【オンライン英会話がTOEIC対策に効果的な理由】TOEIC860点の筆者が徹底解説

TOEIC対策に英会話ってどうなの?意味ないんじゃないの?

と思う方、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

TOEIC試験でスピーキング力は必要ないから、英会話は意味がない

と考える方もいるはずです。

結論から言うと、

ココがポイント

英会話はTOEIC対策に非常に有効です。

むしろ、英会話を学んだ方が効率的に点数アップが狙えます。

くまくん

へ~、英会話を利用したほうが効率的なんだ。必要ないと思ってた。意外。

実は、僕はTOEIC860点をとるまで独学で勉強しました。

でも、振り返ってみると、

『英会話を利用して学習すればもっと短期間でこの点数をとれたな』

と後悔しています。

くまくん

なるほど。経験者の声ってことだもんね。参考になる。

そこで今回は『なぜ英会話がTOEIC学習に効果があるのか』を解説し、合わせて、僕がおすすめできる英会話サービスを3つ紹介していきます。

英会話で効率的に学び、TOEICで高得点を狙っていきましょう!

この記事を読んでわかること

  • 『なぜ英会話がTOEIC学習に効果があるのか!?』TOEICスコア860点を持つ筆者が徹底解説
  • TOEICスコア860点を持つ筆者がおすすめの英会話サービス3選

✓この記事の信頼性

しん

✓TOEIC860点
✓日本在住、メディアライター
TOEIC860点の筆者が、勉強してきた経験をもとに、どのように英語を学習していくのが効率的か、TOEICで高得点をとるためのコツを深くお伝えしていきます。

もくじ

【オンライン英会話がTOEIC対策に効果的な理由】TOEIC860点の筆者が徹底解説

そもそも『なぜ英会話がTOEIC学習に効果的』なのでしょうか?

理由は2つあります。

ココがポイント

  1. リスニング力が身に付く
  2. アウトプットする力が身に付く

順番に解説していきます。

1.リスニング力が身に付く

まずは、これですね。

くまくん

へ~、リスニング力(聞き取る力)って大事なの?

そうですね。
TOEICにおいて、リスニングはとても重要です。

それは、TOEICの試験でリスニングの配点が990点中495点だからです。

くまくん

うわっ!約半分じゃん!

そうなんですよ。
得点の半分を占めるので『リスニング力』アップは高得点獲得のために非常に重要なポイントなんです。

そして、英会話学習は、このリスニング力を効果的に伸ばすことができます

くまくん

お~、なるほど、なるほど。教えてほしい。

メリットは2つです。

  1. 『(録音ではなく)生の声でリスニング学習ができる・講師からリアルタイムで学べる』
  2. 『本気で聞き取る努力をするようになる』

1つ目は、『(録音ではなく)生の声でリスニング学習ができる・講師からリアルタイムで学べる』ということですね。

世の中には多くの教材があるわけですが『発音方法』や『言い回し』を効率的に学ぶことができません。

しかし、英会話は、わからないことがあれば都度講師に聞くことができますし、違う言い回しをリアルタイムで学ぶことができます
1度で多くのことを学ぶことができ効率的です。

くまくん

なるほど。教材で学ぶよりも効果的に、効率的に学習を進められるってことだね

そういうことです。
また、生徒自身も講師と『なんとか会話しよう』と必死で聞き取り(リスニング)します
この『集中力』は1人で教材を勉強する時とはレベルが違うでしょうね。

くまくん

そりゃ、そうだよね。目の前で話をしなくちゃならないんだから。必死だわ。

そういうことですね。
日常会話ができるようになると、TOEICのリスニング問題はかなりレベルが低く感じるはずです。

普段から英会話学習を利用し試験レベルのリスニング学習ができているのは、本番当日の自信にもつながりますよ。

2.アウトプットする力が身に付く

2つ目がこれです。

これが英会話を利用する最大のメリットです。

くまくん

へ~、リスニングよりも大事なのね

はい。間違いないですね。
英語だけじゃなく、学習全般にいえることですが

  • アウトプットする事で知識が定着する

というのは、よく言われることです。

「脳は出力した方が情報が定着する」

これは米パデュー大学のカーピック博士らの研究です。
2008年の「サイエンス」に

  • 「入力を繰り返すよりも、出力を繰り返すほうが、脳回路への情報の定着がよい」

と発表しました。

くまくん

んっ!?突然ずいぶん難しい話になったね・・・

すいません。すいません。急に。

分かりやすくいうと、

入力と言うのは授業や、教科書を読んだり、ノートに書いたりする勉強の事です。
いわゆる頭にインプットする作業の事です。

一方、模試や過去問を解くことはアウトプット、出力という事になります。

ココがポイント

  • 授業を聞いたり・教科書を読んだり・ノートに書いたりする勉強⇒入力(インプット)作業
  • 模試を受ける・過去問を解くこと⇒出力(アウトプット)作業

一度、頭にインプットしたものは、何度もアウトプット(テストを行う)する事によって定着しやすいということなんですね。

言い換えれば、ずっと教科書を読んでインプット(入力)作業を繰り返しているよりも、何度も過去問や模試を受けてアウトプット(出力)した方が頭に定着しやすいということです。

では、話を『英会話』に戻します。

英会話では講師と会話をしなくてはならないので、その場で聞き取り・返答することになります。
返答するために、今までインプットしてきた『文法・単語』を頭の中で組み立てなくてはなりませんよね。

組み立てて、それを口から声として『アウトプット』する。

この繰り返しを行うことが『知識の脳への定着を促進すること』になるということなんですね。

会話を成立させるためには、単語力・文法力のインプットはさることながら、インプットした知識を即座にアウトプットできるレベルまで上げなくてはなりません。

頭で理解したつもりでも、違う問題で出題された時に意外と解けないことがあります。

英会話を利用することで、即座に反応できるアウトプット力を効率的に身に付けることができます。

くまくん

なるほどね。教材で勉強する事=インプット作業。英会話=アウトプット作業。学校の勉強でいうと『模試』みたいなものってことだね。

『模試』は分かりやすいですね。
まさしく、その通りです。

以上が英会話を利用するメリットになります。

ココがポイント

  • TOEICで高得点をとるために英会話で学ぶべきことは「リスニング力」「アウトプット力」
  • 英会話を利用すると、この力を効率的に伸ばすことができる。

英会話を受講する際は、講師との会話を1単語でも多く聞き取れるよう集中しましょう。

そして、自分からどんどん発言し、多くの失敗・はずかしい経験をして知識を定着させてください。
机に向かい暗記をするよりも、日常会話の中で体験しながら学ぶことが、より多くの記憶の定着に繋がります。

くまくん

英会話が、TOEIC対策に多くのメリットがあることはよく分かったよ。でも、英会話なんてやったことないし、どの英会話教室がイイか分からないな・・・

そうですよね。
突然、よく分からない英会話サービスを利用するのは不安ですよね。

英会話教室は大きく、一般的ないわゆる『通学型の英会話スクール』と『オンライン英会話』の2つに分類されます。

私のおすすめは断然『オンライン英会話』です。

次の項では、僕が『オンライン英会話』をおすすめする理由をメリット・デメリットを交えながら解説していきます。

なぜ、オンライン英会話がおすすめなのか?メリットは?

それでは早速、なぜオンライン英会話がおすすめなのか解説していきますね。

まずは、メリットからです。

オンライン英会話メリットは?

  • 時間・場所を選ばず学習できる。
    オンラインなので、インターネットが利用できる環境・PC・タブレット・スマートフォンなどがあればいつでも、どこでも受講できる。
  • リーズナブル
    教室などを用意する必要がないので、固定費もかからず、その分、通学型に比べて受講料が安い。
  • 受講時間を多く取れる
    料金が安い分、多く受講できる。
  • 基本的にマンツーマン
    通学型などでは、グループに講師一人で勉強をしているケースも見られますが、オンラインは基本的にマンツーマン。個別指導を受けることができます。
  • 録音・録画し復習することが可能。
  • 様々な講師のレッスンを受ける事ができる。

いつでもどこでも時間・場所を選ばず学習できる

『通学型のスクール英会話』は決まった時間に教室へ行って授業を受ける必要があります。
急な予定が入ったりすると、再度予定を組み直さなくてはならず非常に不便です。

オンライン英会話ではその煩わしさがありません。
空いた時間に、しかも自分の好きな場所で授業を受けることができます。
柔軟に予定を組めるのはとても魅力的ですよね。

価格の安さ

オンライン英会話は、通学型のスクール英会話と比較すると非常に安く受講することができます。

これは教室などを用意する必要がないので、固定費がかからないからですね。

スクール英会話はマンツーマンの場合、1回のレッスン(40~50分)で6,000円〜8,000円が相場になります。
一方、オンライン英会話は毎日1レッスン(20~25分)で月額5,000円~8,000円です。

くまくん

へ~!全然違うね!

そうです。
通学型スクールの1回分の金額が、オンラインでは月額の値段になるんです。
価格面でみると圧倒的にオンライン英会話がお得だと分かりますね。

前項で解説した通り、今回、英会話を利用するのは『アウトプットして知識を定着させる』のが最大の目的ですから、回数をこなすことが大事です。
そういう意味で、今回はオンライン英会話を利用する方が理にかなっているといえますね。

講師選択の自由

通学式スクール英会話の場合は、レベルに合わせて決まった講師が指導します。

しかし、オンライン英会話の場合は、自由に講師を選ぶことができます。

これはTOEIC対策において、とても重要なことです。

くまくん

そうなの?なんで?

TOEICのリスニングテストでは、5ヵ国の英語が出題されるからですね。
それぞれの癖に慣れておかなくてはなりません。

日本語でも人によって話し方が違うように、同じ英語といえど国によって癖があります。
多くの『話し方』に聞き慣れていくことが大事ということですね。

TOEICリスニング対策として、オンライン英会話を利用し、是非、さまざまな講師の言い回しに触れるようにすることをおすすめします。

オンライン英会話のデメリットはないの?

魅力的なメリットが多くありますが、オンラインならではのデメリットもあります。
続いて、デメリットを解説していきます。

オンライン英会話デメリットは?

  • 様々な講師を受講できるが、その分、講師との相性の向き・不向きや講師の質が悪い時がある
  • 様々な講師を受講できる分、人気のある講師の場合予約が取りづらい
  • 受講の自由度が高い分、目的意識を持ち、自己管理をしないと継続できなくなる
  • オンラインなので、回線状況によって不具合が発生する事がある

講師の質

もちろん、ある程度『教える技術』を持ち講師になっていますが、質が悪いことがあります。

『様々な講師を選べる』メリットがある一方で、アルバイトのような軽い感覚で指導するような講師もいます。
プロフィールを確認しても分からない部分があるので、ちょっと合わないなぁと思ったら次回は講師の見直しをするようにしましょう。

継続の難しさ

自由度が高い分、目的意識を持ち、自己管理をしないと継続できません。

怠け癖のある人は「いつかやればイイ」と考え、全然授業を受けずに時間ばかり過ぎるという状態になりかねません。
『絶対に、TOEICで高点数をとってやる!』という強い気持ちを持ち継続しましょう。

僕もかなり怠け癖があるんですが、毎日学習したことを記録すると『連続記録を途絶えさせないように頑張ろう』という気持ちになります。

怠けてしまう可能性がある人は、スケジュール帳などを使って勉強記録を付ける事を強くおすすめします。

ネット環境の不具合

講師もしくは生徒側のネット回線の不具合によって授業が一時中断してしまうことがあります。

また、台風や大雨など外的要因でもネット環境は悪くなってしまうので、そこがオンライン英会話の弱点といえるかもしれません。

まぁ、しかし、その辺は教室側で十分理解している所です。
最近では、オンライン英会話各社がインターネットの通信状況に対してかなり力を入れて取り組み対策をしているので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

以上が、オンライン英会話のメリット・デメリットになります。

人によって許容範囲が違うので断定はできませんが、相対的に見てオンライン英会話はメリットの方が大きいことを感じてもらえたのではないでしょうか。

とはいえ、前項でも書いた通り、突然、よく分からない英会話サービスを利用するのは不安ですよね。

安心してください。
次項では、数ある中からTOEICスコア860点の僕が厳選したオンライン英会話おすすめ3社を紹介していきます。

おすすめオンライン英会話スクール3選

では、数ある教室の中からTOEICスコア860点の僕が厳選したオンライン英会話おすすめ3社を紹介していきます。

オンライン英会話【NativeCamp】

Nativecampトップ画像

【公式サイトへ】

『ネイティブキャンプ』は、オンライン英会話業界では有名で人気のある大手の教室です。
最近は、テレビCMも放映されていますし、芸能人が体験した動画なんかも数多く配信されています。
日常会話やビジネス会話、中高生や子供まで幅広く対応しています。

ネイティブキャンプの特徴はなんといっても『月々の料金は定額で、24時間365日好きな時に無制限でレッスンができる』というところです。

くまくん

え~!?無制限!?

