意外なクレーム対処法

こんにちは。
亮介です。

先日、会社に着くや否や奥さんから突然LINEが入りました。
このタイミングで入るLINEメッセージにロクな事はありません。

「大変!トイレから水漏れしてる!」

ほらっ。ねっ。
ロクな事ない。
状況が短文でズラズラと入ってきます。
まとめると。

  • トイレのタンク下からポタポタと水が垂れる。
  • 朝、トイレ床を見たら一面プールのようになっていてバスタオルで拭いてバケツを置いた。
  • 出勤時間になってしまったので、そのまま家を出た。
  • リクシルのメンテランスに電話してほしい。
  • 今日中になんとかしないとヤバい。
  • 今日の18:00以降に来てくれるように交渉してくれ。

ざっとこのような事です。
あ~…..とりあえず止水栓を締めてもらえると助かったんだが….。
状況によってはポタポタ落ち続けて、バケツから溢れちゃうんだよな….。
まぁ、そこまで求めるのは無理か。

ということで、リクシルのメンテランスに電話して今日中に来てくれるように要請。

見つかり次第、エリア担当の人が直接電話をくれるとの事で電話を切りました。

……….が!
2時間経っても、4時間経っても連絡が来ず…..。
朝一電話して午後になってしまいました。

さすがにシビレを切らして、午後一に再度電話。

「本日伺えるものが、まだ見つかっておらずエリアを拡大して確認中ですのでお待ちください」

とのこと。

別に何時までに来いと縛っているわけでもないですし、18:00以降だったら何時でもいいので緊急事態だから来てほしいって言ってる訳なんで、誰かいてもイイもんですよね。
18:00までに来いって言ってる訳じゃなくて、18:00以降ならいつでもイイっていってるんですから。
ちょっと怒り気味で交渉をして電話を切りました。

……….が!
そこからまたまた2時間経っても、3時間経っても連絡がきません…..。
どうなってんだよ…..。

ってことで16:00再度電話です。
今度はハナッからクレーム気味に電話です。

「申し訳ありません。まだ見つかっていないんです。見つかり次第ご連絡いたしますから」

とのこと。
見つからないまま、本日の営業を終了されては困りますので、再度その旨を伝えます。

全く…..。
1人、2人しかエリア担当者がいないんでしょうか?
こんな事なら別の修理業者に依頼すればよかったです。
さすがに朝連絡すればどこかしらは来てくれるでしょうから。

下手したら、今頃我が家のトイレはプールになっているかもしれません。
階下に水漏れしているかもしれません。

イライラしながら、1時間くらい待っていると電話が鳴りました。

「お待たせして申し訳ありません。やっと伺えそうな者が見つかりましたので」

「そうですか。ありがとうございます」

ハッキリ不機嫌そうな声で応答しました。

「では、本日18:00~18:30頃に伺うことになると思います。
 伺える者がまだ流動的でして、

小堺という者か、関根という者が伺わせていただきます」

小堺?関根?

「…….こっ、コサキンって事ですか?」

「…….あっ、そういえばそうですね…..」

電話口で二人で大爆笑してしまいました。
怒っていたことも忘れてしまいました。

スポンサーリンク



こんな偶然あるのか?っていう。
あとから考えれば、まさかコレってこのオペレーターの方のテクニックだったりして?
怒ってる客の時には使ってるみたいな。

んなわけないですよね。
人によっては、怒りを増幅しかねないです。

結局、その夜我が家には「小堺さん」がいらっしゃいました。

面白い出来事でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください