言うは易く行うは難し

こんにちは。
亮介です。

開業医の知り合いがいるのですが、そこの長男が今年大学受験でした。
もちろん医学部志望です。
現状は東京の某私立中高一貫校に通っています。

親が慶應医学部卒の医者ですから、絶対に合格しなくちゃいけないと本人もかなりプレッシャーがかかったことでしょう。

中学時代から塾を掛け持ちし日々勉強漬けでした。
他人の僕から見ても「これだけ勉強し続けないと医学部って入れないだな」とちょっとヒクぐらい黙々と勉強し続けていました。

そして今年、東京にある医学部をかなりの数受験し、結果。

 

 

 

全滅…

他人の僕でさえ衝撃的でしたので本人のショックは計り知れません。

あれだけやっててダメなのか?

はじめに浮かんだのはコレでした。

スポンサーリンク



もちろん勉強のやり方とか効率とかってのはあると思いますが、あれだけ早くから本人も意識して計画を立てて取り組んで、こういう結果になるとは思いもよりませんでした。
だって希望校に受からないじゃなくて、全滅ですよ。全滅。

こういう様子を見ると我が子の事も考えてしまいます。
早慶だGMARCHだとか言ってますが甘く考え過ぎではないか?と。
過信し過ぎではないか?と。

自分の時もそうだったように成成明学獨國武だって日東駒専だって「言うは易く行うは難し」だったじゃないかと。

正直本人(ウチの子供の事です)も今の学校のレベルから考えてGMARCHに入れるだろうとか勝手に甘い事を考えているはずです。普段の発言からそれが感じられます。
周りもそういう雰囲気なんでしょうね。
部活の先輩のほとんどがGMARCH以上に進学されているので。

そんな甘いモノじゃない。
簡単なモノじゃないと再認識させないといけないなぁと今回の事を聞いて感じました。

友人の子供は浪人してリベンジするそうです。
まだまだ全滅のショックから立ち直っていないそうですが来年こそ良い結果が出ることを願っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.