スタート地点に立つ

子供がN能研に通い始めて2年くらい。
我々親は塾の事に関してほぼノータッチでした。
テストの成績が良かろうが悪かろうが全く関係なし。
そりゃそうです。この段階でまだ中学受験する気なんて全くなかったのですから。嫁は知っていたのだと思うのですが、私は全く知りませんでした。なにを?そう。N能研は進学塾であって学習塾ではないということをです。僕は「まぁ、クラスで馬鹿にされない程度に教えてもらっとけ」くらいの気持ちでいたのです。

そして4年生の終わり頃に塾からの連絡がありました。

「そろそろ、どちらの学校を受験されるかある程度目星を付けて頂いて学校見学に行かれた方がよろしいかと。お子さんの場合、このクラスの学校はいかがですか?」

先生は丁寧に現状の子供の頭のレベルにあった中学校を5校もピックアップしてくださっていました。

(え~!?いやいや、ウチ中学校受験する気ないから……)

と心で思いながら電話を切りました。

そして、その後、嫁と会議です。

「ホントに受験するのか?」「つか、ウチ私立中学行かせられるほど裕福じゃないけど」
その他もろもろ。

スポンサーリンク



受験すると言っても何をどうすればいいのか全然分かりませんでした。学校名すら知らないのです。先生にピックアップしていただいた学校のホームページを開いてとりあえず場所や学費をチェックしてみました。

しかし、高いな。学費。100万超えるじゃないか。無理だ。ウチの収入では無理だ。知らなかった。こんなにするのか…..。何も知らないで子供を塾に行かせてたんだな。なんか子供にも申し訳ないけど、教えてくださってる先生方にも失礼すぎるな……。こんな状態じゃ。

ということで中学受験について調べ始めたのです。
子供が小学校4年の2月のことです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA