東京

【九段中等教育学校を徹底解説】評判・偏差値・受検スケジュール・大学合格実績・合格に強い塾

とうさん
公立中高一貫校を受検しようと思っているんだけど、『千代田区立九段中等教育学校』ってどんな学校?

千代田区立九段中等教育学校は2006年(平成18年)に開校された区立の中高一貫教育校です。
正式名称は『千代田区立九段中等教育学校』です。

名前のとおり『都立』ではなく『区立』の中高一貫校になります。
東京都としては初の区立中高一貫校です。

とうさん
ホントだね。九段だけは区立なんだ

そうなんですよ。
他の都道府県で『市立』の学校はよく見かけるんですが、意外にも東京には『区立』『市立』の中高一貫校は九段中等しかありません。

とうさん
たしかに。他の県は『市立』の学校があるものね

そうですよね。
区立なので千代田区在住の方が優先されますので、そこが他の都立中高一貫校と違います。
ご注意ください。

ちなみに立地に関しては、最寄り駅でいうと、

  • 「九段下」駅(東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線)
  • 「飯田橋」駅(JR総武線、東京メトロ東西線・有楽町線・南北線、都営大江戸線)

のいずれかになります。

九段中等教育学校の教育目標は、

  • 豊かな心 知の創造

です。
体験による学びを重視しており、「九段自立プラン」というキャリア教育プランを学年ごとに設定しているのも特色です。

この記事では千代田区立九段中等教育学校の基本情報・受検スケジュール・大学進学実績など数字的なことまで詳しく解説していきます。

この記事で分かること

千代田区立九段中等教育学校の

  1. 基本情報
  2. 大学合格実績
  3. 受検スケジュール
  4. 九段中等教育学校への合格実績のいい塾

この記事の信頼性

Ryosuke

✓教育ブログ歴6年。月々80,000PV。
6年間様々な受験情報・教育情報・学習サービスをみてきた筆者が経験をもとに解説していきます。

千代田区立九段中等教育学校の評判。どんな学校?詳しく解説します。

千代田区立九段中等教育学校の基本的な情報を解説していきます。

 

とうさん
なるほど。 中等教育学校ってのは、高校からの募集がないんだね。

そうです。
『○○高校付属中学』のような『併設型』の場合は、高校の募集がありえるんですが、中等教育学校は高校募集がなく6年間同じメンバーで過ごすことになります。

とうさん
それはアットホームな雰囲気になるね

そうですね。
中高一貫校の場合は、その生徒間の距離も魅力ですし、私立の場合は先生も異動がなく先生と生徒の距離感もより身近になります。
公立中高一貫の場合は、公立なので先生の異動はあります。残念ですが。

とうさん
なるほど。なるほど。

また、公立中高一貫校は、公立ですので中学3年間の学費は無償です。
もちろん、学費以外の制服代・教材費などなどは必要ですのでご注意ください。

千代田区立九段中等教育学校の一番の特色として、前述のとおり

  • 『体験を重視した授業』

が挙げられます。

本物を見たり、触って感じたりすることで、知識に厚みや深みを加えて確かなものにしていくというものですね。

また、

  • 英語や数学の授業を20人までの少人数にして、学習指導が行き届くようにしています。
  • 英語検定、GTEC、TOEIC を年に数回受検する機会を設けていて、在学中に全ての生徒が目標の級に合格するように指導している

ことも大きな特色です。

とうさん
これなら半強制的に資格が取れるって事だからイイね

たしかに、そうとも言えますね。
また、1時間目の前や放課後に『おはようスタディー』『放課後スタディー』と言われる時間外学習の時間があり、

  • 『おはようスタディー』では海外からの留学生によるイングリッシュシャワーや朝読書、朝学習といった活動を
  • 『放課後スタディー』では近くの大学の学生アシスタントによる補習や、大学受験のための課外授業、参加自由の勉強会などを行なっており

生徒が自主的に学べるよう工夫されています。

さらに、

  • 主体的に行動し、未来を考える力を養うことも理念

としており、普段の学習とは別に

  • 『九段自立プラン』として、企業や大使館の訪問、職場体験などを行なっており、自主性や主体性を養うとともに、社会で必要な力を身につけることができる

ように工夫されています。

とうさん
へ~、かなり様々な取り組みをやってるんだね

もう一つの教育方針として『学ぶ』『生きる』『鍛える』をモットーにしています。

  • 「体験を重視し、本物から学ぶ、本校ならでは、本校だからこそ」
  • 「社会に出て活躍するための力を身に付ける」
  • 「心身を鍛え、人を思いやる豊かな心へ」

をキーワードに「確かな学力の向上」「キャリア教育の充実」「豊かな人間性の育成」を目指した教育課程の編成や体験教育の重視、学校行事や部活動の充実を心がけています。

■スポンサーリンク■


千代田区立九段中等教育学校2021年偏差値・受検スケジュール

では、次に千代田区立九段中等教育学校の偏差値・受検スケジュールを見ていきましょう。
2020年と2021年のデータになります。

チェック!確認したい年のタブをクリックしてください。

とうさん
2021年の倍率は3.64倍だね

そうですね。
都内の公立中高一貫校の中では低めの倍率になります。
九段にかんしては、都立ではなく区立なので他の学校と比較できないかもしれませんね。

それと偏差値。
都立中高一貫校の偏差値は大学進学実績に比例して微妙に上がり下がりがあります。
この57というのは、直近の日能研R4偏差値を目安にしています。
四谷大塚・SAPIXなど各塾で偏差値を出していますが、当ブログでは日能研のR4偏差値を基準にしていることが多いです。

スケジュールに関しては、東京都の公立中高一貫校は同日実施になっていて日時も毎年同じような日時です。

受検日・合格発表日

■受検日■
2月3日

■合格発表日■
2月9日

とうさん
大学の合格実績はどう?

では、次に大学合格実績を確認していきましょう。

スポンサーリンク

千代田区立九段中等教育学校2021年大学合格実績

では、次にの九段中等教育学校の2021年まで過去4年間の主要国立大、早慶上理GMARCHの合格実績をみていきましょう。

まずは主要国立大学の合格実績になります。(現役の数字です)

続いて、早慶上理GMARCHの実績です。

 

とうさん
2021年は卒業生の15.9%が国立合格。早慶上理の合格率が卒業人数にたいして53.0%。早慶上理GMARCHは133.8%。2021年は前年から下がった感じだね

2020年の九段の実績はスゴかったです。
なので、2021年が若干下がるのは仕方ないかもしれません。
東大合格数が3。
主要国立に関しては、卒業生の15.9%が合格しています。
早慶上理GMARCHに関してもトータルで202の合格数を獲得していますから、1/3で考えても67です。
卒業生が151名ですから、67ってことは44.3%。

あくまで予想ですが、卒業生のうち約44%が国立 or 早慶上理GMARCH以上の大学に進学するのではないかと想定できます。

2021年は東大合格者3名で、前年キープ。
主要国立は、27.5%⇒15.9%と減少。
早慶上理GMARCHにかんしても、148.6%⇒133.8%とこちらも減少しています。

とはいえ、前述のとおり一昨年が良かったので、この実績も悪くはないですね。

とうさん
うん。そうだね。公立で学費が安いうえに、中高一貫で高校受験無。その上、この進学実績となると、なおさら入学させたくなる・・・

そうですよね。
では、九段中等教育学校への合格実績の良い塾はどこでしょうか?
ちょっと調べてみましょうか。

千代田区立九段中等教育学校、合格に強い塾はどこ?

では、次に区立九段の合格実績の良い塾は、どこでしょうか?
大手塾2019年~2021年の合格実績を見てみましょう。

 

とうさん
九段中等教育学校に関しては、ena=66でトップ。栄光ゼミナール=21で2番手だね。

そうですね。
区立九段は2021年の入学者数が160名ですからenaと四谷大塚で87名と54%を占めています。

この表を見てもらえばわかるとおり、今の所、公立中高一貫校受検に関しては、enaが圧倒的な合格実績を誇ることが分かりますね。

最後に

今回は東京都公立中高一貫校、千代田区立九段中等教育学校に関して詳しく解説してみました。

とうさん
どんな学校なのか。受検スケジュール、大学合格実績、塾に関して、よくわかったよ。

前述のとおり、九段中等教育学校の2021年実績は、一昨年に比べて若干落とす形になりました。
こうした数字は倍率に直結することが多いです。

とはいえ、昨今の公立中高一貫校人気の状況を踏まえると倍率が下がるとは考えにくいですね。
前回は倍率3.64倍と4人に1人しか合格できなかったわけですが、さらに気を引き締めて臨む必要があります。
目標とすべき価値のある学校です。

公立中高一貫校受検のテストである『適性検査』も、対策の練りにくい、かなり特殊なテストではありますが、しっかり戦略を練って臨めば十分対応できるはずです。

公立中高一貫校の適性検査には作文問題が出題される事が多いです。
作文は、自分の意見を理路整然と論理的に表現する力が必要になります。

この力は一朝一夕では身につきません。
作文力アップのためには、まず文章に触れ読むことが必要です。

ご家庭で手軽にできる対策として、僕は「子供新聞」の購読をおススメしています。
作文力アップだけではなく、新聞を読むことで、普段、興味のない社会情勢に触れる機会を持つ事も出来ます。

つまり、中学受験に必ず出題される時事問題対策にもなるという事です。
子供新聞に関しては、以下の記事で詳しくまとめていますので、ご興味のある方はどうぞ一読ください。

子供新聞を3社徹底比較。中学受験にこども新聞は必読ですよ

続きを見る

そしてもう一つ、受験(受検)に大切なのは『時間の使い方』です。

時間は巻き戻せません。
ライバルに差をつけるために、特に最後の1年間は『時間を効率的』に使った方がいいです。

これは経験者の体験談としてです。

残り少ない時間を有効に使うために、不明点があったらすぐ聞ける環境を整えておくことは非常に大切です。
またライバルに差をつけるという意味でも、塾プラスアルファですぐ質問できる環境があるのはおすすめできます。

そこで利用したいのが『オンライン家庭教師』です。

ママ友・パパ友はライバルなので何も言いませんが、実は、伝統校・人気校に合格しているご家庭は5年・6年時『塾+家庭教師 or オンライン家庭教師』で対策をしているケースが非常に多いです。

オンライン家庭教師はリアルな塾に比べて料金が比較的安く、週1回で受講できる学校もあります。

無料体験授業を受講できますので、一度受講していつでも利用できるようにしておくことをおすすめします。

その上、世の中がこの状況なので、無料なので試しておいて損はありません。

オンライン家庭教師の詳細はこちらの記事で紹介しています。

オンライン家庭教師おすすめ5社を比較。調べて分かった驚きの料金、メリット、デメリットのサムネイル画像
オンライン家庭教師おすすめ5社を比較。調べて分かった驚きの料金、メリット、デメリット

続きを見る

オンライン家庭教師おすすめリスト

ここまで読んでくださった方限定で特別な情報をお伝えします。
以下の3社が当サイトから申し込みが多く、評判も良い、ランキングトップ3のオンライン家庭教師サービスです。
3社とも今なら無料で体験授業を受けられますので、申し込みができるうちにご利用ください。
コスパの良さ・利便性に納得していただけると思います。
(Wamは無料で資料請求ができます。『いきなり授業は・・・』という場合、まず資料請求してみてください)

新聞は比較的安価ですし、オンライン家庭教師に関しては無料体験ですので、この2つは、やっておいて損がないので早めに取り組んでおいてはいかがでしょうか。

公立中高一貫校受検は1チャンスです。
1校しか受検できません。

悔いの残らない受検となるよう、しっかり受検戦略を練って進めていきたいですね。

都立中高一貫校紹介ページ

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-東京
-

© 2021 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