記事No.1~50まで 長男

中学受験(受検)に関わるお金の話

スポンサーリンク

私もそうでしたが中学受験(受検)に関して全く知識がない方は「中学受験=とにかく金が掛かる」というイメージがあるのではないでしょうか?

実際のところ、そのイメージは間違っていません。

やはり受験には、かなりお金が掛かります。

そして私立に入学してからも、公立に比べてとてもお金が掛かります。

どの学校に行きたいという目標はもちろん必要ですが、その前に「入るまで」「入ってから」最後までパンクせずにキチンと学費が支払っていけるか、確認しておきましょう。

かあさん
かあさん
それを踏まえてから中学受験をするかどうか決めないと大変なことになるわね。

その通りです。

では、実際のどのくらいお金が必要なのでしょうか?

中学受験までの費用と入学してからの費用。どの程度お金が必要なの?

まず必要となる費用は受験対策のための塾費用だと思います。

もちろん塾には通わず自宅学習のみのご家庭もありますが、大抵のご家庭は塾に通われるのではないでしょうか。

また塾によってもだいぶ金額が変わってきますし、追って記事にしていきますが受験(受検)方式によっても変わってきます。

とりあえず、我が家の実績をお話しします。

ザックリ!と塾費用はこんな感じになります。

これが塾代です。
我が家の場合、3年生から進学塾に通っていますが、4年生から試算する事が多いので4~6年の3年間にしました。

夏期、冬季、春季講習、その他特別講義、テスト費用なども含んでいます。
これとは別途で電車代やら弁当代やらが掛かっています。

次に入学年1年生の時の費用です。

うちの子供の通う学校の場合、以下のとおりです。

 

 

次に2年、3年次の費用もあわせてまとめます。

 

 

さらに、上記費用プラス定期代と日々の昼ご飯代などが別途必要になってきます。

それを三年間総額でまとめてみます。

 

 

中学受験をするのであれば、このくらい費用が必要なことはあらかじめ覚悟しておかなくてはなりません。

この金額は実際の金額です。
どこかのプランナーの方が試算した金額ではなく、

 

「実際に今経験している人間の生の声」です。

最低限、このくらいは必要と思っていただいた方がいいです。

「じゃ、ウチは中学受験は無理だわ」というご家庭もあると思います。

そりゃそうです。

ウチも乗りかかった船でこういう状況になっていますが、教育費にこんなにお金を掛けるつもりは全然ありませんでしたから。

とうさん
とうさん
やっぱりそれなりの収入がないと中学受験なんてできないって事だね。

そんな事はないです。

私立ではなく公立の中学校を受検すればいいんです。

とうさん
とうさん
えっ!?なにそれ?

中学受験(受検)には私立と公立があるのはご存知でしょうか?

その辺、次の記事でお話ししたいと思います。

created by Rinker
¥1,628 (2020/03/29 19:55:13時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

おすすめ

おすすめ

日々忙しく、お買い物にも行く時間のないあなたに。
食材の宅配サービスは絶対、あなたの助けになってくれるはずです。





おすすめ

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-記事No.1~50まで, 長男

Copyright© 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ , 2020 All Rights Reserved.