塾・学習

家庭教師(派遣型)おすすめ5社を徹底比較。受験するなら集団塾と併用もあり

家庭教師(派遣型)おすすめ5社を徹底比較。受験するなら集団塾と併用もありの画像

『中学受験のアレコレ』というサイト名ですが、この記事は小・中・高校生全学年に対応する家庭教師情報を網羅的に提供しておりますので、是非ご活用ください!

先に『おすすめ家庭教師を教えてほしい!』という方はコチラへ

別の記事で『塾選びをする際に、家庭教師も含めて検討してみてはどうか?』という記事を書きました。

塾選びを悩んでいる保護者の中で、最終的に「家庭教師」を利用される方が数多くいらっしゃいます。

とうさん

えっ!?そうなの?意外だね。僕の中では一番敷居が高いけど・・・

そうですね。
そう思われてる方多いみたいですね。
テレビドラマやアニメの影響で超お金持ちがお願いしてるイメージがあるからかもしれません。

とうさん

そうそう。スネ夫の家とかに来るイメージ。月謝がメチャメチャ高いイメージ

なるほど。
そのイメージはあるかもしれませんね。

でも、実際のところ、月謝はそれほど高額ではありません

『高額じゃない』はちょっと語弊があるかもしれません。
人によって違いますからね。

具体的にいうと、指導料が大体60分=3~5,000円くらいの所が多いです。

家庭教師の指導料は『1回の指導でいくら、それを月4回でいくら』という価格設定が多いので、来てもらう回数を多くすれば、比例して高額になっていくというのが正しいです。

例えば、上の例でいえば、5,000円 x 4回 = 20,000円(1ヶ月)ということになります。

そして会社によっては、これに『テキスト代+交通費+諸経費(家庭教師派遣会社によって言い方が変わりますが、管理費とかサポート費用などと呼ばれます)』などが加算される会社もありますね。

そうなると高い感じがしてきますが、その辺は会社の選び方次第でピンキリといえます。

とうさん

なるほど。利用方法で、ある程度、費用をコントロールできる感じなんだね

そういう事です。
集団塾の場合は、そうはいきませんのでそこが家庭教師の利用しやすい所ですね。

あと利用方法として多いのは、『集団塾との併用』です。

とうさん

えっ!?集団塾行って、さらに家庭教師も利用するの!?

そうです。
受験の最終局面で、併用しているご家庭は実はとても多いです。

とうさん

そうなんだ。知らなかったな・・・

詳しく話すと長くなるので、この記事の別項でお話ししますね。

この記事では『家庭教師』について『保護者の皆さんが気になるだろう事項』をピックアップしてできる限り詳しく解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • 家庭教師(派遣型)おすすめ5社を徹底比較
  • 家庭教師のメリット・デメリット、利用方法について
  • 家庭教師の料金について
  • 家庭教師の選び方

この記事の信頼性

Ryosuke

✓教育ブログ歴6年。月々80,000PV。 ✓6年間様々な受験情報・教育情報・学習サービスをみてきた筆者が経験をもとに解説していきます。 ✓stand.fmで音声配信してます。よろしければ是非。

家庭教師おすすめ5社を徹底比較

まずは、結論から。

現在、日本には数多くの家庭教師サービスセンターがあります。

1社ずつ調べるのは大変なので、先に当サイトがおすすめする家庭教師サービスを5社ご紹介します。

  • 『講師の質』
  • 『受講のしやすさ』
  • 『サポート体制』
  • 『料金』
  • 『評判』

以上のポイントを加味して厳選しました。

そのあとで『メリット・デメリット』『料金』『選び方』などを解説していきます。

いずれの会社も『無料体験授業』を受けられますので、まずはお試ししてみてはいかがでしょうか?

それでもどうしても迷ってしまうからオススメを教えて欲しい

というあなたには、当サイトとしては、

のどちらかをおすすめします。

理由は『全学年に対応』『価格と指導内容のバランスの良さ』ですね。

実際、直近1年間このサイトからのご紹介数が多いのもこの2社です。

2社の無料体験を受けてみて『お子さんと講師の相性の良さそう』な方を選んでみてはいかがでしょうか?

