おすすめオンライン学習一覧 中学受験 塾選び 大学受験 記事No.151~200まで

オンライン家庭教師e-Liveの評判・口コミ。人気の秘訣は丁寧な講師選び

Ryosuke

Ryosuke

管理人のリョウスケといいます。 東京都在住40代です。 2015年に子供が中学受験(受検)をした事をキッカケにブログを始めました。それ以降、中学受験関連の情報を集め、その経験・データを元に中学受験、高校・大学受験、子育ての話などを記事にしています。 サイト運営5年。月々58,000PV突破。ありがとうございます。

スポンサーリンク

以前、『オンライン家庭教師おすすめ5社。調べて分かった驚きの料金・利便性』という記事で、おすすめオンライン家庭教師を5社紹介しました。

オンライン家庭教師おすすめ5社を比較。調べて分かった驚きの料金、メリット、デメリット

前回の記事で『塾選びをする際に、家庭教師も含めて検討してみてはどうか?』という記事を書きました。 家庭教師も昔に比べて、 ...

続きを見る

今回は、その中の1社『オンライン家庭教師e-Live』に関して深掘りしていきたいと思います。

とうさん
へ~、深堀りする意味があるってことだね?

その通りです。
今、オンライン学習に世間が注目していますが、あまりにも数多くのサービスがあり、どのサービスを選んだらいいか分からない状態だと思います。

このサイトでは様々なオンライン学習サイトを紹介してきましたが、その中でも『オンライン家庭教師・個別指導』への皆さんの注目度が高く、その中でも特に評判がよかった一つが『オンライン家庭教師e-Live』でした。

とうさん
お~、なるほど。だから個別で紹介するってことね

ええ。
注目度が高いなら深堀して分かりやすく紹介していこうということで個別記事にしていくことにしました。

とうさん
なるほど。なるほど。

『オンライン学習』、特に個別指導をしてくれる『オンライン家庭教師』は今後、一般的に利用されるようになるサービスです。そのポテンシャルを間違いなく持っています。

広く利用されるようになれば、価格も下がりますので、より利用しやすくなります。

集団塾に通塾しながら、分からない所をオンライン家庭教師に質問していくというダブルスクール的な利用方法もできます。

また、近所に大手集団塾がない地域に住んでいる子供達にも、同等の授業を届けることができます。
さらに障害を持っていて、一人では簡単に通塾できない子のサポートにもなるでしょう。

オンライン学習・家庭教師のポテンシャル

  • 集団塾の補完としての利用方法。ダブルスクール。
  • 大手集団塾のない地域へのインフラとして。
  • 障害を持っている子達へのサポートとして。

では、『オンライン家庭教師e-Live』について解説していきます。

オンライン家庭教師e-Liveの評判・口コミ。人気の秘訣は丁寧な講師選び

e-Liveのサイトへいくと、『強み』として以下の項目を挙げています。

とうさん
たしかに魅力的だね。

そうですね。

e-Liveを利用するメリットは?

  • 全国どこでも、自宅外でも受講可能。
  • お茶出し不要。
  • 交通費無し。

とても魅力的ですよね。
これはe-liveというよりも、オンライン家庭教師のメリットですよね。

ただし一方で、デメリットもあって

オンライン家庭教師のデメリットは?

  • 慣れるまでは理解しにくい。(勝手が違うので、慣れるまでは勉強している実感が沸かない→集中できない)
  • 生徒と先生の間の信頼関係(直接会わないので、生徒、教師間の信頼関係が直接会う形態に比べて浅いと思います)

この辺は、通常の塾に対してオンラインのデメリットといえるでしょう。
特に、2つ目の『生徒と先生の信頼関係』というのは、実際に面と向かって会っていない分、浅くなるのは仕方ないですよね。

でも、実はこれは大切なポイントなんですね。

個別指導塾を利用するときに『実績』『指導力』などいくつかポイントがありますが、『講師との相性』というのは、特に大事なポイントになります。

とうさん
なるほど

どんなに指導力が優れていても、子供たちの懐にスッと入り信頼してもらえる人でなければ子供たちは前向きに勉強してくれません。
逆に、子供たちとの信頼関係ができていれば、一般的な指導方法だったとしても学力は伸びていきます。

そういう意味で『生徒と先生の信頼関係』『どのような講師に指導してもらうか』はとても大事です。

とうさん
なるほど。オンラインの弱点ってことだね。

そういう事になります。
そして、ココからe-liveの特徴であり実際の『強み』と言える部分になんですが、e-liveは『講師と生徒のマッチング』を丁寧にやってくれます。

受講する生徒と同じスポーツ・趣味をやっている先輩講師、同じ夢を持っている先輩講師など、生徒が憧れるような講師をマッチングしてくれます。

とうさん
お~、オンラインの弱点を少しでも埋められるように努力してるってことだね。

お~、イイ事言いますね。
そういうことですね。

評判・口コミをみてもアットホームな感じが伝わってくる口コミが多いです。

とうさん
へ~、ホントだね~。一番最後なんて『東大に通ってる講師が、生徒を案内してあげた』って事だものね。

そういう事ですよね。
こういう口コミをみると安心しますよね。

とうさん
ちなみに料金はどうなの?あと授業内容とか流れは?

