埼玉県公立中高一貫校2020年大学合格実績 記事No.151~200まで

埼玉県公立中高一貫校2020年大学合格実績まとめ

Ryosuke

Ryosuke

管理人のリョウスケといいます。 東京都在住40代です。 2015年に子供が中学受験(受検)をした事をキッカケにブログを始めました。それ以降、中学受験関連の情報を集め、その経験・データを元に中学受験、高校・大学受験、子育ての話などを記事にしています。 サイト運営5年。月々58,000PV突破。ありがとうございます。

スポンサーリンク

埼玉県公立中高一貫校2020年の大学進学実績をまとめていきます。

ここまで東京・千葉と各学校ごとにまとめてきましたが、このままやっていくと途方もないので、埼玉分からは県内全校まとめて表にしていこうと思います。

伊奈学園の卒業人数が分からなかったので、昨年の卒業人数をそのままスライドしてあります。
割合を出したりしてるんで、正直、表の内容からすると致命的な欠陥ではあるんですが、まぁそれだけのために作った表を出さないのも勿体ないって事で、その点を踏まえ、参考程度に、ご覧いただけるとありがたいです。

また、国立は『主要国立大の実績』ですので、お間違えのないようお願いいたします。

埼玉県公立中高一貫校2020年大学合格実績まとめ

以下、埼玉県公立中高一貫校2020年の大学合格実績をまとめた表になります。

 

とうさん
今年の埼玉はどうかな?

大宮国際は、まだ開校したばかりなので実績はありません。
今回は、2校分だけになりますね。
ざっと比べてみると、2校ともに大体昨年並み。

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



東大合格数、主要国立大合格数は?

では、見ていきましょう。

埼玉県公立中高一貫校2校の2020年東大合格数

  1. さいたま市立浦和・・・1名(現役)
  2. 県立伊奈学園・・・0名(現役)

■トータル■・・・1名

今年は1名合格者が出ています。(現役で集計しています)

ちなみに埼玉にはトップ校、県立浦和高校(中高一貫はさいたま市立浦和です)があります。
県立浦和の2020年東大合格者数は現役15名ですので、公立中高一貫校との間には結構実力差があると言えるでしょう。

他にも

埼玉の高校の2020年東大合格数

  1. 県立浦和・・・15名
  2. 栄東高校・・・9名
  3. 県立大宮・・・8名
  4. 開智高校・・・8名
  5. 県立春日部・・・3名

と東大合格を上げている公私立高校が多数あります。

続いて、主要国立大の実績です。

埼玉県公立中高一貫校2校の2020年主要国立大合格数数

  1. さいたま市立浦和・・・70名(現役)
  2. 県立伊奈学園・・・26名(現役)

■トータル■・・・96名

浦和の主要国立大の合格数は70名。
昨年が65名でしたので、若干名アップしています。
学校の位置の関係だと思うのですが、千葉大・筑波大へ合格者数がとても多いですね。

伊奈学園も昨年20名から今年は26名と若干アップです。

卒業人数に対する主要国立大合格数の割合は、以下のとおりです。

卒業人数に対する主要国立大合格数の割合

  1. さいたま市立浦和・・・21.6%
  2. 県立伊奈学園・・・3.3%

■トータル■・・・8.6%

国立大の場合、私立と違い基本的に1校しか受験できませんので、ほぼほぼ実際の数字になるのではないかと思います。
市立浦和は、生徒数の21.6%が国立大への合格を獲得しているということですね。

21.6%は、素晴らしい実績ですね。
公立中高一貫校⇒国立大学進学ということで、とても親孝行な数字です。

スポンサーリンク



早慶上理、GMARCHの合格数は?

まず、早慶上理の実績です。

埼玉県公立中高一貫校2校の2020年早慶上理合格数

  1. さいたま市立浦和・・・93名(現役)
  2. 県立伊奈学園・・・30名(現役)

■トータル■・・・123名

市立浦和は卒業人数324名なので、1/3理論で考えた場合、上位10%くらいで早慶上理の合格を獲得していると考えられます。

主要国立大の合格率が21.6%なので、早慶上理の割合の方が少ないですね。
そう考えると、浦和の場合、上位1~2割に入っていれば国立か早慶上理には合格できるのではないかと推測できます。

伊奈学園は30名。
1/3理論で考えた場合、卒業数が800名弱なので、1%ちょっとです。
伊奈に関しては、上位1~3%以内に入っていれば主要国立・早慶上理以上に合格できるのではないかと推測できます。

埼玉県トータルでは、123名で11.0%です。

続いてGMARCHは、以下の通りです。

埼玉県公立中高一貫校2校の2020年GMARCH合格数

  1. さいたま市立浦和・・・308名(現役)
  2. 県立伊奈学園・・・130名(現役)

■トータル■・・・438名

GMARCHになるとドバっと数が増えますね。
この2校のボリュームゾーンはこの辺になるということだと思います。

続いて、早慶上理+GMARCHの合計数です。

埼玉県公立中高一貫校2校の2020年早慶上理+GMARCH合格数

  1. さいたま市立浦和・・・401名(現役)
  2. 県立伊奈学園・・・160名(現役)

■トータル■・・・561名

いつものように1/3理論で考えた場合、

私立大学合格数を1/3で考えた場合?

  1. さいたま市立浦和・・・133名(現役)
  2. 県立伊奈学園・・・53名(現役)

1/3理論で考えると各校この人数が、早慶上理GMARCH以上の私立大学合格を獲得していることになります。
幅はありますが、生徒数に対して、浦和=40%、伊奈=6%がGMARCH以上の合格を獲得していると想定されます。

最後に

最後に総合計(主要国立+早慶上理+GMARCH)を見てみます。

2020年合計(主要国立+早慶上理+GMARCH)

  1. さいたま市立浦和・・・471名(現役)
  2. 県立伊奈学園・・・186名(現役)

■トータル■・・・657名

主要国立と主要私立大を、足し算しただけの合計なので、なんの参考にもなりませんが一応やっておきます。

トータルで見てみるとGMARCH以上にこれだけの合格を出すわけですから立派なもんです。
浦和に関しては、生徒数に対する合格の割合が145.4%ですからね。

前述しましたが、埼玉には中高一貫ではない公立の名門高校・私立中高一貫校が数多くあります。
公立中高一貫校も、それに届く伸びしろをまだまだ持っているのではないかと考えられます。

また、もう少し先の話になりますが、大宮国際の実績も上がってくるでしょうし、埼玉の公立中高一貫校もまだまだ人気が上がりそうです。

しっかり対策をして臨む必要があります。

おすすめ

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-埼玉県公立中高一貫校2020年大学合格実績, 記事No.151~200まで

© 2020 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