サービス比較表

まずは、今回紹介する5社のサービス比較表になります。

気になるポイントをご確認の上、家庭教師サービスの詳細をご覧ください。

会社名

授業時間(1コマ)30分90分60分30分30分
料金例1ヵ月(1回60分(2コマ分) x 4)=240分=11,000円1ヵ月(1回90分 x 4)=360分=18,800円~1ヵ月(1回60分 x 4)=240分=21,120円~1ヵ月(1回60分 x 4)=240分=16,200円~1ヵ月(1回60分 x 4)=240分=15,400円~
交通費状況に応じて(要確認)状況に応じて(定期券区間外のみ実費)状況に応じて(定期券区間外のみ実費)状況に応じて(定期券区間外のみ実費)状況に応じて(定期券区間外のみ実費)
入会金22,000円(HP見たで半額10,000円に)22,000円22,000円(入会金)22,000円+(預り金)16,000円(入会金)22,000円+(預り金)16,000円
学習サポート費-月3,300円-9,800円~7,000~
派遣エリア全国47都道府県首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、茨城) 愛知、三重、岐阜東京・神奈川・千葉・埼玉東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬・福島・長野・山梨・新潟東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
宮城県、福島県、山形県、岩手県、福岡県、山口県、佐賀県
指導対象小~高卒生小~高卒生小学生(中学受験専門)小~中学生小~中学生
指導内容個別指導個別指導個別指導個別指導個別指導
講師プロ~学生プロ~学生プロ学生講師がメイン学生講師~社会人講師
専用教材なし(状況に応じて用意してくれる。持っているもので対応可能)なし(状況に応じて用意してくれる。持っているもので対応可能)状況に応じて講師が指示なし(状況に応じて用意してくれる。持っているもので対応可能)なし(状況に応じて用意してくれる。持っているもので対応可能)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

家庭教師の銀河

家庭教師の銀河の画像

<公式サイトへ>

授業時間(1コマ)30分=1,375円
料金例1ヵ月(1回60分(2コマ分) x 4)=240分=11,000円
交通費状況に応じて(要確認)
入会金22,000円(HP見たで半額10,000円に)
学習サポート費-
派遣エリア全国47都道府県
指導対象小~高卒生
指導内容個別指導
講師プロ~学生
専用教材なし(状況に応じて用意してくれる。持っているもので対応可能)

家庭教師の銀河』は、

  • 勉強方法が分からない
  • 分からないことが分からない

という自分の勉強スタイルをまだ築けていない『これからの子』に寄り添った指導をしてくれる塾です。

まずは基礎的な学習習慣をつけたい』という子にはピッタリな塾ですね。

一般的な派遣型の家庭教師サービス』と『オンライン家庭教師サービス』の両方のコースが用意されていてご家庭の都合に合わせて選んでいただければ良いでしょう。
※この記事では、通常の派遣型の家庭教師コースについて解説していきます。オンライン指導を希望される方は>>>■こちらの記事をご確認ください■

ポイント

  1. 受講対象は小学生~高卒生
  2. サービス内容は『個別指導+コーチング』
  3. 料金は、月4回(4時間)で11,000円というコストパフォーマンス
  4. 全国47都道府県へ派遣可能
  5. 講師交代代・年会費は無料
  6. ホームページ見たで入会金が半額(20,000円⇒10,000円)

デメリットは?

  1. 派遣型なので交通費がかかることがある(基本的には定期圏内の講師が派遣されますが、交通費がかかる地域からの派遣もある)

講師へのインタビュー動画や利用している生徒へのインタビュー動画があるので、これを見ていただいたほうが雰囲気が掴めると思います。

銀河は、料金にかんして、とてもシンプルで分かりやすいです。

  • 全学年1コマ(30分)=1,375円
  • 月4回(4時間)で11,000円

月4回で11,000円は家庭教師の中でも、かなりコスパの良いサービスです。

家庭教師は、個別指導ですので最終的には『講師と生徒の相性』がなんといっても重要になります。

  • どんなに実績のある塾であろうが
  • 講師が良い大学を出ていようが
  • しっかりした社内講習を受けた講師でだろうが

生徒との相性が良く、生徒が心を許し信頼してくれる講師じゃないと成績は伸びません

これが正直なところです。

しかし、それは何度か授業を受けてみないと分からないんですよね。

そういう意味で、コスパの良い塾というのは『受講の壁が低く』気軽に受講できます。

『しばらく受講してみる ⇒ 相性をみる ⇒ 相性が良ければ継続・良くなければ別の講師 or 別の塾へ』

という流れがオススメです。

『家庭教師の銀河』は無料体験ができるので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか?

\無料体験はコチラ/

■家庭教師の銀河の無料体験へ■

家庭教師のノーバス

<公式サイトへ>

授業時間(1コマ)90分
料金例1ヵ月(1回90分 x 4)=360分=18,800円~
交通費状況に応じて(定期券区間外のみ実費)
入会金22,000円
学習サポート費 月3,300円
派遣エリア首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、茨城) 愛知、三重、岐阜
指導対象小~高卒生
指導内容個別指導
講師プロ~学生
専用教材なし(状況に応じて用意してくれる。持っているもので対応可能)

家庭教師のノーバスは、1983年から家庭教師サービスを行っている老舗です。

現時点(2021年11月)で首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、茨城)、愛知に支店があり、関東6県と愛知、三重、岐阜へのサービスが可能です。

とうさん
お~、結構、広範囲で対応可能なんだね

そうですね。

家庭教師サービスには『社員1人で運営し実際の指導は学生講師が行う』という会社もあります。

それに対して、ノーバスは各エリアに専門部署を設置し、生徒ひとりひとりに専属の担任社員がつき、教師の面接・研修、保護者との面談などを担当社員が行います。

担当が、保護者の希望や状況を把握してくれます。

  • 無料プリントの用意
  • 定期テストや受験問題の資料提供
  • 学校案内など情報提供
  • 進路相談、教育相談
  • 教師・指導内容に関するご要望

も対応してくれます。

講師は、学生講師・プロ講師など保護者と相談の上、決める感じですね。

老舗だけあって、その辺のノウハウは豊かですし、きめ細やかな対応をしてくれます。

料金もシンプルで分かりやすい設定になっています。

センター登録料(入会費の事です)20,000円(税込22,000円)
学習サポート費(テキスト代込)月々3,000円(税込3,300円)
交通費定期券区間外のみの実費

※交通費は事前連絡。近隣・沿線の家庭教師をご紹介してくれます。

【指導料】

指導料+学習サポート費+交通費が月々の授業料になります。
初回だけセンター登録料¥22,000がかかります。

とうさん
なるほど。中学受験生90分コースの場合、¥29,480+¥3,300=¥32,780と交通費が必要って事か。それと初回だけ¥22,000ね。¥32,780÷4=¥8,195。1回の授業が90分なので、60分に換算すると¥5,500くらいだね

そのとおりですね。
料金的には相場とおりって感じですね。

楽天リサーチのアンケートで2018年、料金・顧客満足度で1位。
家庭教師合格実績で1位を獲得したので、安心感、安定感は高いですね。

ノーバスも無料体験授業が受けられますので、まずは資料請求と共に相談してみてください。

\無料体験はコチラ/

>>■家庭教師のノーバス公式サイトへ■

家庭教師ドクター


<公式サイトへ>

授業時間(1コマ)60分
料金例1ヵ月(1回60分 x 4)=240分=21,120円~
交通費状況に応じて(定期券区間外のみ実費)
入会金22,000円
学習サポート費 -
派遣エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
指導対象小学生(中学受験専門)
指導内容個別指導
講師プロ
専用教材状況に応じて講師が指示
とうさん
堅い感じで実績がありそう

そうですね。
ドクターは、都内近郊に11校の教室を構える中学受験専門の個別指導塾です。(2021年11月現在)
『家庭教師ドクター』は個別指導塾ドクターの家庭教師サービスですね。

