大学受験

GMARCH(ジーマーチ)・SMART(スマート)とは?2つの大学群を徹底解説

とうさん
大学の話をしていて、よく『じーまーち(GMARCH)』とか言ってる人いるでしょ?『じーまーち(GMARCH)』ってなに?

なるほど。
『じーまーち(GMARCH)』とは、先日解説した『そうけいじょうり(早慶上理)』同様に、大学群の事ですね。

先に結論をいってしまうと以下のとおりです。

GMARCHとは?

『ジーマーチ』=『GMARCH』で、対象とする大学の頭文字アルファベット1文字をとってそのように呼ばれている。

知っている人は、当たり前のように言ってしまうんですが、知らない人には『何のことやら?』って感じですよね。

『GMARCH』も『早慶上理』同様『大学群』のことで『偏差値の近い大学を集めて』分類しています。

とうさん
『群(むれ)』だから『大学群(だいがくぐん)』っていうんだったよね。

そういうことです。
関東にある私立大学の中で『偏差値最難関大学群』が『早慶上理』なわけですが、その次の『偏差値難関大学群』が『GMARCH』にあたります。

とうさん
最難関じゃなくて難関なのね。つまり2番手ってことか。

そういうことです。

昔は、関東の私立難関大学群といえば『GMARCH』だったんですが、最近では『SMART(スマート)』という新しい大学群も生まれました。

この記事では『GMARCH(ジーマーチ)』『SMART(スマート)』2つの大学群について詳しく解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • GMARCH(ジーマーチ)・SMART(スマート)2つの大学群について徹底解説

この記事の信頼性

Ryosuke

✓教育ブログ歴8年。月々100,000PV。 ✓8年間様々な受験情報・教育情報・学習サービスをみてきた筆者が経験をもとに解説していきます。 ✓『中学受験のアレコレ・メルマガ版』スタートしました。もちろん無料です。ぜひご登録ください。

おすすめ

高校受験・大学受験になると中学受験のように『手取り足取り教えてもらう』という感じではなく、

  • 自学して分からないところを教えてもらったり、勉強している方向が合っているか伴走してもらう

いわゆる「コーチング」的な塾の利用方法が最適です。

そこで、当サイトがおすすめしているのが『東大毎日塾』です。

解説を読んでいただければ一度無料体験授業を試してみたくなると思います。

  • どうも成績が伸びない
  • 勉強のやり方・方向を導いてほしい

お子さんのそんな悩みをお持ちのあなたは、是非一度利用してみてください。

■東大毎日塾の無料体験はコチラ>>

\今なら11,000円分の特典あり/

■東大毎日塾の無料体験はコチラ>>

\気軽に問合せできる/

東大毎日塾へLINE相談

定期的なメッセージ配信や営業はありません

GMARCH(ジーマーチ)・SMART(スマート)とは?2つの大学群を徹底解説

まずは、GMARCHの解説をします。

GMARCH(ジーマーチ)とは?

冒頭で書いた通り、GMARCHとは以下のとおりです。

GMARCHとは?

『ジーマーチ』=『GMARCH』で、対象とする大学の頭文字アルファベット1文字をとってそのように呼ばれている。

正直なところ、この大学群に関しても、どの学校も有名すぎて詳しく説明するもへったくれもないですが、ザックリいうと偏差値的に関東圏の私立大学難関校に位置する大学群です。

簡単な表にまとめました。

明治大学

大学名明治大学
偏差値(概算)(※河合塾偏差値)57.5~65
所在地(※代表)〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1丁目1
URL https://www.meiji.ac.jp/
概要1881年に岸本辰雄、宮城浩蔵、矢代操らフランス法の自由民権思想を学んだ青年法律家らによって創設されました。
早慶上理につぐ難関大学群『GMARCH』のトップランナーとして近年人気が高いです。
昔の明治といえば『バンカラ』で男らしいイメージでしたが、最近はそんなイメージはなくなりましたね

明治大に合格したい!