スポンサーリンク



e-Liveの料金・授業内容・受講までの流れ

以下、e-Liveの料金体系です。

1コマ=30分で、1週間に1コマ受講もできますが、さすがに30分というのはどうかと思うので2コマ分=60分受講にした方が良いでしょう。

その場合、一番割安なコースで1ヶ月=4回授業(60分)=¥8~12,000。
一番高いコースでも¥24,000~28,000です。

とうさん
4回で割った場合、1回あたり=¥2,000~¥7,000か。幅はあるけど、一般的な金額だね。

そうですね。
金額的には、まぁ、標準的にといえるでしょうね。

また、授業は各生徒に合わせて授業を行っていく個別指導スタイルです。
回を重ねて講師は生徒の学力を確認しつつ、指導方法を決めていく形です。
希望によって、持っている参考書に合わせたり、教科書に準拠して指導してくれます。

受講までの流れは以下のとおりです。

とうさん
結構キッチリした手順だね。

そうですね。
しっかりした流れですね。

とうさん
画像とか出てるけど、必要な機材があるの?

そうですね。
必要な機材は、

  1. PC
  2. Webカメラ/ヘッドセット
  3. ペンタブレット

この3点になります。
PCは必須として、Webカメラ/ヘッドセット(マイク)に関しては、PCに付いている場合もありますので手持ちのPCを確認してみてください。
もし、付いていなくてもe-liveが貸してくれますので安心してくださいね。

初回入会金が別途¥26,000必要になりますが、1年で割って考えれば月々¥2,000ちょっとの話ですし、相性の良い講師に指導してもらい、お子さんの学力がしっかり付いていく事を考えれば、初回だけなので気にすることではないですね。

とうさん
なるほど。講師陣はどんな感じのなの?

上図にもあったとおり、東大・早稲田・慶應など難関大学出身・在籍の講師から授業を受けられます。
講師の出身校によってコースがわかれています。

とうさん
自分が志望している学校の先輩に指導してもらえるのは生徒にも刺激になるね。

■オンライン家庭教師 e-Liveの無料体験授業・ご相談はコチラ■

スポンサーリンク



最後に

オンライン家庭教師e-Liveの評判・口コミと強み、料金・授業内容・受講までの流れを解説してみました。

とうさん
うん。よく分かった。メリット・デメリットが分かってよかったよ

そうですね。
どんなサービスでもイイ所と悪い所があります。

e-liveはその弱点を『講師と生徒のマッチング』を丁寧にすることで補おうとしてる所に好感が持てます。

記事内でも解説しましたが、最後にポイントをまとめます。

ポイント

  • メリット①:オンライン家庭教師のメリットは、場所を選ばず個別指導が受けられること。
  • メリット②:家庭教師のように気を遣わなくてもすむこと。(お茶(お菓子)出し。人が家に来るので掃除など)
  • メリット③:交通費不要。
  • デメリット①:慣れるまでは理解しにくい。(勝手が違うので、慣れるまでは勉強している実感が沸かない→集中できない)
  • デメリット②:生徒と先生の間の信頼関係(直接会わないので、生徒、教師間の信頼関係が直接会う形態に比べて浅いと思います)
  • デメリット③:情報が少ない。家庭教師全般にいえる事ですが、通いの塾に比べて受験情報が少ないです。自分で積極的に集める必要があります。
  • <e-liveの特徴>デメリット②のを『生徒と先生の間の信頼関係』を『講師と生徒のマッチング』を丁寧にすることでサポートしてくれている事。

もちろん、無料体験授業を受けられますので気軽に受けてみてはいかがでしょうか?
相性の良い講師に、巡り合えるを祈っています!

■オンライン家庭教師 e-Liveの無料体験授業・ご相談はコチラ■

■オンライン家庭教師5社比較記事をチェック■
■Z会、進研ゼミの比較記事をチェック■

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-おすすめオンライン学習一覧, 中学受験, 塾選び, 大学受験, 記事No.151~200まで

© 2020 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