東京

都立両国高等学校附属中学校の評判。どんな学校?詳しく解説します。

とうさん
都立中高一貫校受検しようと思っているんだけど、『都立両国高等学校附属中学校』ってどんな学校?

都立両国高等学校附属中学校は東京都墨田区にある東京都立中高一貫校(公立中高一貫校)です。
駅でいうと、

  • JR総武線・横須賀線 錦糸町駅 徒歩5分
  • 東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅 徒歩5分
  • 東京メトロ新宿線 住吉駅 徒歩10分
  • 東京メトロ新宿線 菊川駅 徒歩10分

になりますね。

都立両国高等学校の併設中学として2006年に設立されました。
小石川都立武蔵・両国の3校は『都立中御三家』と称されることもあります。

とうさん
なるほど。 『併設校』ってことは、高校からの募集があるってことだね?

そうですね。
『中等教育学校』は高校募集がありませんが、『○○高校付属中学』のような『併設型』の場合は、高校の募集があります。
都立両国は『併設型』ですので高校募集・高校入学もありますね。

ただし、東京都の発表によると2022年度までに東京都立の併設校5校(武蔵・富士・両国・大泉・白鴎)の高校募集を停止し、中学募集を拡大するといわれています。

とうさん
そうなの!?ってことは、都立中高一貫校は人気も上がってるから中学受検がますます激戦になりそうだね

そうですね。
現在『高校受験からでいいや』と考えている層も「高校募集が停止される」と聞けば中学受検にシフトすることもあり得るでしょうから倍率は上がるかもしれませんね。

公立中高一貫校の場合は、精神年齢的にも同じレベルの子たちが集まるので生徒間の距離感も魅力ですし、公立ですので中学3年間の学費は無償、高校も今の東京都の政策のままいけば無償です。(もちろん、学費以外の制服代・教材費などなどは必要ですのでご注意ください。)

非常に魅力的ですね。

とうさん
なるほど。なるほど。それで『都立両国』は、どんな感じの学校なの?

都立御三家といわれているくらいなので、都立中高一貫校としてはトップ群の1つです。

R4偏差値的には、小石川=67でトップ、その次に「都立武蔵」「都立両国」=61で同率2番手となります。

教育方針

  • 「自律自修」

『自らの未来を切り拓く意欲と行動力をもち活躍できる生徒<リーダーの育成>』の育成を目標としています。

体系的な教育課程として

  • すべての知的活動の基盤である国語力の育成
  • 「志(こころざし)学」の推進
  • 理科・数学教育の充実
  • 英語によるコミュニケーション能力の育成

を掲げています。

とうさん
「志(こころざし)学」ってのはなに?

サイトから引用すると、

『望ましい職業観・勤労観を培い、将来、職業を通して社会に貢献する志や使命感を育成するため、
総合的な学習の時間を「志(こころざし)学」として職場体験や社会の最前線で活躍する人々による講義等を行う。』
(引用元:http://www.ryogoku-fuzoku-c.metro.tokyo.jp/site/zen/entry_0000002.html)

とのことなので『職場体験』授業を行ったり、講師を呼んで講演会をしてもらい話を聞いたりしているようですね。

近年、公立中高一貫校の人気が高まってきていて偏差値もグングン上がっています。
都立両国の偏差値は、新御三家・私立人気伝統校と肩を並べるほどです。
注目の学校ですね。

では、具体的に紹介していきましょう。
この記事を読んで頂ければ、どんな学校か詳しく分かりますよ。

この記事の信頼性

Ryosuke

✓教育ブログ歴8年。月々100,000PV。 ✓8年間様々な受験情報・教育情報・学習サービスをみてきた筆者が経験をもとに解説していきます。 ✓『中学受験のアレコレ・メルマガ版』スタートしました。もちろん無料です。ぜひご登録ください。

おすすめ

  • 『このままじゃ志望校に届かない。どうしよう』
  • 『集団塾だけだとどうも伸びない』

そこで、おすすめなのが『家庭教師のスポット利用』です。
苦手な部分だけ効率的に指導してもらえますし、並ばずいつでも質問できます。
最後の一押しに。まずは無料体験だけでも受講してみてください。
以下の記事で詳しく解説しています。

都立両国高等学校附属中学校の評判。どんな学校?詳しく解説します。

まず、都立武蔵高等学校附属中学校の基本的な情報です。

とうさん
都立両国は、高校で制服があるんだね。都立でも学校によってマチマチで面白いな。偏差値とか受検スケジュールはどんな感じなの?

おすすめ

四谷大塚・東進ハイスクールを運営する㈱ナガセが『東進オンライン』という映像授業コンテンツを始めました。
小学部=四谷大塚、中学部=東進ハイスクールのノウハウが詰め込まれた映像授業です。
そして、驚くことに月々3,000円~というコスパの良さ

無料で資料請求できるので、まずは資料を確認してみてはどうでしょうか。

詳しくは公式サイトをご確認ください!

■無料資料請求(小学部)へ>>
■無料資料請求(中学部)へ>>

■くわしい関連記事はコチラ>>

都立両国高等学校附属中学校2023年偏差値・受検スケジュール

では、次に都立両国の偏差値・受検スケジュールを見ていきましょう。
2020年~2023年のデータになります。

チェック!確認したい年のタブをクリックしてください。

とうさん
2022年は倍率4.57倍か!

そうですね。
都立都立中高一貫校の中では標準的な倍率になります。

また、都立中高一貫校の偏差値は大学進学実績に比例して微妙に上がり下がりがあります。
この61というのは、直近の日能研R4偏差値を目安にしています。
四谷大塚・SAPIXなど各塾で偏差値を出していますが、当ブログでは日能研のR4偏差値を基準にしていることが多いです。

スケジュールに関しては、都立中高一貫校は同日実施になっていて日時も毎年同じような日時です。

受検日・合格発表日

■受検日■
2月3日

■合格発表日■
2月9日

とうさん
大学の進学実績とかも良さそうだね

では、次にその辺を深堀していきましょう。

都立両国高等学校附属中学校2022年大学進学実績

では、次にの都立両国2022年まで過去5年間の、主要国立大、早慶上理GMARCHの合格実績をみていきましょう。

まずは主要国立大学の合格実績になります。(現役の数字です)

続いて、早慶上理GMARCHの実績です。

とうさん
2022年は卒業生の31.4%が主要国立合格。早慶上理の合格が63.8%。早慶上理GMARCHの合格は144.3%。公立の進学校としてみるとかなり良い数字だよね

そうですね。
2022年は現役東大合格数が5名。
主要国立に関しては、卒業生の3割を超えてます。
早慶上理GMARCHに関してもトータルで267の合格数を獲得していますから、1/3で考えても89です。
卒業生が185名ですから、89ってことは48.1%。

あくまで予想ですが、卒業生のうち約50%が国立 or 早慶上理GMARCH以上の大学に進学するのではないかと想定できます。

両国の2022年の実績は2021年と比較すると、やや上昇。
東大5名が素晴らしいですね。

とうさん
公立で学費が安いうえに、中高一貫で高校受験無。この実績を見ると、なおさら入学させたくなる・・・

そうですよね。
では、都立両国への合格実績の良い塾はどこでしょうか?
ちょっと調べてみましょうか。

都立両国高等学校附属中学校、合格に強い塾はどこ?

では、次に都立両国の合格実績の良い塾は、どこでしょうか?
大手塾の2022年の合格実績を見てみましょう。

とうさん
都立両国に関しては、ena=80でトップ。栄光ゼミナール=22で2番手だね。

そうですね。
都立両国は定員が160名ですからenaと栄光ゼミナールで102名と63%を占めています。

この表を見てもらえばわかるとおり、今の所、『数字だけでみると』公立中高一貫校受検に関しては、enaが圧倒的な合格実績を誇ることが分かりますね。

おすすめ

  • 『このままじゃ志望校に届かない。どうしよう』
  • 『集団塾だけだとどうも伸びない』

そこで、おすすめなのが『家庭教師のスポット利用』です。
苦手な部分だけ効率的に指導してもらえますし、並ばずいつでも質問できます。
以下の記事では『公立中高一貫校対策』をしてくれる家庭教師を厳選して紹介しています。
最後の一押しに。まずは無料体験だけでも受講してみてください。

最後に

今回は都立中高一貫校、都立両国高等学校附属中学校に関して詳しく解説してみました。

とうさん
どんな学校なのか。受検スケジュール、大学合格実績、塾に関して、よくわかったよ。

倍率4.57倍と狭き門ではありますが、目標とすべき価値のある学校であることはいうまでもありませんね。
公立中高一貫校受検のテストである『適性検査』も、対策の練りにくい、かなり特殊なテストではありますが、しっかり戦略を練って臨めば十分対応できるはずです。

公立中高一貫校の適性検査には作文問題が出題される事が多いです。
作文は、自分の意見を理路整然と論理的に表現する力が必要になります。

この力は一朝一夕では身につきません。
作文力アップのためには、まず文章に触れ読むことが必要です。

ご家庭で手軽にできる対策として、僕は「子供新聞」の購読をおススメしています。
作文力アップだけではなく、新聞を読むことで、普段、興味のない社会情勢に触れる機会を持つ事も出来ます。

つまり、中学受験に必ず出題される時事問題対策にもなるという事です。
子供新聞に関しては、以下の記事で詳しくまとめていますので、ご興味のある方はどうぞ一読ください。

そしてもう一つ、受験(受検)に大切なのは『時間の使い方』です。

時間は巻き戻せません。
ライバルに差をつけるために、特に最後の1年間は『時間を効率的』に使った方がいいです。

これは経験者の体験談としてです。

残り少ない時間を有効に使うために、不明点があったらすぐ聞ける環境を整えておくことは非常に大切です。
またライバルに差をつけるという意味でも、塾プラスアルファですぐ質問できる環境があるのはおすすめできます。

そこで利用したいのが『オンライン家庭教師』です。

ママ友・パパ友はライバルなので何も言いませんが、実は、伝統校・人気校に合格しているご家庭は5年・6年時『塾+家庭教師 or オンライン家庭教師』で対策をしているケースが非常に多いです。

また、オンラインで受講できますのでわざわざ塾に通う必要もありません

例えば、地方に住んでいて、現在も塾へ車で送迎されている場合、結構大変じゃないですか?

『質問ができるし、自習室があるし』という理由で車で30分かけて塾に行くことは非常に非効率ですよね。

そこで、オンライン家庭教師を受講して『質問できる環境』を整えておくというのも一つの手です。
インターネット環境さえあれば、どこにいても先生に質問することができます。

>>>【授業外いつでも質問できる!】オンライン家庭教師各社のサポートサービスを徹底解説

特に受験直前期には『時間を効率的に使う』という意味でも、『体調管理』という意味でも断然おすすめできます。

オンライン家庭教師はリアルな塾に比べて料金が比較的安く、週1回で受講できる学校もあります。

無料体験授業を受講できますので、一度受講していつでも利用できるようにしておくことをおすすめします。

その上、世の中がこの状況です。
無料なので試しておいて損はありません。

オンライン家庭教師の詳細はこちらの記事で紹介しています。

オンライン家庭教師おすすめリスト

ここまで読んでくださった方限定で特別な情報をお伝えします。
以下の3社が当サイトから申し込みが多く、評判も良い、ランキングトップ3のオンライン家庭教師サービスです。
ネッティ無料体験授業、メガスタとWam無料資料請求ができますので申し込みができるうちにご利用ください。
無料体験・資料請求後、過剰な勧誘をするような会社ではありませんのでご安心ください。
コスパの良さ・利便性に納得していただけると思います。
(とりあえず、おすすめはメガスタ・Wam無料資料請求ですね。なに一つ損もリスクもありません。『いきなり授業は敷居が高い・・・』という場合、まず資料請求してみてください)

新聞は比較的安価ですし、オンライン家庭教師に関しては無料体験ですので、この2つは、やっておいて損がないので早めに取り組んでおいてはいかがでしょうか。

公立中高一貫校受検は1チャンスです。
1校しか受検できません。

悔いの残らない受検となるよう、しっかり受検戦略を練って進めていきたいですね。

都立中高一貫校紹介ページ

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-東京
-