個別指導塾としてしっかりした実績があります。(公式サイト参照ください。)
家庭教師サービスの方も、個別指導塾としての指導ノウハウを生かしています。

ドクターの特長は、

  • 中学受験特化という強み
  • プロ講師による指導

公式サイトの雰囲気でも分かる通り、ドクターは『プロ講師』による『中学受験特化』の家庭教師サービスです。

他の集団塾、有名塾で教鞭をとってきた講師をヘッドハンテティングしてきたりとかなり『本気』の家庭教師です。

実績も公式サイトを見ていただければお分かりいただけるとおり男女ともに御三家への合格も多数です。

とうさん

たしかに実績もあるし、信頼できるね

授業料も明朗です。

とうさん
わかりやすいね。

そうですね。
毎月の授業料+交通費(実費)でかかります。

とうさん
コース分けされてるんだね。

そうです。
ご家庭の要望に合わせて、お好みで選択できるのが良いですね。

相場よりは、若干高めですが『本気で』学習を取り組むのであれば、その希望にはしっかり応えてくれる家庭教師サービスです。

授業が無料体験できるので、まずは無料でお試ししてから決めると良いと思います。

\無料体験はコチラ/

>>■家庭教師ドクター公式サイトへ■

家庭教師のガンバ

<公式サイトへ>

授業時間(1コマ)30分
料金例1ヵ月(1回60分 x 4)=240分=16,200円~
交通費状況に応じて(定期券区間外のみ実費)
入会金(入会金)22,000円+(預り金)16,000円
学習サポート費 9,800円~
派遣エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬・
福島・長野・山梨・新潟
指導対象小~中学生
指導内容個別指導
講師学生講師がメイン
専用教材なし(状況に応じて用意してくれる。持っているもので対応可能)
とうさん
ココは親近感があって、寄り添ってくれそうな雰囲気だね

家庭教師のガンバも家庭教師業界では中堅どころの会社ですね。

サイトの雰囲気をみてもらえれば一目瞭然ですが、非常にアットホームな感じで、「学校の勉強のサポート」「中学受験、高校~大学受験」「不登校児童のサポート」まで手厚く指導しています。

とうさん
グシャグシャっとしてるけど、利用者の心配な部分をしっかり答えてくれてる感じのホームページだね。

サイトを見ると、Q&Aの項目が非常に多いんですよね。

ホームページでこれだけ利用者側に立って作ってくれてるので、指導にも期待ができますね。

料金は、これまた非常に良心的な設定になっていて、非常に安いです。

シンプルにまとめます。

入会金(1家庭につき)¥20,000(税込¥22,000)
預り金(保証金、滞納がなければ退会時全額返金)¥16,000

これが入会時に必要な費用です。

次に月々の授業料です。

プランが2つあって、どちらを選択したとしても

授業料 = 指導料 + 教材費 or 管理費 + 交通費(実費)

なので、交通費は別として指導料+アルファが必要になります。

プラン2はシンプルで分かりやすい料金体系になっています。

指導料小・中=¥1,000(30分)
高=¥1,125(30分)
管理・サポート費小・中=¥9,800(月々)
高=¥13,400(月々)
交通費実費

プラン1の教材費は1冊あたりの金額なので正確に月々に換算するのは難しいですが、プラン2の金額とさほど変わりません。

とうさん
ということは、中学受験のためにプラン2で1回60分の授業を月4回受けたとしたら、¥1,000 x 2(60分) x 4(回)=¥8,000+¥9,800(管理費)=¥17,800ってことか。それを÷4すれば1回=¥4,450。うん。とても良心的だね

そうですね。
プランが分かりにくい所がありますが、相談すれば、その子に合ったプランを考えてくれるし、ある程度予算に合わせたプランを組めそうですね。

注意したいのは、派遣地域です。

  • 東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬
  • 福島・長野・山梨・新潟

が派遣地域になりますのでご注意ください。

ガンバも、無料体験授業が受けられるので、まずはそれを受けてから入会を考えましょう。

\無料体験はコチラ/

>>■家庭教師のがんば公式サイトへ■

家庭教師のあすなろ

>>>■公式サイトへ■

授業時間(1コマ)30分
料金例1ヵ月(1回60分 x 4)=240分=15,400円~
交通費状況に応じて(定期券区間外のみ実費)
入会金(入会金)22,000円+(預り金)16,000円
学習サポート費7,000~
派遣エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
宮城県、福島県、山形県、岩手県
福岡県、山口県、佐賀県
指導対象小~中学生
指導内容個別指導
講師学生講師~社会人講師
専用教材なし(状況に応じて用意してくれる。持っているもので対応可能)

『家庭教師のあすなろ』も創業25年以上の老舗の家庭教師サービスです。

グループ会社を4社構え、派遣エリアも

  • 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
  • 宮城県、福島県、山形県、岩手県
  • 福岡県、山口県、佐賀県

と広範囲で、講師数約20万人弱を擁する家庭教師グループです。

なんやかんや言っても、『受験』は、お子さんの将来を左右しますから大手に任せた方が安心という気持ちはよくわかります。

指導学年も小中高と幅広いですので、学年が上がっても、そのままお任せすることができます。

とうさん

たしかに。せっかく相性の良い先生に巡りあえたり、家庭教師サービスが信頼できていたとしても、学年があがったら指導してもらえないってことになったら大変だもんね

そうなんですよね。

長い目で見た場合は『高校生まで指導してくれるか』を確認して決めた方がいいですね。

講師は、国公立大・難関私立大の学生や卒業生、元教員・塾講師など指導経験のある社会人が、前述のとおり登録数20万人弱在籍しています。

とうさん

コレだけいれば、相性のイイ講師にも巡り合えそうだね。

料金も分かりやすいですよ。

以下が入会時に必要な費用です。

入会金(1家庭につき)¥20,000(税込¥22,000)
預り金(保証金、滞納がなければ退会時全額返金)¥16,000

次に月々の授業料です。

『関東エリア』と『北関東・東北・新潟・九州エリア』で料金が若干異なります。(ほんの少しです)

関東エリア

指導料小・中=¥1,000(30分)
高=¥1,125(30分)
管理・サポート費小・中=¥7~8,000程度(月々)
高=¥13,400~15,000程度(月々)
交通費実費(片道250円程度
(通学定期の範囲内であれば必要なし)

北関東・東北・新潟・九州エリア

指導料小・中=¥900(30分)
高=¥1,000(30分)
管理・サポート費小・中=¥7~8,000程度(月々)
高=¥13,400~15,000程度(月々)
交通費実費(片道250円程度
(通学定期の範囲内であれば必要なし)
とうさん
ということは、関東エリアの小学生の場合1回60分の授業を月4回受けたとしたら、¥1,000 x 2(60分) x 4(回)=¥8,000+¥7~8,000(管理費)+(教材費)=¥15,400~22,800くらいか。それを÷4すれば1回(60分)=¥5,700。うん。とても良心的だね

そうですね。
公式サイトでも月々14,000~25,000くらいで利用する方が多い言っていますね。

とても利用しやすい料金設定ですね。

この料金設定であれば、始めるのも、止めるのも良い意味で気軽に判断できる所が良いです。

あすなろも 無料体験授業が受けられるので、まずはそれを受けてから入会を考えましょう。

\無料体験はコチラ/

>>■家庭教師のあすなろ公式サイトへ■

家庭教師のメリット・デメリット。利用方法について

では、次に家庭教師のメリット・デメリット、利用方法についてです。

まずはメリット・デメリットをザクっとお伝えしておきます。

以下の表をご確認ください。

メリット
デメリット
  • マンツーマン授業が受けられる。
  • 通塾時間を省ける。(送迎の手間が省ける)
  • 自宅に来てくれるので子供の体力面への負担が少ない
  • 利用者の状況にあわせて利用できる(1ヶ月何回)
  • 個別指導塾より安いので『集団塾と併用』しやすい
  • 自宅に人を招くので気を遣う(お茶出し。掃除など)
  • 交通費などプラスアルファの経費
とうさん

そうそう。『集団塾との併用』ってのが気になるね

では、順番に解説していきます。

この解説には若干、僕の考えも入っているので鵜呑みにしないようご注意ください。

家庭教師を話す前に塾について少し触れます。

まず、塾には大きく分けて『集団塾と個別指導塾』があります。

読んで字のごとく

  • 集団塾=みんなで集まって先生の授業を受講するスタイルの塾のこと
  • 個別指導塾=生徒1~3名くらいに対して、先生1名で指導する個別指導の塾のこと

ですね。

集団塾は、スタンダードな学校の授業スタイルなので、皆さんご存じのとおりだと思います。

個別指導塾は、

お子さんの性格的に集団塾の学習スタイルに合わず、マンツーマンの個別指導の方が合っている場合に選ばれるご家庭が多いです。

とうさん

なるほど。子供の性格に合わせてって感じだね

そういうことですね。

そして、大手塾は、集団塾・個別塾の両方を経営していることが多いです。

例えば、栄光ゼミナールであれば、

  • 集団塾=栄光ゼミナール
  • 個別指導塾=栄光の個別ビザビ

のような感じです。

これは塾のビジネスモデルなんですね。

  • 集団塾で通常通り授業を受講する
  • その中で分からない事や詳しく教えてもらいたいことがあれば先生に質問
  • 集団塾なので多くの生徒たちが質問に来るため順番待ちをしたり、質問の時間が短かったりと非効率
  • しっかり時間をとり、詳しく指導してもらいたい場合は、個別指導塾を利用する

こういう感じです。

とうさん

なるほど。そういうことなのね!

