2020年センター試験の変更点(2018年3月現在)

こんにちは。
亮介です。

先日の漢検2級に引き続き、中3の長男が英検3級ゲットして帰ってきました。

無難に合格できたようでよかったです。中3卒業レベルですので。
卒業までに2級は取らないと学校から怒られる(?)らしいので、着実にクリアしていってもらいたいものです。

我が家ではノンビリと本人のペースでやっていってもらえば良いと思ってるんですが、できる子達は、やはり力試しでドンドン早めにステージを上げていってしまいます。
周りの子達の中で既に2級まで獲っている子がちらほらいるらしいので、本人的には少し焦っているようです。
まぁ、悔しいでしょうからね….。
周りの事は気にせずマイペースに進めてもらいたいですね。

英検と言えば、2020年のセンター試験の様式が変化する話と合わせてチラッと小耳に挟んだんですが。

今の段階では「大学入学共通テスト」という名称になる予定だそうです。(2018年3月段階」

変更されるのは名称だけではなく、内容も少し変更があります。

スポンサーリンク



現在のセンター試験は全教科マークシート方式ですが、国語、数学に関しては一部記述問題になる予定だそうです。

また、英語の4技能測定を目的として民間の資格、検定試験を活用(?)するそうです。つまり資格持ってれば、それも加味しますよって話です。
2017年度でも一部大学では活用されたそうです。
しかし、大学によって利用方法が違ったり一律ではないとのことで、そこを統一する方向で動いているようです。

その上、新たな話では

「高校教育への影響を考慮し、受検時期は高校3年以降の4月~12月とし、2回まで受けられることとする」

とあります。

資格、検定は高校3年の4月~12月に取得したものを有効とするという事ではないかとの事なんです。

ということは、それ以前に獲得したモノはどうなのか?
今の段階では「高校3年の4月~12月に取得したものを有効とする」というのが有力です。

まだまだ、変更がありそうなのでアップデートをチェックし続けることが必要がありそうですね。

<変更点>(2018年3月現在)

・名称を「大学入学共通テスト」に変更。
・国語、数学に一部記述問題導入。(現状はマークシートのみ)
・資格、検定の活用方法を整備する。
・資格、検定に関しては高校3年の4月~12月に取得したものを有効とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.