中学受験(受検)をするきっかけ

このサイトにお越しの方は、そのほとんどが小学生の子供を持つ保護者の方々だと思います。
このサイトにたどり着いたのにも様々な理由があるはずですよね。

「絶対に〇〇中学~高校に行かせて、最終的には〇〇大学に行かせたい。」

というような明確な目標を持っている方から、

「ちょっと興味があったから」

「同級生のお宅がやるようだから」

という、ちょっと知りたい方まで。
きっかけは様々です。

ちなみに元々、我が家は後者でした。

私は地方出身で小中高大、公立に行くことが神と教えられて生きてきました。
ウチの奥さんは東京出身ですが普通の公立中学出身です。

中学受験(受検)なんて考えたこともありませんでした。

ただし小学生になってから苦労しないように(というか我々親が苦労したくないので)年長さんの頃から公文式の教室に通わせていました。

ぼんやりと中学受験(受検)をする雰囲気になったのは小学3年の時です。

子供のクラスのママ友さんに

「いっしょにN能研の試験を受けない?」

と誘われたからです。

今思うとコレは入塾試験だったのですが力試しのつもりで受けさせたのです。
まんまと合格をもらったわけですが、別に通わせるつもりはありませんでした。
中学受験(受検)をさせる気なんて全くなかったからです。
しかし、その気になってしまったのはウチの子供でした。
クラスの友達と一緒に塾に行きたかったのでしょうね。
N能研に行くといってききません。

「仕方ない。公文の代わりのつもりで」と遊び半分でN能研に入塾させたのです。

スポンサーリンク



長くなりました。申し訳ない。
これが我が家の中学受験(受検)のきっかけです。

もちろん始めからキチンとした目標を持って臨むご家庭もあるでしょうが、私たちのように雰囲気で始めた家も結構あると思います。

中学受験というと「金持ちが見栄のためにやる」とか「子供に強制的に勉強を強いる」ようなネガティブイメージがある方もいらっしゃるとは思いますが、いやいやそんなことはありません。

取っ掛かりなんてこんなもんなんです。
初めから斜に構えずに気楽にやってみてもいいんじゃないかと思います。
目標は後からでもいいと思います。
止めるのもいつでも止められますので。

まずテイクアクションが大事だと思います。

では、また次回。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください