行うんですが、東京都全てで同じ問題が出される訳じゃないんです。
共通問題と独自問題というのがあって各校それを組み合わせ問題を作成します。

だから、学校によって問題量もテストの時間割も違ってくるんですよ。

とうさん
えっ!?そうなの!?

上のスケジュール表の選抜方法って列をみてください。

これも今年の正式なものが発表になっていないので昨年の実績をもとに表を作成しています。
でも、まぁ、今年も傾向は変わらないのではないかと思います。

例えば、桜修館、南多摩、三鷹なんかは適性検査Ⅰ、Ⅱまでですが、小石川、武蔵、、両国なんかは適性検査Ⅲまであります。

とうさん
ホントだね・・・

それによって、テストの時間割も変わってきます。

桜修館は2つしかテストが無いので2時限までで11:00にテスト終了になります。
一方、小石川は3つテストがあるので3時限まであって終了時間12:15です。

つまり問題量も違ってきますし、もちろん配点も変わります。

ただし各校、作文は必ずあって、作文+いわゆるテスト問題という感じになっています。

とうさん
なるほどね~。 その場合、問題量が少ない方がいいのかなぁ?

いやいや。そんなことはありませんよ。
問題数が少ないということは、一問あたりの配点が大きいわけですから間違えた時のダメージが大きいってことになります。
また、各小学校からの報告書の換算点なんかも各校で違うので問題が少なけりゃ良いってのは短絡的です。

とうさん
なるほど。 よく理解できた気がする。

スポンサーリンク

受検倍率結果

では、2021年の受検倍率を見てみましょう。

2021年は、2020年に引き続き『両国』の6.70倍が最高倍率、最低でも都立武蔵の3.04倍です。

とうさん
相変わらずの高倍率だね・・・

そうですね・・・
東京都の総合計を見てみましょう。
受検者数が7,707名、募集人数1,624名、受検倍率4.75倍です。
5名に1名しか受からないという状況で、今年は6,083名の不合格者を出しました・・・

今年もツライ受検になりましたね・・・

倍率的には、3~7倍弱で2020年よりは落ち着きました。

最後に

今回は、2022年東京都公立中高一貫校の受検スケジュール・学校選びに関してまとめてみました。

とうさん
よくわかったよ。 単純に家から近いとかだけで決めないで、他の学校の事も調べてみる事。 そうするといろんな事が分かってくるってことだね。

そういう事ですね。
公立中高一貫校を受検される方は1校しか受検できないから『校風』とか『偏差値』とか関係なく自宅近くの学校を選びがちです。
そうではなく各校の情報をキチンと精査するともう少し合格の確率も上がるし、学校の特徴も分かります。
学校の特徴が理解できると、受検するモチベーションに繋がります。

受験には戦略と対策が必須です。
是非とも頭を柔らかくして、いろんな方向から検討してみてください。

それと対策に関してですが、

公立中高一貫校の適性検査には作文問題が出題される事が多いです。
作文は、自分の意見を理路整然と論理的に表現する力が必要になります。

この力は一朝一夕では身につきません。
作文力アップのためには、まず文章に触れ読むことが必要です。

ご家庭で手軽にできる対策として、僕は「子供新聞」の購読をおススメしています。
作文力アップだけではなく、新聞を読むことで、普段、興味のない社会情勢に触れる機会を持つ事も出来ます。

つまり、中学受験に必ず出題される時事問題対策にもなるという事です。
子供新聞に関しては、以下の記事で詳しくまとめていますので、ご興味のある方はどうぞ一読ください。

子供新聞を3社徹底比較。中学受験にこども新聞は必読ですよ

続きを見る

そしてもう一つ、受験(受検)に大切なのは『時間の使い方』です。

時間は巻き戻せません。
ライバルに差をつけるために、特に最後の1年間は『時間を効率的』に使った方がいいです。

これは経験者の体験談としてです。

残り少ない時間を有効に使うために、不明点があったらすぐ聞ける環境を整えておくことは非常に大切です。
またライバルに差をつけるという意味でも、塾プラスアルファですぐ質問できる環境があるのはおすすめできます。

そこで利用したいのが『オンライン家庭教師』です。

ママ友・パパ友はライバルなので何も言いませんが、実は、伝統校・人気校に合格しているご家庭は5年・6年時『塾+家庭教師 or オンライン家庭教師』で対策をしているケースが非常に多いです。

オンライン家庭教師はリアルな塾に比べて料金が比較的安く、週1回で受講できる学校もあります。

無料体験授業を受講できますので、一度受講していつでも利用できるようにしておくことをおすすめします。

その上、世の中がこの状況なので、無料なので試しておいて損はありません。

オンライン家庭教師の詳細はこちらの記事で紹介しています。

オンライン家庭教師おすすめ5社を比較。調べて分かった驚きの料金、メリット、デメリットのサムネイル画像
オンライン家庭教師おすすめ5社を比較。調べて分かった驚きの料金、メリット、デメリット

続きを見る

オンライン家庭教師おすすめリスト

ここまで読んでくださった方限定で特別な情報をお伝えします。
以下の3社が当サイトから申し込みが多く、評判も良い、ランキングトップ3のオンライン家庭教師サービスです。
3社とも今なら無料で体験授業を受けられますので、申し込みができるうちにご利用ください。
コスパの良さ・利便性に納得していただけると思います。
(Wamは無料で資料請求ができます。『いきなり授業は・・・』という場合、まず資料請求してみてください)

新聞は比較的安価ですし、オンライン家庭教師に関しては無料体験ですので、この2つは、やっておいて損がないので早めに取り組んでおいてはいかがでしょうか。

公立中高一貫校受検は1チャンスです。
1校しか受検できません。

悔いの残らない受検となるよう、しっかり受検戦略を練って進めていきたいですね。

また、直前期の対策と言えば、とにかく過去問です。
過去問には志望校の問題傾向が全て載っています。

しっかり取り組んでいきましょう。
試験の前日まで成績が伸びる可能性は十分にあります。
最後の最後まで油断せず頑張っていきましょう。

都立中高一貫校紹介ページ

音声でもこの話題について話しています!

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-東京
-