「以下」と「下記」の使い分けについて

こんにちは。
亮介です。

本日はいつもの受験記事とは違うのですが気になったので調べてみました。
仕事などでよく、

『以下、参照ください』

とか

『下記、参照ください』

とか書きますよね?

僕は当たり前のように何のためらいもなく書いています。

でも、この使い方って合っているのか?
以下と下記でどう違うのか?
実は曖昧です。

ってことで調べてみました。

スポンサーリンク



下記の使い方

下記というのは読んで字の如く「記」の下のことだから、

————————————————–

○○様:

お世話になります。
先日の件ですが、下記参照下さい。

        記

○月○日、~~

————————————————–

っというように知らせたい内容の前に「記」を書いて、その下に内容を続けることなのだそうです。
なるほど。

以下の使い方

そして以下ってのは「その文章の以下」だから、

————————————————–

○○様:

お世話になります。
先日の件ですが、以下、参照下さい。

○月○日、~~

————————————————–

となります。
ですから、通常のビジネスメールとかで使う時は下記よりも以下を使った方が良さそうですね。
案内の書面かなにかを作る時は下記にして分けた方が形式的に分かりやすいのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.