いやいや。
『絶対にそう』とは言えないんですけどね。
でも、まぁ、そういうビジネスモデルなんじゃないかと個人的には思っています。はい。

ということは、ガッチリ指導してもらいたい場合、『集団塾+個別指導塾』を利用することになりますよね。

しかし、これは費用的に結構高いです。

とうさん

そりゃ、そうだよね・・・塾2つ行ってるようなもんだもの・・・

そういう事です。

そこで登場するのが『家庭教師サービス』ということになります。

家庭教師は基本的に個別指導塾と同じ指導内容ということなりますよね。

違いは『どこで受講するか?』だけです。

とうさん

なるほど!塾で受講するか、自宅で受講するかの違いってことか!

そのとおりです。

そして、基本的には教室の家賃・光熱費などの固定費がかかる個別指導塾より、派遣型の家庭教師のほうが価格が安いという事になります。

また、子供たちの体力面への負担という意味で自宅に来てくれる家庭教師の方が楽です。

とうさん

なるほどね。たしかに集団塾と個別塾をハシゴするのは子供には確実に負担になるよね

そういうことですね。

たしかに自宅に来られるというのも別の意味で負担にはなりますが、受験期、それでなくとも勉強漬けで体力が落ちている子供たちに負担を強いるのは、親心的にツラいものがありますし、実際に体力が落ちて病気にでもなってしまったら大変なことです。

とうさん

たしかに。特に直前期は冬で風邪とかにもかかりやすいものね

そういうことですね。

ですから『費用面』『子供の体力面』『利便性』を考えた場合、少しでも楽な『集団塾+家庭教師』を選ばれる方が多いんですよね。

これが『集団塾と家庭教師の併用』の詳しい解説になります。

もちろん、冒頭でお話した通り

  • お子さんの性格的に集団塾には合わない
  • コツコツ自分のペースで学習できる

場合は、個別塾単体・家庭教師単体で利用されている事も多くあります。

塾選びは、お子さんの性格に合わせて選んでいくのが良いと思います。

『でも、家に来られるのはちょっと・・・』

という場合、最近は『オンライン家庭教師』というサービスもあります。

こちらは個別指導をオンラインで受講できるサービスになります。

これは別記事で詳しく解説していますので、気になる方は以下のリンク記事をチェックしてみて下さい。

意外とリーズナブル。家庭教師の料金について

次に家庭教師の料金についてです。

『家庭教師=費用が高い』イメージをお持ちの方多いんじゃないかと思います。

しかし、費用が高いというのは偏った見解で、 実際は冒頭で説明した通り、家庭教師の料金はピンキリです。

  • 会社によって
  • 指導の回数によって
  • 教師によって(学生講師・プロ講師)

料金に幅があります。

つまり、費用をかける気になればドンドンかけられるし、最低限のプランで安く利用することもできます。

利用者の状況によって、指導内容をコントロールできる

そこが集団塾と違い、家庭教師サービスの良い所といえます。

少し例をあげて計算してみましょうか。

冒頭でも書いた通り、指導料は大体60分=3~5,000円くらいの所が多いです。

そして会社によっては、これに『テキスト代+交通費+諸経費(家庭教師派遣会社によって言い方が変わりますが、管理費とかサポート費用などと呼ばれます)』などが加算される会社もありますね。

それを加味した場合、

¥4,000 x 4回(1ヶ月) = ¥16,000 (+交通費、諸経費などなど)

とうさん

大体、集団塾の半額くらいだね

そうですね。
たしかに大体、集団塾の半額くらいかもしれませんね。

あとは何回来てもらうかによって違いがでます。
例えば1週間に3回来てもらうとしたら1ヶ月で12回指導してもらうことになりますから

例)週3回授業

¥4,000 x 12回=¥48,000(+交通費、諸経費などなど)

こうなると一気に高くなってきますね。

とうさん

なるほど。¥48,000 x 12=¥576,000+アルファ。1年で¥576,000となると塾代レベルになるね

そういう感じになります。
つまり、

安くも利用できるし、回数を増やせば塾同様、個別指導でしっかりと利用することもできる

ということになりますね。

ただし、もっと安い家庭教師サービスもありますので『全てがこのくらいの金額か』というとそんなことはないです。

ちなみに大手塾に4年生から通った場合は、こんな感じです。

ちなみにコレは我が家の実績数字です。

小学4年(年間)450,000円
小学5年(年間)700,000円
小学6年(年間)1,100,000円
中学受験塾費用(3年間)総合計2,250,000円
とうさん

これを見てしまうと家庭教師が安く感じてしまうね

金額だけを見るとそう見えますが、この表には、

年間授業料、模試・テスト代、夏期講習代、冬期講習代、特別講習代

などを全て含んでいます。

だから『集団塾が高い』とは一概に言えないんですよね。

とうさん

なるほどな。金額だけでは比較できないって事か・・・

各家庭の経済状況や、お子さんの性格・学習状況に合わせて『集団塾』『個別塾』『家庭教師』と適宜、取捨選択していくことが大事ですね。

教育費をかける気になれば青天井でいくらでもかけられますからね。

  • お子さんには、どの指導方法・学習方法が合うのか?
  • 成績にどの程度反映しているか?(どのくらい成績があがっているか)
  • そして、その費用対効果はどうなのか?

を良く考える必要があります。

  • 志望校に入れるなら、いくらでも出す。なんでもやらせる。
  • 子供に合う学習方法を選びたい。合うのであれば費用の安い高いは関係ない。
  • できるだけ安く、けれどもグングン成績があがる、お得な塾・家庭教師がイイ。そうじゃなきゃイヤ。
  • ウチはここまで出すのが限界。あとは子供に頑張ってもらいましょう。

さまざまなご家庭がありますので。

とうさん

そりゃ、そうだよね。家庭によって状況が違うよね。

だから、異業態で単純な比較はできないってが実際の所です。

同じ業態内(大手塾内・個別指導内・家庭教師内などなど)であれば当然、比較できます。

とうさん

よくわかったよ。それと継続するって意味でも『費用を適正に見積もる』のは大事なことだよね

そうですね。

私立中学進学にしても、塾にしても『経済的に無理をしすぎる』と長続きしません。

もちろん『無理せず』というのは無理ですよね。分かります。僕も大学生と小学生の2児の父なので。

『経済的に無理せず子供に満足な教育を与える』のは普通の会社員には無理な話です。

『多少無理できる程度で教育費に充当する』というのが大切ですよね。

このブログでは『教育と家計』について多くの記事を書いていますが、我が家の実績では、中学受験(私立)~大学卒業(私立)までで約1,500万円かかります。(詳細を知りたい方は以下の記事参照)

抜き差しならない苦しい状況にならないよう、しっかりと予算を見積もって塾を選ぶようにしましょう。

また、家庭教師サービスは、だいたいの会社が入会前に授業を『無料体験』することができます。

気になった場合、まずは無料体験を受講してみましょう。

家庭教師の選び方

とうさん

家庭教師の使い勝手の良さは分かったよ。一度、無料体験を受けてみようと思うけど、かなり多くの会社があるね。どこにしたらいいのか、悩んでしまうね。

たしかに。
現在、家庭教師サービスを提供している会社は数多くあります。

なんの基準も無しに、その中から1社選ぶのは不安ですよね。

それならば、以下の4つの項目をチェックして決めてみてはいかがでしょうか?

コレがポイント

  1. 受講の目的はなにか?
  2. 予算はどのくらいか?
  3. お子さんの学年に対応しているか?
  4. 無料体験授業を受講できるか?

詳しく説明します。

1.受講の目的はなにか?

ここまで解説してきた通り、各ご家庭によって家庭教師を利用する目的があると思います。

  • 学校の授業の予習復習のため
  • 中学受験・高校受験・大学受験のため
  • 集団塾に通っているが、プラスその補強のため

それに応じて、

  • プロ講師にお願いする
  • 学生の講師にお願いする

など、教えてもらう講師が変わってくると思います。

例えば、

  • 難関校を目指し、テクニックをしっかり教えてもらいたいならプロ講師にお願いした方がよいでしょう
  • 学校の予習復習が目的なら学生講師で十分かもしれません
  • お子さんのの志望している学校出身や現在通っている講師であれば、志望校の最新の情報をもらえます
  • 若い講師であれば、受験体験もほんの数年前のものなので新鮮な体験談を教えてもらえます

状況によって、選択する会社も変わってくるはずです。

まずは、受講目的を考えてみましょう。

2.予算はどのくらいか?

前項で説明しましたが、家庭教師の料金は、基本的には実店舗を持つ個別指導塾と比較して若干安いです。

理由も、上の項で説明した通りですね。

とはいえ、家庭教師サービス内では会社によって料金に幅があります。
また、プロ講師・学生講師によっても料金が違います。

やはり、ノウハウを持っている分、プロ講師の方が料金が高いです。

ざっくり標準的な料金をいえば、

  • 学生講師で月々10,000円くらい
  • プロ講師の相場は月々25,000~30,000円くらい

になります。

別途、サービス比較表で一覧にしてありますので、一度確認してみてはいかがでしょうか?

サービス比較表

3.お子さんの学年に対応しているか?

選んだ会社は、お子さんの学年に対応しているでしょうか?

会社によって、

  • 小学生~高卒生まで全学年対応
  • 小・中学生のみ対応
  • 中高生のみ対応
  • 高校のみ対応

と、様々です。

お子さんの学年に合わせて選んでみてください。

また、今後も長く指導をお願いする可能性がある場合、学年が上がっても対応してくれる会社を選んでみてはいかがでしょうか。

これもサービス比較表をチェックしていただければ一目瞭然ですのでご活用ください。

サービス比較表

4.無料体験授業を受講できるか?

家庭教師は、無料体験授業を受講できる会社とできない会社があります。

新しいサービスを利用する際、『体験授業無し』で利用開始するのはちょっと不安ですよね。

特にお子さんの未来がかかっていることなので、慎重に選んだ方が良いでしょう。

当ブログとしては、数社体験受講し、その中から良い所を選ぶことを推奨しています。

ちょっとメンドクサイですが、後々のことを考えると、先にしっかり手間をかけた方がよいと思います。

ちなみに、このブログでおすすめしている会社は全て無料体験授業を受講することができます。

安心して利用していただけますよ。

最後に

今回、この記事では『家庭教師』について利用方法・選び方・おすすめできる会社を詳しく解説しました。

最後にまとめると、やはり、各ご家庭で「家庭教師に希望する事と予算」のバランスがあるでしょうから、まず、そこをしっかり決めて、相談・確認してもらい、その上で最終的に各社講師の人柄・指導力によって決めていくと良いですね。

今回紹介した会社は全て無料体験授業を利用できるので、まずは、それを利用しましょう。

家庭教師の場合、最終的に「どの会社にするか、どの会社がいいか」というよりも「この先生がよいから選ぶ」という風に『講師との相性次第』なることが多いです。

とうさん
良い先生にめぐり合えれば、勉強に前向きになってくれるかもしれないしね

そうですね。

家庭教師は最終的に各生徒一人ひとりに親身になってくれますからね。

「この子の希望を叶えてあげたい」と先生たちも気持ちが入ります。

生徒達も「先生の期待に応えたい」となります。

それが好回転すれば勉強にも前向きになりますし、比例して成績もアップします。

そういう「信頼関係」という意味では、集団塾と違う特別な良さがあります。

とうさん
信頼関係。なるほどね

基本的に集団塾より個別指導・家庭教師の方が良いはずなんですよ。
生徒一人ひとりを見てくれるわけですから。

ただ昔は、非常に高かったんですね。
そりゃ、そうですよね。マンツーマンですから。
「じゃ、仕方ないからちょっと安い集団塾で」って事なんです。

それで集団塾が実績をあげてきて、集団塾が一般的になりブランド化し、そして、費用も非常に高くなりました。

一方、近年になって、個別指導・家庭教師の指導料が安くなってきました。

集団塾と個別・家庭教師の費用差が小さくなってきたわけです。

「じゃ、マンツーマンで見てもらった方がいいんじゃないか?」

って考え方が出てきてもおかしくないですよね。

今まさに、そのタイミングでしょうね。

とうさん
なるほど。つまり集団塾が一般的になってて、家庭教師に不安があるけど、普通に考えればマンツーマンで見てくれる家庭教師の方が手厚いってことだよね。

そういう事です。

今は、さらに個別指導でさらに安価な「オンライン家庭教師」というのがあります。

長くなったので、オンライン家庭教師については、以下の別記事でまとめていますので、ご興味があったらチェックしてみてください。

-塾・学習