私立か?公立中高一貫か?

前回、受験に関わるお金に関して書きました。

4~6年の塾代3年間で¥2,250,000-
私立中学の初年度総額約¥1,280,000-

高いです…..莫大な金額です。
大した事ないじゃないかっという裕福なご家庭もあるとは思いますが、少なくとも我が家にとっては国家予算並みの莫大な金額です。

ちなみに私は中小企業に勤める普通のサラリーマンです。
お小遣いは1ヶ月3~4万円。昼食代込です。

そんなサラリーマン家庭がなぜに子供を私立中学に入学することになったのか?
それにはいろいろと事情があるわけです。
詳しい事はまだ機会があったら書こうと思います。

とにかく、日々の生活でさえ四苦八苦しているリーマン家庭の我が家が最初から私立中学を目標にするわけがありません。

我が家の目標は公立中高一貫校でした。

スポンサーリンク



公立中高一貫校ってなに?

前々回の記事でN能研の先生にいくつか私立中学をピックアップしていただいた事を書いたと思います。

そして嫁と共に各学校のホームページをチェックしました。

う~~ん。高い。

何度も言いますが、私立中学ですから高いです。
莫大な学費が必要です。

何か無いのか?ウチでも無理なく通わせられる受験校は。

そこで初めて中学受験に関して細かく調べ始めたといってもいいでしょう。

そして調べていくうちに受験には大きくいって二つの方向があるということが分かったのです。

一つが私立中学校受験です。

そしてももう一つが公立中高一貫校受検です。

えっ?なにそれ?

って方いらっしゃるかもしれません。

そうですね。
まだ中学受験初心者の方はそういう方もいらっしゃって当たり前です。
私もそうでしたから。

中学受験をする時、その一番のメリットしてあげられることが「中高一貫教育」ということになると思います。
これは通常の公立中学と比較して言われることです。

通常の公立中学というのは皆さんご存知の通り3年間通うことになります。

3年の時に高校受験をして、その後高校生として3年間過ごすことになるわけです。

しかし大体の私立中学は中高一貫教育になります。

中学を3年間やった後は内部進学し、そのままその学校の高校過程に進む事になります。

つまり高校受験がありません。

そこがなんと言っても最大のメリットとなります。

受験勉強をせず、大学受験へ向けて6年間一貫したカリキュラムを組むことがきる。

ということです。
実際に中高一貫校というのは大体の場合、先取り学習を進めます。

大体、高校2年生の段階で高校3年生までの学習を終え残りの1年間を演習などの受験対策にまるまる使うことになります。

また、本人、親ともに高校受験をしなくて済むというのは精神的にも肉体的にもものすごく大きいと思います。
受験は1~2年前から準備をしなくてはなりませんからね。

とは言っても、私立中学は高い。

じゃ、どうしたらいいんだい?

お金はあまり掛けられないけど、子供に中高一貫の余裕のある教育を受けさせるためにはなにか方法はないのかい?

あります。

それが「公立中高一貫校」ということになります。

公立のいわゆる3年間の中学ではなく私立中学でもない。
公立の中高一貫校っていうのがあるんです。

以下のリンク先を参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%85%AC%E7%AB%8B%E4%B8%AD%E9%AB%98%E4%B8%80%E8%B2%AB%E6%A0%A1%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

これが2015年現在の全国の公立中高一貫校になります。
公立ですので中高ともに授業料は無償です。(これが大きい!)

ただし、誰がどう見ても魅力的ですから競争率も高いです。倍率も衝撃的な値です。

私は都内在住ですので参考のため、とりあえず都内の公立中高一貫校名と2015年の倍率を以下のとおりピックアップしました。

小石川中等教育学校<2015年倍率….5.19>
白鴎高等学校付属中学校<2015年倍率….6.47>
両国高等学校付属中学校<2015年倍率….8.32>
桜修館中等教育学校<2015年倍率….6.76>
富士高等学校付属中学校<2015年倍率….5.10>
大泉高等学校付属中学校<2015年倍率….7.18>
南多摩中等教育学校<2015年倍率….5.46>
立川国際中等教育学校<2015年倍率….6.19>
武蔵高等学校付属中学校<2015年倍率….4.64>
三鷹中等教育学校<2015年倍率….6.94>

2015年は平均倍率6.21ということで、6人に1人しか合格できないということになります。
私立と違って4科の学力検査を行うことができないので適性検査というテストで選抜を行います。

次回はこの適性検査についてです。

スポンサーリンク




フォローする