国立大学、私立大学の学費差って?

こんにちは。
亮介です。

来年度から長男が高校に上がるということで、やはり親としては大学をどうするのかってのが気になるところです。
もちろん、どこの学校に進学するかというのは、もっとも心配な所ですが、それと同じくらい不安なのが学費です。

 

国立を目指す意味

 

どこの進学校も毎年躍起になるのが「国立大学の合格人数」です。
これは不変ですね。
超進学校は東大、京大。関東では東工大、一橋、横浜国大、横浜市立、筑波などなど。進学校と呼ばれる高校はどの学校も、国立大学への合格実績を伸ばすことが、その学校の通知表と言わんばかりに必死です。
その合格実績欲しさに地方の国立大まで受けさせる有り様です。はい。

まぁ、たしかにその気持ちは痛いほどわかります。
それだけ国立大学に合格することは難しいということでしょうね。

親からしても国立はありがたい。なんで。そりゃ、そうです。学費が安いですもの。
じゃ、具体的にどのくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク



 

国立大学の学費って安い?

 

数字等、こちらの記事を引用されていただきます。
ちょっと古い記事ですが大幅には変更されていないでしょうから。

(引用元:ベネッセ教育情報サイト(http://benesse.jp/))

 

えっ!?国立大の授業料って54万弱もするの!?
入学金と合わせたら82万弱。

あくまで感覚的なことですが僕が勝手に思い込んでいた金額より断然高い。

私立文系の平均が100万+αとしたら、価格差は30万くらい…..。
いや、安いですよ。私立よりも。30万近くも。

でも、僕が国立大を目指して勉強していた学生時代に思っていた金額より全然高い。
当時、親に負担をかけまいと必死で国立を目指していました。
ただし学費のことは、しっかり確認していなかった。
勝手に20~30万くらいだと思っていました。国立なんで。正直な話。
私立は100万と思っていましたから断然国立の方が安いと。

でも、フタを開けてみたらそこまで安くない。
これであれば国立受験のために余計に講義を取っていた塾代の方が高いんじゃないか?って思ってしまいます。
もちろん30万も差があるし、国立大学に進学する目的は人それぞれ違うと思うので一概には言えませんが、僕だったら、国立用に科目を増やして勉強する時間を早慶GMARCHを目指すために使いたいなぁ、なんて思ってしまいます。

皆様いかがでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください