記事No.101~150まで 長男

高2長男。英検2級に合格する(2020年3月)

Ryosuke

Ryosuke

管理人のリョウスケといいます。 東京都在住40代です。 2015年に子供が中学受験(受検)をした事をキッカケにブログを始めました。それ以降、中学受験関連の情報を集め、その経験・データを元に中学受験、高校・大学受験、子育ての話などを記事にしています。 サイト運営5年。月々58,000PV突破。ありがとうございます。

スポンサーリンク

今日の記事は、報告というかメモ程度の記事です。
何の役にも立たない内容です。ごめんなさい。

高2の長男が英検2級をゲットしたようです。

英検2級合格

前回、準2級をゲットしたのが、2019年3月だったので、ちょうど1年前ということになります。

高1長男。英検準2級に合格する

高1の長男が英検準2級をゲットしたようです。     英検準2級は検定レベル的にいえば、高校中級レベ ...

続きを見る

英検2級は検定レベル的にいえば、『高校卒業レベル』です。

僕なんかからすれば『スゴイ!』ってことになるんですが、今どきの私立進学校に通う高校生は普通に持っているそうで『自慢にならない』と長男は言っとりました・・・(僕は普通にスゴイと思うんですが・・・)

とにかく僕も奥さんも持っていないので何も言えません。
二人で拍手を送りました。

「とりあえず、ここまできたら、高校卒業までに準一級を1回はチャレンジする」

とのことでした。
彼曰く、準1級、1級はほぼ無理だろうとの事なので、受験勉強の邪魔にならない程度にやっていくそうです。

英検2級合格のための勉強法

こんな見出しをつけてしまいましたが、

『大したことはしていない』
『学校の勉強の延長線上でウッカリ合格してもうた』

だそうで、実際やっていたことは、

『とりあえず単語は、ターゲット1900をアホになるくらい繰り返し何周もする』

単語の勉強はコレだけ。

以前、彼に与えたターゲット1900は付箋だらけでボロボロでした。

『とりあえず、単語は受験終わるまではずっと何周もする』

まぁ、違う単語帳に変更するかもしれませんが、地道にコツコツやるのが効果的なようです。

『英文法は、とりあえずVintageで十分。これをしっかりやってから次にいく』

英文法は定番の『Vintage』をやっています。

これまた付箋だらけでボロボロです。

『英語が得意ではないから、まず基礎を固める』

それには最適です。

created by Rinker
¥1,540 (2020/09/24 04:13:30時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク



最後に

今回は、報告・メモ程度の更新でした。
まだまだ彼の志望校までは遠い道のりですが、少しずつ積み上げていってもらいたいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-記事No.101~150まで, 長男

© 2020 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