塾・学習

【中学受験】塾別合格実績2020(東京)・渋渋・広尾学園・人気共学校へ行くならこの塾だ!

先日、以下の記事で、東京にある主要私立男子・女子中学校の塾別の合格実績をまとめました。

【中学受験】塾別合格実績2020・東京主要私立男子校まとめ・サピックス強し!?

続きを見る

【中学受験】塾別合格実績2020・東京主要私立女子校まとめ・サピが桜蔭・JG・雙葉へ613名

続きを見る

とうさん
男子校に関してはぶっちぎりでサピックス。女子校に関しては御三家+豊島岡はサピックスの実績が良くて、その他は接戦だったね。たしか。

そうでしたね。
いろんな方面で様々な事を言われていますが、『合格実績』という数字だけで見る限り男子・女子ともにサピックスの実績が良いという結果でしたね。

今回は、男子校・女子校に引き続き、東京にある主要共学校の実績をまとめていきたいと思います。

とうさん
最近は私立共学校も増えてきたね。女子校が共学化、進学校化するケースも増えてるみたいだし

そうですね。
それは最近の流れですね。
その辺の事を別記事でも詳しくまとめていますので興味があれば読んでみてください。

最近は、渋渋・広尾学園など難関共学校の人気も非常に高いです。
「人気難関校へ何名合格者を出したかってのが塾の成績表」みたいなものですからね。

毎回、言っていますが、

  1. 中学受験は塾次第
  2. 中学受験は親の受験

と評されるように中学受験は『塾の指導力』『親の熱意』が大きく反映する受験とされています。(もちろん、本人の努力が最も重要です)

つまり『本人の性格にマッチした塾選び』『それを決める親の正確な判断』が合否を分ける要因の一つというわけです。

下世話な統計かもしれませんが

『お子さんの志望する学校へ最も多く合格者を出している塾はどこなのか?』

これは親として確実に知っておくべき情報です。

『なんでそんな事分かるのよ?この記事を書いてるのは誰なのよ?』と思う方もいらっしゃると思うので一応軽く自己紹介しておきます。

このブログの管理人のリョウスケといいます。
我が家の長男も2015年に中学受験をしました。
今、都内私立高校の3年生になります。
受験した当時は分かりませんでしたが、振り返ってみると分かることが数多くあります。
このブログでは、そのあたりの経験・知識を記事にしています。
また、このブログは運営して5年間くらいになります。
さすがに5年間、中学受験(受検)のデータや情報を集めていると分かってくる『気づき』『傾向』が数多くあります。
データが全てではないですが確認しておいて損は無いと思います。

という事で、前置きが長くなってしまいましたが表を見ていきましょう。

結論を先に言ってしまうと、

『全体的にはサピックス・日能研接戦。難関人気校「渋渋」「広尾学園」はサピックス圧勝』

という感じです。

東京の学校のみのデータになります。
他都道府県にお住まいの方はごめんなさい。
とはいえ、どの塾の実績がイイか?は、参考にはなると思うので、よろしければ是非ご確認ください。

【中学受験】塾別合格実績2020(東京)・渋渋・広尾学園・人気共学校へ行くならこの塾だ!

では、表を確認していきましょう。
この表は2020年『大手5塾の東京主要共学校合格実績』をまとめたものです。

縦列は主要共学校を、日能研R4偏差値順に並べています。
横列は塾ごとに合格数の多い順に並べています。

塾別の合格総数だけ抜き出してみましょうか。

塾別・東京主要共学校合格総数

  1. SAPIX=2,372名
  2. 日能研=2,021名
  3. 四谷大塚=1,448名
  4. 早稲田アカデミー=1,431名
  5. 栄光ゼミナール=824名
とうさん
おっ!?たしかに男子校・女子校と違ってサピックス・日能研が接戦だね。

そうですね。
男子校の時のような圧倒的な勢いは無いですね。
2社が接戦でトップを走って、そのちょっと後ろに四谷大塚と早稲田アカデミーがこれまた接戦。その後方を栄光ゼミナールが走っている感じですね。

 

おすすめ

『評判の良い学校ってどこだろう?』

志望校・併願校選びは難しいですよね?
その気持ちよく分かります。
では、無料で『プロ』に相談してみてはいかがでしょうか?

志望校・併願校選びに失敗したくないあなただけ読み進めてくださいね。

■詳細はコチラ>>

志願校・併願校選びは難しいですよね。
塾や自分たちだけでなく第3者の意見も聞いてみると新しい『気づき』があるかもしれません。

オンライン家庭教師のNetty(ネッティ)では、無料体験授業を受講する際、希望すれば経験豊富なプロの学習プランナーが志望校選びの相談にものってくれます。

集団塾以外に第三者の視点で話がきける機会も滅多にありません。
『集団塾で相談し決めた志望校・併願校選びは間違いないか?』
セカンドオピニオンという意味でも意味があります。

無料ですので利用しない手はありません。
実際、このサイトから毎月数十名の方が申し込みをされています。
もったいないので是非利用してみてください。

それだけでなく、ネッティでは、お子さんの現状を明確に把握・分析し、苦手や成績が上がらなかった理由やどのようにすれば成績が上がるのかなど効果的な学習方法もアドバイスしてくれます。

何度も言いますが、志望校相談・体験授業ともに無料です。
(無料体験後、過剰な勧誘をするような会社ではありませんので安心して利用してみて下さいね)

公式サイトから『無料体験授業』をクリック⇒各種項目を入力して『お問い合わせ内容』欄『無料体験授業と志望校相談希望』と書いてお申込みください。

>>>■インターネット家庭教師Netty公式サイトへ■

\無料体験だけでなく、志望校相談・学習相談も可!/

サピックスから筑付・渋渋・早実・慶応・広尾へ854名

とはいえ、偏差値上位校へのサピックスの進学実績は凄まじいです。

サピックスから難関共学校への合格実績

  • 筑付=65名
  • 渋渋=251名
  • 早実=56名
  • 慶応=146名
  • 広尾=336

トータル:854名

5校の合格実績を合算すると854名になります。
昨年の783名を超えてきましたね。

早実は日能研が71名で、かろうじてサピックスを上回っていますが、その他4校への合格実績は他の塾を寄せ付けないぶっちぎりの実績です。

とうさん
渋渋251名、広尾336名はスゴイね!

難関共学校の中でも、近年、この2校は非常に人気があります。
その辺をキッチリおさえて対策してくるあたりは、さすがという感じです。

中学受験・主要共学校(東京)・塾別合格実績昨年比較表

では、次に昨年実績と今年の実績を1枚にまとめた表を見てみましょう。

表が大きくなってしまって見づらいですが参考程度にご覧ください。
PCの方はスライドバーで横にスライドできるようになっています。
スマホの方は横に引っ張ってみてください。全体が見られると思います。

四谷大塚・栄光が若干減らしたもの、他の3校は微増です。
いや、サピックスは532名増やしているので微増ではなく普通に増加したといっていいでしょう。

公立中高一貫校とは違い、どの学校も定員に対してかなり多めに合格を出すので、塾トータルの合格数が定員数を大きく超えています。(日大三だけは5校の合格者数が定員をして回っています・・・)
この辺が私立中学受験の倍率がいまいち信用できないところです。

定員と合格総数の差が激しい学校は、公表されている倍率よりも『合格を多く出している』学校といえますね。
戦略を立てる上で、チェックしておく必要がありますね。

最後に

今回は、2020年大手5塾の東京主要共学中学校合格実績をまとめてみました。

とうさん
どこの塾もしっかり対策してて接戦だけど、上位難関校目指すならやっぱりサピックスかな

そうですね。
保護者の立場からすれば、いくつか選択肢があるのであればサピックスを選んでしまう気持ちはよく分かります。

この表を使い、お子さんの志望校に対して、

ポイント

  1. 『多くの合格を獲得している塾はどこか?』
  2. 『昨年と比較して伸びがいいのはどこか?』
  3. 受験戦略を立てる上で『定員に対して合格を多く出している学校はどこか?』

このあたりの事がチェックできると思います。
1,3は分かると思いますが、2に関して、なぜ大事かというと『昨年から伸びがある』ということは『その学校の受験対策ができている』ということですのでチェックしておきましょう。

とうさん
なるほど。覚えておこう。

ただし、毎度毎度同じことを言いますが、、この記事でも紹介した通り「素晴らしい実績を上げている塾がお子さんの性格に合った塾とは限らない」という事を覚えておきましょう。

あくまで資料ですので、参考にするのは良いと思いますが、鵜呑みにせず、お子さんの性格・立地・合格実績などなど、様々な事を全て盛り込んだ上で、しっかり判断していきましょう。

created by Rinker
¥1,628 (2022/05/19 11:40:07時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-塾・学習