そうなんですよ。
ネイティブキャンプの特徴・料金プランは以下のとおりです。

料金プランレッスン回数料金
プレミアムプラン無制限月々¥6,480
スクロールできます
ファミリープラン代表者がプレミアムプランに加入している場合、その家族は月額¥1,980のファミリープランに加入できる。
もちろん、レッスン回数無制限。
レッスン予約ネイティブキャンプは予約無しで、好きな時に受講できるのが特徴です。(常時、講師が待機しています)
逆に『どうしてもこの先生を受講したい』という時は、予約が必要になり、その時は有料のコインが必要になります。(初回特典で少しプレゼントしてくれます)
500コイン=¥1,000です。
必要なコイン数は、各講師の経験やスキルに応じて違ってきますが、まぁ50コインくらい~って感じです。講師のプロフィールページ確認できます。
支払方法クレジットカード
受講可能時間24時間いつでも
講師人数約12,000名(世界100か国以上)
テキスト日常会話・ビジネス・中高生・子供向け多数
くまくん

へ~、無制限で、24時間か~。こりゃ利用しやすそう

そうです。
24時間、無制限ってのは強みですよね。
それとネイティブキャンプに関しては、受講時間も制限されていないんですよ。
基本的には『1レッスン=25分』なんですが、一気に25分時間を取る事のできない忙しい方もいらっしゃると思います。
英会話は毎日コンスタントに話すことが大事なので、

今日はレッスンしてないなぁ。25分の時間は作れないけど、10分くらいならできるんだけどなぁ・・・

という事もありますよね?

くまくん

あるある。分かる気がする

そういう場合、ネイティブキャンプなら早く切り上げることもオッケーです。
しかも、月額固定で無制限なので『料金がもったいない』ということもなく決められますよね。

くまくん

あ~、なるほど。自由度が高いね。

講師も100か国以上の国の方々が登録していて、様々な国の方と話すことができますし、テキストも初心者、学生、利用者のレベル・状況に合わせて選択できるように幅広く取り揃えています。

用意するものは『PC・タブレット・スマートフォン』、できれば『ウェブカメラ・ヘッドセット』があるといいでしょう。

PCの場合は、独自の通話システムを使ってレッスンを行います。
ブラウザ(Chrome・FireFox)からアクセスしますので、Skypeのインストール・設定など面倒な手間はありません。

タブレット・スマートフォンの場合は、『NativeCamp』アプリをダウンロードして使用します。

TOEICコースの学習の流れは以下のとおりです。

STEP

「自力で問題を解く」

STEP

「問題を聞き取れているかチェック」

STEP

「単語や表現の理解」

STEP

「確認」

この流れの中でも講師と会話をしていきますので、スピーキング力を上げるためにもコミュニケーションを密にとっていくことが重要です。

英会話は『多く話す事』できるだけ『毎日話す事』が大事です。
ネイティブキャンプの特徴は時間的に『無制限』というところです。
利用者の状況にあわせて、さまざまな利用方法ができます。
その上、定額制なので安心っていうのは強みですね。

予約も必要ないので気軽に始められますね。

7日間無料トライアルがあるので、実際に体験してみて継続するか決めるのがいいでしょう。

\ネイティブキャンプの無料体験はこちら/

DMM英会話

【公式サイトへ】

『DMM英会話』は動画配信サービスなどで有名なDMMの運営するオンライン英会話サービスです。
ネイティブキャンプ同様、最近はテレビCMもよく見かけますね。

くまくん

テレビで見たことあるよ

DMM英会話の特徴は『講師陣の幅広さ』『ネイティブ講師の数』です。

日本人講師がいますので、英語が不得意なあなたでもお子様の状況をきちんと確認しながら利用することができます。

DMM英会話の特徴・料金プランは以下のとおりです。

スタンダードプラン(様々な国籍の講師と毎日レッスン)
毎日1レッスン(25分)月々¥6,480
毎日2レッスン(50分)月々¥10,780
毎日3レッスン(75分)月々¥15,180
プラスネイティブプラン  (ネイティブ講師・日本人講師と毎日レッスン)
毎日1レッスン(25分)月々¥15,800
毎日2レッスン(50分)月々¥31,200
毎日3レッスン(75分)月々¥45,100
スクロールできます
プラスネイティブプランプラスネイティブプランに加入すれば、日本人講師のレッスンを受けることができます。
『最初から外国人の先生だと不安…』という初心者の方にはオススメです。
支払方法クレジットカード、DMMポイント
受講可能時間24時間いつでも
講師人数10,000名以上(世界134か国以上)
テキスト日常会話・ビジネス・中高生・子供向け多数
くまくん

日本語講師のレッスンが受けられるのはイイね

そうですね。
初心者には安心ですね。
DMM英会社は比較的安く、ネイティブ講師・日本人講師にレッスンを受けることができます。

それと紹介した他2社にも言えることですが、大手は、どこもテキストが充実しています。

これだけ充実していると、学生・初心者、誰にでも対応できますね。

用意するものも、他2社同様です。
『PC・タブレット・スマートフォン』、できれば『ウェブカメラ・ヘッドセット』があるといいでしょう。

DMM英会話は、独自の通話システム『Eikawai Live』を使ってレッスンを行います。
ブラウザ(Chrome・FireFox)からアクセスしますので、Skypeのインストール・設定など面倒な手間はありません。
タブレット・スマートフォンの場合も、このシステムを利用します。

また、DMM英会話に入会していると、『iKnow』という英語学習アプリを利用できます。
かなり評判のいいアプリですが、DMMに入会してれば無料で利用できます。

DMM英会話にはTOEICに特化したコースはありませんが、幅広い講義内容があるので自分に合ったものを選択することでTOEIC高得点を狙うことが可能です。

私のおすすめは『プラスネイティブプラン』です。

日本人講師はTOEICを受けている人が多いので傾向と対策を教えてくれますし、試験のリスニングで出題される英語はネイティブの人が話しますので、授業からネイティブの講師を選び本番の英語に慣れるようにしましょう。

またおすすめの学習方法は、以下の流れです。

STEP

「”iKnow!”で単語学習」

STEP


「苦手な英文法を無料教材で学習」

STEP

「日本人講師とTOEIC対策を学習」

STEP

「ネイティブ講師との会話でリスニング力アップ」

この流れで学習していけばかなり英語の実力はつきます。

無料で2回授業が受けられますので自分に合うのか一度確認してみてください。

\『DMM英会話』の無料体験はこちら/

EFイングリッシュライブ

EFイングリッシュトップ画像

【公式サイトへ】

あまり聴き馴染みがないかもしれませんが『EFイングリッシュライブ』は1965年に創業した歴史あるイー・エフ・エデュケーション・ファースト株式会社が手掛けるオンライン英会話です。

この会社自体は留学プログラムを提供していることで有名です。

世界中に3000人ものネイティブ講師が在籍しており、24時間利用することができるオンライン英会話スクールとして人気です。

くまくん

24時間いつでも利用できるってのはイイよね。

オンライン教材は「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)」に準拠し16段階のレベルに設定されています。
1レベル修了すると、修了認定の英語修了証が授与されます。

くまくん

へ~。終了証をもらえるんだ。

また、日本国内だけでなく海外でもEFイングリッシュライブのビジネス英語コースは社内教育の一環として利用されており、その実績は確かなものです。

くまくん

へ~、なんか安心して利用できそうだね。料金は?

料金について

料金設定は非常にシンプルで、コース料金『8,910円(税込)』のみです。


料金は?

  1. マンツーマンレッスン(1回20分・月8回)
  2. グループレッスン(1回45分・月30回)
  3. その他、オンライン教材使い放題、英文添削などを含み
  4. コース料金『8,910円(税込)』だけ

この料金以外には入会金や教材費などの費用は一切かかりません。

くまくん

結構、内容はボリューミーなのに結構安いね!

そうですよね。
本当にオンライン英会話は格安だと思います。

利用方法

今回は、大学受験のためのオンライン英会話利用ということでお話ししていますが、他にも目的や英会話レベルによって様々な利用方法があります。

  • 『キャリアアップのためのビジネス英語』
  • 『海外旅行のための旅行英語』
  • もちろん英検だけでなく『TOEFL対策やTOEIC対策』など

コースを自分の目的に応じて使い分けることができます

講師について

世界中に3,000人の講師が在籍しているEFイングリッシュライブでは、講師採用の際に厳しい採用基準があります。

  • 実習を受け、英語を教えることに熱意のある講師
  • ネイティブ、もしくは英語を第一言語として話すバイリンガル
  • 大卒者で英語教授の資格のTEFLや TKTと呼ばれる資格を保有している講師

これだけの基準を設けている所は少なく、他のオンライン英会話サービスとは一線を画していると言えるでしょう。
質の高いネイティブ講師の講義を24時間いつでも受講できるというのはメリットがありますね。

おすすめポイント

最も、おすすめできるポイントは前述のとおり『本格的なTOEIC対策コースがある』ところです。

料金は他のコースと変わりません。

料金 8,910円(税込)
授業回数 マンツーマンレッスン(月8回・各20分)

グループレッスン  (月30回・各45分)

学習内容 目的に合わせて自由に選択

EFイングリッシュライブには、他のオンライン英会話では、あまり見かけない『リスニングだけでなくリーディングも含めた本格的なTOEIC対策コース』が用意されています。

学習の流れは以下のとおりです。

  1. レベルチェックテスト→目標点数を設定
  2. レベルチェックテストをもとに、マンツーマンで苦手分野を重点的に学習(全24ステップ)

オンライン英会話には英語が母国語ではない講師が多くいる所もありますが、ここではネイティブの講師がマンツーマンで指導してくれます。しかも授業後にはフィードバックを細かくしてくれるので、弱点克服を効率的にしてくことが可能です。

また、ほぼ毎日受けられるグループレッスンがあり、世界中のユーザーと交流できるのも魅力の一つですね。

TOEICコースだけでなく他のコースも含め、おすすめできるポイントは以下のとおりです。


ココがおすすめ①

  1. 質の良い講師陣の講義を24時間受講できる
  2. なのに、料金は『8,910円(税込)』だけ

この2つのポイントが魅力ですね。

EFイングリッシュライブで行われているレッスンは1日にトータル4,000時間以上と公表されています。

利用者は日本国内だけでなく、ヨーロッパ諸国・ブラジルなどの南米諸国・台湾などのアジア圏とさまざまです。
ループレッスンではそういった国際的な人々とともにレッスンを受けることができるというのもメリットです。

ココがおすすめ②

  1. 世界中の人達と共にグループレッスンを受講できる。

まぁ、これに関しては人によって好き嫌いがあると思いますが、物は試しで『考え方を変えるつもり』でトライしても良いのではないでしょうか。

また、利用者の満足度が「98%」という圧倒的な数字となっているのも実績の証であると言えます。

これは英会話教育業界で50年以上の歴史を持つEFグループとして徹底したサービスが行われていることの証であるとも言えるでしょう。

無料体験では、

  • マンツーマンレッスン1回
  • グループレッスン3回

を受講することが可能です。
以下のリンクから公式サイトへ飛べますので、無料体験を受けてみてはいかがでしょうか?

\『EFイングリッシュライブ』の無料体験はこちら/

最後に

今回は『英会話がTOEIC学習に効果が理由』と『おすすめの英会話サービスを3社』紹介しました。

TOEICの高点数を持っていると『就活』など様々な場面で高評価されます。
それは、点数が高いと『話す力』があると判断されるからです。

ところが残念なことに『TOEICの点数が高い=英語が話せる』では決してありません。

正直な話をすると、僕がTOEIC860点を取った時には話す力が全く身についていなかったので、仕方なく英会話に通い始めたくらいです。

英会話はTOEIC対策に非常に有効な手段ですし、加えて将来を考えた時に必要な会話力も身につきます。
スピーキング力やリスニング力を鍛えれば、TOEICで高得点をとれる力が必ず付きます。

そして、今回の記事で解説した通り、オンライン英会話は英会話の中でも

  1. リーズナブルで
  2. 場所や時間に縛られず利便性が高く
  3. その2つを兼ね揃えていることで継続することができる

とても魅力的なサービスです。

何度も言いますが『英語学習は継続が大切』です。
今回おすすめしたオンライン英会話3社を参考にTOEIC学習頑張っていきましょう。


オンライン英会話サービス おすすめ3選

  1. オンライン英会話【NativeCamp】=『月々定額で24時間無制限レッスン』
  2. DMM英会話=『幅広い講師層・独自システムレッスン・低価格』
  3. EFイングリッシュライブ=『講師の質の良さ・24時間受講可能・料金は定額8,910円(税込)』

■関連記事群■

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる