体験談!中学受験の塾費用と入学後の学費、ホントのところ

スポンサーリンク

お子さんに中学受験をさせようと決めた時、まず不安になるのが費用の事ですよね。

「中学受験って実際どのくらい費用が掛かるんだろう?」

「やると決めたはいいけど、費用を払いきれるかしら?」

「合格までの塾費用は払いきれたとして、実際私立中学に入学した後、学費を払い続けられるだろうか?」

そうですよね。
「中学受験=とにかくお金が掛かる」というイメージがありますものね。
実際、そのイメージは間違っていません。
非常にお金がかかります。

でも、実際どのくらいかかるのでしょうか?

この文を読んでいただければ、

「やっぱり結構かかるわ」

「もっと高額かと思ったけど、これならなんとかなるかも」

と少しはあなたの不安な気持ちが収まると思いますよ。

3年間で約200万~250万が必要

我が家の実績を書きます。

この金額のほとんどが塾代です。

年間授業料、模試・テスト代、夏期講習代、冬期講習代、特別講習代などを全て含んでいます。
我が家は3年生から通っていますが大抵4年生からの塾費用を目安にすることが多いので4~6年の3年間で計算しています。

塾には通わず自宅学習のみのご家庭もありますが、ほとんどの場合は塾に通います。
また塾によってもだいぶ金額が変わってきますし受験(受検)方式によっても変わってきます。

我が家の場合は、栄光ゼミナールの公立中高一貫コースに通っていました。
公立中高一貫コースの場合、私立の4科受験の塾代よりも少し安いです。
ですから、私立受験する場合は、250万くらいは考えておいた方がよいと思います。

この金額とは別に弁当代やら電車代などがかかります。

入学後の学費はどのくらいかかるの?

忘れちゃいけないのが「入学後、学費がいくらかかるのか?」です。

中学受験は受験して合格したら終わりじゃありませんからね。
合格してからが本番です。
私立中学は普通、中高一貫なので6年間パンクせずに通わせなければいけません。
お住まいの地域によっても違いますが、高校生になると助成金がもらえる事もあります。
6年間は長いので、ひとまずは中学3年間通わせることができるかをしっかり確認しましょう。

以下、我が家の実績です。

3年間で2,650,000くらいの学費がかかりました。

ちなみに中学1年生が高額になっていますが、
内訳は以下の通りです。

そして、問題はプラスαの部分です。
ココがポイントです。

この金額に加えて、修学旅行代、通学のための電車賃、弁当代、部活に関わる費用が掛かります。それがプラスαです。

(以下は3年間の総額で考えてみました)

計算してみるとプラスαの総額がなんと¥1,630,000!!

3年間の学費と全て合わせたら¥4,280,000!!
3年間で¥430万弱!

私も文章を書きながら驚きました。
結構ヒクくらい使ってますね….。

スポンサーリンク



最後に

私も自分で書きながら
「そうか。学費で家計が圧迫されるわけだ」
と納得してしまいました。

この文を読んでいるあなたもそうだと思うのですが、3年間の見積もりを学費情報サイトの総額で立てていると思います。

大抵、学費情報サイトには

「6年間で学費600万くらい」

と書いてあります。

中学だけとしても単純に1/2にして300万
この数字は決して間違いではありません。
たしかに上記のとおり学費だけみれば大体300万くらいです。

しかし、「それだけではない」という事をしっかり覚えておいた方がよいです。
それ以外の費用で3年間¥100万~200万は掛かると思っておいてください。
ということは6年間で考えたら¥300~400万くらいはプラスαがあると覚悟が必要です。
これが机上の計算と実際の費用の違いということですね。はい。

脅かすわけではありませんが、6年間はとても長いです。
「学費が払えないから転校」という事態は我が子の同級生でも無かったわけではありません。
現実的にあることです。
しかし、できることなら避けたいですよね。

親として受験をさせる前に、じっくり考えておきたいですね。