大学受験

河合塾全統記述模試の結果(長男高3 第2回)

注意ポイント

この記事は備忘録的に我が家の長男の模試結果を記録しています。
お役に立てる記事ではありませんが、同じような状況のあなたには親近感を持って読んでいただけるかもしれません。

2020年9月に長男が受けた河合塾全統記述テスト高3・第2回模試の結果が返ってきました。

関連

河合塾全統記述テスト前回の結果は、以下の記事です。

あれよあれよと言う間に今年も冬になってしまいました。
高3長男の受験勉強も佳境に入ってきました。

この記事は、長男の成績の推移を見るためのメモです。
特に役に立ちません。

もしも、同じ年齢のお子さんをお持ちで『他の家の子供の成績がどんなもんなのか?』興味があれば参考になさってください。

おすすめ

『坪田塾』は『ビリギャル』の著者、坪田信貴さんが塾長を務める中学~高校、高卒生向けの個別指導塾です。 坪田塾の魅力はビリギャルでも証明された坪田さんの学習ノウハウと、価格の安さにあります。 塾選びに悩んでいるなら、一度検討してみてはいかがでしょうか? >>>■坪田塾公式サイトへ■

\無料説明会の申し込みはこちら/

>>>■坪田塾公式サイトへ■

河合塾全統記述テスト高3第2回の結果

ちなみに前回の結果(第1回河合全統記述)は、以下のとおり。

英語にフルベットしたおかげでイイ感じに上がっていますね。

あとは、このままキープしてくれればイイのですが。

前回までは、英語の悪さを国語・日本史によってカバーする感じの、ちょっと『偏った』結果だったんですが今回は万遍なく取れていて『とても良いんじゃないか』と思います。
親の贔屓目もあるかもしれませんが。

志望校別の判定は、以下のとおり。

こんな感じ・・・

早稲田は無理そうですね・・・。

別記事でも書きましたが、我が家の場合、国立は志望していません。
期待していません。

過度に期待を持つことは、公立中高一貫校受検の時に止めました。

しかし、早稲田の壁は高いですね。

あとは長男を信じるのみ。

おすすめ!

大手予備校利用を考えているあなた。

河合塾の入塾料を免除にするお得な方法があります。

河合塾が運営している映像授業サービス『河合塾One』を利用すれば、今なら河合塾入塾金が免除になります。

河合塾Oneは、いわゆるスマホ・タブレットを使って隙間時間に勉強ができるツールです。(スタディサプリのような感じです)

河合塾One自体も、ほとんどの科目を月額4,000円程度で学習し放題のメチャメチャコスパの良いサービスなのですが、コレを利用するだけで入塾料が無料になるわけです。

正直、入塾金もバカになりません。
大学受験科(既卒生)の場合、入塾金だけで100,000円ですからね。

『河合塾Oneを利用していれば免除になる』わけですから、河合塾への入塾を考えている場合、先に河合塾Oneを利用しておいて、そのあと河合塾に入塾すれば入塾金分を無料で利用できることになりますし、入塾金免除を目的として利用しても十分元が取れます。(2022年4月現在)

申し込まない理由がないって感じですね。

河合塾Oneは無料体験を7日間利用できます。

いきなり本利用するのは不安だと思いますので、まずは無料体験を申し込んでみてください。

無料体験は公式サイトから。

\無料体験申し込みはこちら/

河合塾one公式サイトへ

最後に

偏差値65.5ということで、前回から0.6ポイントほど落とす結果でした。
ただし、個人的には前回より良い結果だったんじゃないかと思います。

相変わらず、予備校に行く気は無いようですね・・・。
なんなんでしょうね。この頑固さは。

集団塾に行くのがイヤなら、せめて自宅でオンライン塾(オンライン家庭教師)だけでも受講してくれればいいんですが・・・。

オンライン家庭教師おすすめ5社を比較。調べて分かった驚きの料金、メリット、デメリットのサムネイル画像
オンライン家庭教師おすすめ5社を比較。調べて分かった驚きの料金、メリット、デメリット

続きを見る

ウチの長男の場合、集団塾よりも合っていると思うんですが親の言うことは、全く聞いてくれません。

性格にもよりますが『周りを気にせずマイペースに1人でコツコツやるタイプ』にはオンライン家庭教師は高い効果が期待できます。

少ない時間でもマンツーマンで先生にガッチリ教えてもらう方が良いという性格の子は、結構多いです。
また、今の時期、しばらくの間は集団で集まる事は、あまり推奨できませんので、オンラインで受講できるというのは大きなメリットだと思います。

泣いても笑っても、あと3か月です。
親は見守るしかないですね・・・

やはり中学受験との違いを感じます。
『親の関わり方』が全然違いますね。

高校受験は経験していないので分からないんですが、大学受験は『本人の受験』ですね。当たり前ですが。
中学受験のように親が介入する余地は全くないといえます。

コントロールが効くという意味では、中学受験はやはり『親の受験』だとしみじみ思いますね。

そして、大学受験時、親がやるべきことは、この3つです。

ココがポイント

  1. 子供を信じて見守る
  2. 安心して勉強できる環境を作る
  3. 学費をしっかり用意する

特に3つ目は、しっかり把握しておく必要があります。

親の心得

  1. もし冬期講習・直前講習を受けるとなれば20~30万を用意
  2. 大学受験の受験代は1回=3万~3.5万かかる。5回受ければ20万弱かかるので、しっかり覚えておく
  3. 私立大学入学~卒業までで約500万くらいの学費がかかるので肝に銘じる

教育費に関しては、以下の記事がおすすめです。

関連記事

さて、どうなるか不安しかないですが見守っていきましょう。

おすすめ

『駿台』といえば、いわずもがな難関国公立大に数多くの合格者を出す大手集団塾です。

しかし、実は今『私大・中堅大』合格のサポートにもさらに力を入れていることをご存じでしょうか?

駿台としては『難関大向け』だけでなく『私大・中堅大』合格を志望している生徒をサポートしていきたいと考えています。

サポートの手厚さは皆さんご存じの通り、彼らは『やるといったらやります』

『敷居が高い』と思わず、是非、日本最高峰の指導環境で努力してみませんか?

まずは、説明会を受けてみてください

>>>■駿台の説明会申込はコチラ■

\無料説明会の申し込みはこちら/

>>>■駿台の公式サイトへ■

-大学受験
-