生活・子育て

「以下」と「下記」の使い分けについて

「以下」と「下記」の使い分けについての画像

こんにちは。
亮介です。

本日はいつもの受験記事とは違うのですが気になったので調べてみました。
仕事などでよく、

『以下、参照ください』

とか

『下記、参照ください』

とか書きますよね?

僕は当たり前のように何のためらいもなく書いています。

でも、この使い方って合っているのか?
以下と下記でどう違うのか?
実は曖昧です。

ってことで調べてみました。

下記の使い方

下記というのは読んで字の如く「記」の下のことだから、

--------------------------------------------------

○○様:

お世話になります。
先日の件ですが、下記参照下さい。

        記

○月○日、~~

--------------------------------------------------

っというように知らせたい内容の前に「記」を書いて、その下に内容を続けることなのだそうです。
なるほど。

おすすめ

個別教室のトライでは様々なキャンペーンを実施中。
詳しくは資料を確認してみてくださいね。
無料で資料請求できます!

一切、損がないので利用しない理由がないですね。

\無料資料請求はコチラ/

■トライの公式サイトへ■

体験授業はハードルが高い。
まずは資料請求を

以下の使い方

そして以下ってのは「その文章の以下」だから、

--------------------------------------------------

○○様:

お世話になります。
先日の件ですが、以下、参照下さい。

○月○日、~~

--------------------------------------------------

となります。
ですから、通常のビジネスメールとかで使う時は下記よりも以下を使った方が良さそうですね。
案内の書面かなにかを作る時は下記にして分けた方が形式的に分かりやすいのかもしれません。

おすすめ

『中学受験するなら』『作文力をあげるなら』子供新聞は必須ですよ。
子供新聞を3社徹底比較。中学受験にこども新聞は必読ですよ

続きを見る

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-生活・子育て