生活・子育て

就学時健診のお知らせと3つのチェックポイント

区から就学時健診のお知らせが届きました。

これが届くと「我が子もいよいよ小学校入学か~」嬉しいような寂しいような気持ちになりますね。

私の住む地区の就学時健診日は今年は11月1日という事で今日奥さんが僕の代わりに行ってくれています。

さて、具合的にどんなお知らせが届くのでしょうか?

就学時健康診断通知書

片面がコレです。

 

チェックポイント(1)
持ち物を確認しましょう。

・就学時健康診断通知書
この書類です。必須ですね。

・上履き
自分の分とお子さんの分を持っていきましょう。
自分の分は忘れないと思いますが、お子さんの分を忘れやすいので注意しましょう!

・靴入れ
これも忘れると大変です。
大きめのスーパーのレジ袋でもよいと思います。
持っていくようにしましょう。

・母子手帳
コレです。コレ、コレ。
母子手帳が必要なんですね。
これ忘れやすいですので、しっかり覚えておきましょう。
中身もチラッと確認しておいた方が良いでしょう。
真っ白だとちょっとハズカシイかもしれないので。

・筆記用具
常識ですが念のため。
ボールペンは持っていきましょう。

もう片面はこんな感じです。

チェックポイント(2)
・実施場所、実施日、受付時間
お子さんの通う事になる小学校でやる事が多いです。
当日は多くの方々がいらっしゃると思うので時間厳守で余裕を持って行動しましょう。

・主な既往症、受けた予防接種の種類
キチンと正確に記入しましょう。
予防接種に関しては、母子手帳と照らし合わせながら確認すると分かりやすいですよ!

 

おすすめ

『評判の良い学校ってどこだろう?』

志望校・併願校選びは難しいですよね?
その気持ちよく分かります。
では、無料で『プロ』に相談してみてはいかがでしょうか?

志望校・併願校選びに失敗したくないあなただけ読み進めてくださいね。

■詳細はコチラ>>

志願校・併願校選びは難しいですよね。
塾や自分たちだけでなく第3者の意見も聞いてみると新しい『気づき』があるかもしれません。

オンライン家庭教師のNetty(ネッティ)では、無料体験授業を受講する際、希望すれば経験豊富なプロの学習プランナーが志望校選びの相談にものってくれます。

集団塾以外に第三者の視点で話がきける機会も滅多にありません。
『集団塾で相談し決めた志望校・併願校選びは間違いないか?』
セカンドオピニオンという意味でも意味があります。

無料ですので利用しない手はありません。
実際、このサイトから毎月数十名の方が申し込みをされています。
もったいないので是非利用してみてください。

それだけでなく、ネッティでは、お子さんの現状を明確に把握・分析し、苦手や成績が上がらなかった理由やどのようにすれば成績が上がるのかなど効果的な学習方法もアドバイスしてくれます。

何度も言いますが、志望校相談・体験授業ともに無料です。
(無料体験後、過剰な勧誘をするような会社ではありませんので安心して利用してみて下さいね)

公式サイトから『無料体験授業』をクリック⇒各種項目を入力して『お問い合わせ内容』欄『無料体験授業と志望校相談希望』と書いてお申込みください。

>>>■インターネット家庭教師Netty公式サイトへ■

\無料体験だけでなく、志望校相談・学習相談も可!/

同封されている書類もくまなくチェックしよう!

目黒区の場合、いくつかの書類が同封されていました。
他の地域では、就学時健診の際に渡されたりするそうです。

1)指定校変更に関する書類

地域によりますが、理由や希望によって指定校から変更できる制度があります。

2)国立・私立小学校受験する家庭へのお願い

平たく言うと、

「区立小学校へ入学する人数を固めたいので、私立・国立に行かれる方は早めに教えてね」

っていう書類です。

3)学童保育クラブの利用案内

ウチにとって、コレは重要です。

学童に関しては別途記事にしようと思います。
目黒区は基本¥8,000-ですね。

スポンサーリンク

最後に

最後になりましたが、

チェックポイント(3)面倒くさいかもしれないけど、全ての書類をくまなく舐めるように読んで、しっかり頭に叩き込もう。

コレに尽きます。

自分の子供の事ですので、知らなかったじゃ済まされません。
届いたモノは、すぐに開封し、くまなく確認し、分からない事は即座に問い合わせし、予定を組みましょう。

奥さんから連絡がありましたが、今日の健診も30人近い人が並んでいたそうです。
皆さん、鬼気迫る勢いです。

同じようにしたほうがよい。とは思いませんが、あなたもできるだけ早め早めに対応したほうが良いでしょう。

これは目黒区のケースですので、細かな事は住んでいる地域によって異なると思います。
気になったら、すぐ住んでいる地域の役所に問い合わせしましょう。

それからそれから

就学時健診に行ってきて、その報告を奥さんから聞きました。

午後1:00に行った所、すでに30人くらい先に並んでいたそうです。(この時点でげんなり....)

受付を済ませ親子で

視力検査 ---> 聴力検査 ---> 鼻の検査 ---> 歯科検診 ---> 言語の検査などなど

を受けて、その後5年生のお姉さんに連れられて子供だけで別の検査へ。
親は体育館で待機、それと軽い説明会など。

子供だけの検査というのは、いわゆる知能検査のようなもので、

「ミカンはどっちのほうが多い」
「どちらの鉛筆が長い」

などなど聞かれたようです。

結局、120家庭くらい集まって、17:00頃までかかったようです。(汗)

子育ては大変ですね。

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-生活・子育て