女子校から共学化、進学校化した学校一覧

こんにちは。
亮介です。

随分古い記事になりますが、ベネッセ教育総合研究所のサイトで広尾学園の変革を扱った特集記事がありました。
2014年の記事です。
以下、リンクになります。

 

(リンク元:ベネッセ教育総合研究所(http://berd.benesse.jp/)

 

広尾学園といえばR4偏差値58~64の飛ぶ鳥を落とす勢いの共学校です。
皆さんご存知の方も多いと思いますが、前身は「順心女子学園」という女子校で2007年に学校名を変更し共学化した学校です。

順心女子学園は少子化や大学全入時代、進学率重視の世の中の流れのあおりを受けて廃校寸前でした。
そのテコ入れ政策として共学化、医進・サイエンスコースの設置を行い、それが功を奏して今となっては皆さんご存知のとおりです。

ちょっと面白い画像をネットで拾ったのでご覧ください。

コレは1965年東京にあった私立高校の一覧表になります。
名前を見ているだけでも面白いですね。
当時とは状況がかなり変わっている学校も結構あります。
入学難易度が大きく変化している学校もあります。

 

女子校の起死回生の一発

 

今回この記事でトピックとしたいのは4-女子校の枠(右列、下から2段目)です。

当時、東京には多くの女子校がありました。
この枠内の学校は当時の難易度、偏差値は正直そんなに高い位置の学校ではありません。

広尾学園の前身、順心女子もこの枠内にあります。(画像内で順応女子となっているのは順心女子の間違いだと思われます)

前述したとおり、少子化、進学率重視のあおりをモロに受けたのがこのクラスの女子校です。
入学希望者が減少し学校運営が厳しくなってきました。

そして、どの学校もテコ入れ方法ってのは一緒で共学化して進学校化を目指すって事だったんですね。
広尾学園もそんな中の一部って事です。

では、どの学校が、今どの学校になったのか?
面白いですね。
私の知っている範囲で以下列挙します。

渋谷女子高(渋女) → 渋谷教育学園渋谷中学校・高等学校(渋渋)

 

東横学園 → 都市大等々力中高

 

順心学園 → 広尾学園中高

 

青蘭学院 → 青稜中高

 

宝仙学園 → 中学女子部を廃止して宝仙理数インター中高を開設。宝仙学園女子部として高校を残す。

 

嘉悦女子中高 → かえつ有明中高

 

戸板女子 → 三田国際学園中高

 

中延学園 → 朋優学院高(朋優は高校のみ)

 

スポンサーリンク



 

最後に

もっとあるかもしれませんが分かる範囲で書きました。
進学校って感じではありませんが、町田学園女子は品川エトワール女子になってますね。

この中でも渋渋の変化はヤバいですね。
僕は地方出身なんで、よく分からないんですが、奥さんが東京の人間ですのでちょっと聞いてみると、渋渋の前身である渋女と言えば泣く子黙るヤンキー校だったとの事で、長男が中学受験した際に渋渋が元渋女の事だと聞いてかなり衝撃を受けたそうです。

こんな事を書くと怒られそうですが、あくまで当時の懐かしい話程度に読んでもらいたいんですが、青陵の前身青蘭と朋優の前身中延を合わせて「ア〇蘭、バ〇延」と称していたとか。
この2校に関しても奥さんは現在の進学校化を聞いてかなり驚いていました。

上記したどの学校もテコ入れ後は人気も高く、それなりの実績を上げています。
まさしく各女子校の起死回生の変革が成功したと言えると思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください