受験(受検)年1年間の生活

5年生の夏にN能研からEゼミナールに転塾し、すぐに夏期講習が始まり、夏休み明けから通常授業が始まりました。

初めは戸惑っていたものの、元々こちらの環境が性に合っていたため(やはり塾選びは大事です)集中して勉強できるようになりました。

5年の冬休みに冬期講習があり、その後1月が過ぎ。2月。
2月から6年生の講義が始まります。

私立受験メインで考えている場合、ココから一気に勉強量が増していきます。
志望校によって覚える領域が多岐に渡っていきます。
もう日々勉強漬けです。
公立一貫校メインの子は基本的に教科書範囲内しか試験にでません。
ただし問題は難解で解答を導くまでのプロセスが大事になってきます。
どの道を行けばキレイに、また短時間で解答までたどり着くか。ヒラメキが重要になってきます。
ですから、この段階ではそこまでボリューミーではありません。 >>>(続きを読む)>>>