期末テストと2018年度クラス分け

こんにちは。
亮介です。

この頃、通勤電車に乗ると中高生達が参考書を広げ内容を必死で頭に押し込んでる姿を目撃します。突貫作業ですね。

期末テストの時期です。

我が家の長男も今週期末テスト期間なので必死で勉強しています。
この時期だけやっても仕方ないのにと思いつつも、まぁやらないよりはイイだろって事で皮肉は言わない事にしています。

中高一貫に通う中3生は既に内部進学の手続きが済んでいる時期でしょうから、別にそこまで必死にならなくてもいいんじゃないの?っと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうも行かないのです。

もちろん学校にもよるのですが、長男の学校の場合、高1のクラス分けに大いに影響があるからです。

このクラス分けは中3、1年間の全成績を精査して「完全成績順」で分けられるのです。
つまり順位がそのまま反映されるという、なかなか極悪な決定方法です。

通常は、ある程度成績で分けて、特進クラスと一般クラスがある学校であれば成績のイイ順にするわけですが、共学の場合男子女子をバランスよく分けるとかあるわけです。
あとは、リーダーシップを取れる子を一人置くとか、ピアノの弾ける子を一人置くとか。
これが定石です。
しかし長男の学校は完全に順位で決めると。
それで1年間見て、高2で再検討するとのこと。
いや~、ヒドイwww
まぁ、そこまで言い切ると気持ちがイイとも言えるんですが、そこに情操教育とかそういう概念が全くなし。
まぁ、一度やってみればイイでしょう。

スポンサーリンク



長男はどうなのよ?というと、ちょっと判断に苦しむ結果です。

ちなみに長男の最近のテストの結果がコレ。

トータルの生徒数を出してしまうと、あまりにも具合が悪いのでモザイク入れてます。
一般的な人数です。3ケタです。

ちょっと内容が特殊過ぎて、判断がつきません…..
正直、良いとは言えない。
もう少し万遍なく高い水準を維持していれば、親としても先生方としても判断しやすいのできるのでしょうが、こんな国語だけ良くて他は悪い結果だと普通に考えればトップクラスにはなりません。誰が判断しても。

ただし、順位だけで判断すると17位ですからトップクラスに入ることになるでしょう。

さぁ、先生方どう判断されるのか?
本当に順位で決められるのか?
結果が楽しみです。(客観的に見てという意味です。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください