記事No.51~100まで

桜修館/2019年 適性検査2について

Ryosuke

Ryosuke

管理人のリョウスケといいます。 東京都在住40代です。 2015年に子供が中学受験(受検)をした事をキッカケにブログを始めました。それ以降、中学受験関連の情報を集め、その経験・データを元に中学受験、高校・大学受験、子育ての話などを記事にしています。 サイト運営5年。月々58,000PV突破。ありがとうございます。

スポンサーリンク

今年もまた都内の公立中高一貫校の受検が2月3日に終了しました。

我が家の場合、桜修館を落ちているので、どうしても桜修館に思い入れがあります。

桜修館の今年の適性検査2の問題と解答例が早速掲載されていました。

 

 

実施済の適性検査問題 | 東京都立桜修館中等教育学校 <br /> Oshukan Secondary School
実施済の適性検査問題 | 東京都立桜修館中等教育学校 <br /> Oshukan Secondary School

続きを見る

 

ざっと確認してみましたが、相変わらずヤバいですね。
42歳の脳みそがヤラれそうです。

ほとんど算数、理科の知識のみ必要って感じですね。
一部、社会的な設問もありましたが、必要な知識はいわゆる社会の知識ではありません。

これ桜修館受ける子は社会の勉強必要ありますか?
要らないんじゃないかと思ってしまいます。

毎年恒例の比、割合、図形の問題をコンビネーション技って感じです。
このコンビネーション技が脳を疲れさせていきます。

ココで解いた答えとアッチで解いた答えを組み合わせて最終的な答えを出さなくてはならないっていうような感じ。

作文に関しては以前、記事にした時のような感じです。

 

都立中高一貫校(公立中高一貫校)受検。作文・小論文のコツ | 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ
都立中高一貫校(公立中高一貫校)受検。作文・小論文のコツ | 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ

公立中高一貫校・都立中高一貫校受検において作文はとても重要です。しかし、作文の力を鍛える事はとても難しいですよね。この記 ...

続きを見る

 

一筋縄ではいかないですね。今年も。

今年の合格発表は2月9日。

皆さんの合格をお祈りしております。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-記事No.51~100まで

© 2020 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