『どうしても明治大合格したい!』
そんなあなたには、明治大学特化した対策で合格率85%を記録した『メイパス』をおすすめします。
とりあえず無料説明会・無料受験相談を受けてみてください。
公式サイト⇒LINE登録⇒応募フォームから申し込みできます。

無料なので気軽に申し込んでみてください。

■MEI-PASSの無料受験相談申し込みはコチラ>>

青山学院大学

大学名青山学院大学
偏差値(概算)(※河合塾偏差値)57.5~65
所在地(※代表)〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4丁目4-25
URL https://www.aoyama.ac.jp/
概要アメリカ人宣教師によって建てられた3つの学校が統合され前身である『東京英和学校』が設立されました。
そういう背景から青山学院はミッション系の大学ということになりますね。
明治と対照的に、青山といえばチャラチャラした『軽い』イメージとされることが多かったですが、近年良い成績をあげていることもあり『駅伝の青山学院』というイメージが定着してきました。
軽いイメージと反して、非常に偏差値も高く、難易度の高い学校です。

青学に合格したい!

『どうしても青山学院大合格したい!』
そんなあなたには、青山学院大特化した対策で合格率82%を記録した『アオパス』をおすすめします。
とりあえず無料説明会・無料受験相談を受けてみてください。
公式サイト⇒LINE登録⇒応募フォームから申し込みできます。

無料なので気軽に申し込んでみてください。

■AO-PASSの無料受験相談申し込みはコチラ>>

立教大学

大学名立教大学
偏差値(概算)(※河合塾偏差値)57.5~65
所在地(※代表)〒171-8501 東京都豊島区西池袋3丁目34-1
URLhttps://www.rikkyo.ac.jp/
概要米国聖公会の宣教師チャニング・ウィリアムズ主教が設立した聖書と洋学を教育する私塾である立教学校が母体のミッション系大学です。
かなりステレオタイプなイメージですが、立教といえば、ミスタージャイアンツ長嶋茂雄さんの母校というイメージを持たれる方も多いと思います。
勉強面ではミッション系ということもあり留学生の受け入れ、英語教育に力を入れてきた歴史があります。

立教大に合格したい!

『どうしても立教大合格したい!』
そんなあなたには、立教大特化した対策で合格率80%を記録した『リキョパスをおすすめします。
とりあえず無料説明会・無料受験相談を受けてみてください。
公式サイト⇒LINE登録⇒応募フォームから申し込みできます。

無料なので気軽に申し込んでみてください。

■RIKYO-PASSの無料受験相談申し込みはコチラ>>

中央大学

大学名 中央大学
偏差値(概算)(※河合塾偏差値)57.5~62.5
所在地(※代表)東京都八王子市東中野742-1
URLhttps://www.chuo-u.ac.jp/
概要1885年7月8日に増島六一郎、菊池武夫、穂積陳重、藤田隆三郎ら18人の法律家により英吉利法律学校として設立されました。
そういった背景もあってか、中央大学といえば花形は『法学部』というイメージです。
実際に、司法試験、 司法書士試験、 国家公務員総合職採用試験などの難関国家試験のランキングも上位に食い込む大学です。

中央大に合格したい!

『どうしても中央大合格したい!』
そんなあなたには、中央大特化した対策で合格率82%を記録した『チュウパス』をおすすめします。
とりあえず無料説明会・無料受験相談を受けてみてください。
公式サイト⇒LINE登録⇒応募フォームから申し込みできます。

無料なので気軽に申し込んでみてください。

■CHU-PASSの無料受験相談申し込みはコチラ>>

法政大学

大学名法政大学
偏差値(概算)(※河合塾偏差値)57.5~62.5
所在地(※代表) 東京都千代田区富士見2-17-1
URLhttps://www.hosei.ac.jp/
概要1880年4月設立の東京法学社(のち東京法学校) と1886年設立の東京仏学校を前身とする大学です。
大学名・設立背景からみてもお分かりの通り法学校としてのイメージが強いです。
近年、一般入試の志願者数ランキングではトップで、とても人気の高い大学です。

法政大に合格したい!

『どうしても法政大合格したい!』
そんなあなたには、法政大特化した対策で合格率80%を記録した『ホウパス』をおすすめします。
とりあえず無料説明会・無料受験相談を受けてみてください。
公式サイト⇒LINE登録⇒応募フォームから申し込みできます。

無料なので気軽に申し込んでみてください。

■HO-PASSの無料受験相談申し込みはコチラ>>

学習院大学

大学名学習院大学
偏差値(概算)(※河合塾偏差値)57.5~60.00
所在地(※代表)〒171-8588 東京都豊島区目白1丁目5-1
URLhttps://www.gakushuin.ac.jp/
概要1847年(弘化4年)に京都御所で開講された学習所を起源とし、明治時代初期、1877年(明治10年)に皇族・華族のための教育機関としてあらためて開校された学校です。
新制大学としての学習院大学の開校は第二次世界大戦後の1949年(昭和24年)となります。
云わずと知れた、多くの皇族の皆様が通われた学校です。
そのイメージが強いので、この大学群の中でも一線を画す感じです。
教員や研究者を多く輩出している大学ですね。

大学の場合、学部によって偏差値に差があるのと、偏差値自体も進研・河合塾・駿台・東進など公表している予備校によってかなり差があるので一概には言えません。

できるだけ一般的な数字ってことで、ここでは河合塾の偏差値を参考にしています。

とうさん
GMARCHは、偏差値50後半から60前半オーバーの難関大学群ってことだね。

そうですね。
何度も申し上げるとおり、このGMARCHは、日本の私立大学の中では難関校大学群と言っていいと思います。

学習院大に合格したい!

『どうしても学習院大合格したい!』
そんなあなたには、学習院大特化した対策で合格率86%を記録した『ガクパス』をおすすめします。
とりあえず無料説明会・無料受験相談を受けてみてください。
公式サイト⇒LINE登録⇒応募フォームから申し込みできます。

無料なので気軽に申し込んでみてくださいね。

■GAKU-PASSの無料受験相談申し込みはコチラ>>

おすすめ

この記事では東大生・早慶大生中学受験~大学受験までの体験記を紹介しています。

超難関を突破してきた方々が、どのような小中高を過ごしてきたか

よろしければ、参考にしてみてください。

■ぼくらの合格体験記を読む>>

おすすめ!

大手予備校利用を考えているあなた。

河合塾の入塾料を免除にするお得な方法があります。

河合塾が運営している映像授業サービス『河合塾One』を利用すれば、今なら河合塾入塾金が免除になります。

河合塾Oneは、いわゆるスマホ・タブレットを使って隙間時間に勉強ができるツールです。(スタディサプリのような感じです)

河合塾One自体も、ほとんどの科目を月額4,000円程度で学習し放題のメチャメチャコスパの良いサービスなのですが、コレを利用するだけで入塾料が無料になるわけです。

正直、入塾金もバカになりません。
大学受験科(既卒生)の場合、入塾金だけで100,000円ですからね。

『河合塾Oneを利用していれば免除になる』わけですから、河合塾への入塾を考えている場合、先に河合塾Oneを利用しておいて、そのあと河合塾に入塾すれば入塾金分を無料で利用できることになりますし、入塾金免除を目的として利用しても十分元が取れます。(2022年4月現在)

申し込まない理由がないって感じですね。

河合塾Oneは無料体験を7日間利用できます。

いきなり本利用するのは不安だと思いますので、まずは無料体験を申し込んでみてください。

無料体験は公式サイトから。

\無料体験申し込みはこちら/

河合塾one公式サイトへ

SMART(スマート)とは?

次に、SMART(スマート)についてです。

SMARTは近年、新たに生まれた関東難関私立大学群の事です。

具体的にいうと以下の5つの大学です。

SMARTとは?

『スマート』=『SMART』で、対象とする大学の頭文字アルファベット1文字をとってそのように呼ばれている。

  • 『S』=上智大学(Sophiaだからです)
  • 『M』=明治大学
  • 『A』=青山学院大学
  • 『R』=立教大学
  • 『T』=東京理科大学

GMARCHは、誕生して数十年経つ大学群です。

この間に、各学校の偏差値変化が出てきました。
GMARCHの上位である明治・青山学院大学・立教と、残り3校に開きができ、『早慶上理』の『上理』と偏差値的に近づいたことで新たな大学群が生まれました。

それが『SMART(スマート)』です。

とはいえ、GMARCH・SMARCHに含まれる大学は、どの学校も有名ですし偏差値的にそれほど開きはありません。
全校ともに関東圏の私立大学難関校に位置する大学といえるでしょう。

前項でGMARCH各校の説明はしましたので、『上智大学』『東京理科大学』の2校だけ以下の表にまとめます。

上智大学

大学名上智大学
偏差値(概算)(※河合塾偏差値)62~67.5
所在地(※代表)〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
URLhttps://www.sophia.ac.jp/
概要キリスト教カトリック修道会イエズス会が創立した日本最高峰のミッション系大学です。
語学教育を重視しており、留学生も多く国際色豊かな学風です。
入試に関しても、英語はかなり特殊で難易度が高いとされています。

東京理科大学

大学名東京理科大学
偏差値(概算)(※河合塾偏差値)57~63
所在地(※代表)〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1丁目3
URLhttps://www.tus.ac.jp/
概要東京物理学校を主な前身として設立された理工系総合大学です。
理系の私立大学としては最古参の学校です。
理系私立大学としては最難関校であり、これまた数多くの著名人を輩出しています。
『Times Higher Education』による「世界的大企業のCEO輩出数ランキング」では、京都大学、東京大学に続き、日本の大学では3位となっており、私立大学では1位です。

ちなみに我が家の長男は、立教大学に通っています。

備忘録的に高校から大学受験までの偏差値をまとめていますのでご興味のある方は、以下の関連記事をチェックしてみてください。

おすすめ

『坪田塾』は『ビリギャル』の著者、坪田信貴さんが塾長を務める中学~高校、高卒生向けの個別指導塾です。

坪田塾の魅力はビリギャルでも証明された坪田さんの学習ノウハウと、価格の安さにあります。
塾選びに悩んでいるなら、一度検討してみてはいかがでしょうか?

>>>■坪田塾公式サイトへ■

\無料説明会の申し込みはこちら/

>>>■坪田塾公式サイトへ■

おすすめ

個別教室のトライでは様々なキャンペーンを実施中。
詳しくは資料を確認してみてくださいね。
無料で資料請求できます!

一切、損がないので利用しない理由がないですね。

\無料資料請求はコチラ/

■トライの公式サイトへ■

体験授業はハードルが高い。
まずは資料請求を

最後に

今回は、難関私立大学群『GMARCH』『SMART』の解説をしました。

とうさん
なるほど。よく分かったよ。

このブログにいらっしゃる方は、中学受験を考えてらっしゃる家庭の保護者の皆さんが多いと思います。
東京で中学受験を考えているのであれば、中高を終えて大学進学となった場合、私立大学に進まれるなら、少なくともこのレベルの大学には進学したいと思われるご家庭が多いんじゃないでしょうか。

  • 「中高一貫校に入学すれば、塾や予備校に行かなくても早慶上理ICU・GMARCHくらいは行けるだろう
  • 「東大とか難関国立大に行くわけじゃないし、塾とか予備校には行かせなくても良いかな?

そう思ってらっしゃる方もいらっしゃいますよね。

しかし、大学生の子どもを持つ親の経験から申し上げると、それは大きな間違いです。

塾や予備校を利用せずに、このレベルの大学の合格を勝ち取ることは、雪山を軽装で登らせるようなものと考えて間違いないです。

この大学群に限らず「日東駒専」のように一般的に『中堅校』といわれる大学群であったとしても、合格を掴み取るのはとても難しいです。

塾や予備校を利用し、それぞれの大学の対策を打ったり勉強方法や大学受験に関する有益な情報を手に入れることがとても大切になります。

状況を甘く見ず、しっかり対策することをおすすめします。

大学受験といえば『駿台・河合・東進・代ゼミ』の4校が大手予備校です。

だいたいの方は、この4校のいずれかを利用するんじゃないかと思います。

しかし『各校どんな特徴があるのか?』いまいち分からないですよね。

そこで、以下の記事では大手4校の特徴やザクっとした料金を比較しています。

大学受験を控えていらっしゃるならば、間違いなく参考になると思いますので一度チェックしてみてください。

一方で「大手予備校を利用すれば学力が伸びるか」といえば、そんなことはありません。

  • 予備校でライバルたちと競いながら勉強を進めるほうが合うタイプもいれば
  • ライバルたちを気にせず1人でコツコツマイペースに勉強を進めるほうが合うタイプもいます。

お子さんのタイプに合わせて予備校・塾を選択したほうが良いということですね。

特に高校受験・大学受験になると中学受験のように『手取り足取り教えてもらう』という感じではなく、

  • 基本的には自学して分からないところを教えてもらったり勉強している方向があっているのか伴走してもらう

そんな塾・予備校の使い方になると思います。
いわゆる「コーチング」という教え方ですね。

そして、コーチング指導をしてくれる塾として当サイトでは『東大毎日塾』をおすすめしています。

東大毎日塾では、

  • プランニング・・・生徒1人1人の学習計画を提案してくれて、日々なにをすべきか明確にしてくれます。
  • コーチング・・・生徒1人1人がプラン通り学習を進められているか、日々の声掛けなど管理をしてくれます。
  • ティーチング・・・分からないところがあったら24時間チャットで質問できます。

を3つの柱に指導してくれます。

しかも講師は、難関を突破してきた東大生です。
彼ら自身の経験、やってきたノウハウをもとに指導してくれますので安心です。

料金的にコスパの良い家庭教師サービスは多数ありますが、東大毎日塾は通常の家庭教師とは一線を画すものですね。

簡単に言えば東大毎日塾は『東大生がベタ付きで学習指導』してくれる塾です。

代表の内田さんにお会いして詳しく塾の内容を教えていただきましたが、かなり親身になって伴走してくれるサービス内容であることは間違いありません。

  • どうも成績が伸びない
  • 勉強のやり方・方向を導いてほしい

という中高生には、ぜひ無料体験授業を受講していただきたい。

14日間無料体験できますので、お子さんの性格に合わなければストップしてしまって問題ありません。
性格に合っていそうなら、ぜひ継続利用してみてください。

代表の方の人柄は間違いなく良いですので、しつこい勧誘などはありませんから安心して無料体験を利用してみてください。

個人的な見解ですが、本来であればガンガン利用されてよいサービス内容であるはずなのに

  • 運営会社がまだまだ小規模であること
  • 東大生講師という敷居の高さ
  • コーチングというサービスがまだまだ一般的でない
  • 料金が大手家庭教師サービスのように安価でないこと

この辺の理由で、利用者数が爆増していないのだと考えています。

利用してもらえれば、良さを実感していただけると思います。

一切、損がありませんので一度無料体験を利用してみてはいかがでしょうか?

■東大毎日塾の無料体験はコチラ>>

\今なら11,000円分の特典あり/

■東大毎日塾の無料体験はコチラ>>

\気軽に問合せできる/

東大毎日塾へLINE相談

定期的なメッセージ配信や営業はありません

大学群紹介ページ

関西圏の中学受験なら!

関西圏で中学受験といえば、毎年、灘中・高進学実績No.1『浜学園』ですね。
もちろん、灘だけでなく名門校への進学実績も抜群です。

無料資料請求ができますので資料だけでも目を通してみてはいかがでしょうか?

公式サイトから請求できます。

>>■浜学園公式サイトはこちらから■

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-大学受験
-,