記事No.151~200まで

養育費の未払い。相談できる所がないなら『養育費安心サポート』はどうですか?

スポンサーリンク

友達から相談があって、離婚した元旦那が養育費を払ってくれないらしい・・・今の所、日々の生活はなんとかしてるけど、今後の子供の教育費とか、どうしたらいいか悩んでるみたい。弁護士とかって、相談にお金かかりそうだし・・・どうしたらイイのか・・・

それは、友達だからと言って気安く相談に乗れる問題じゃないですよね・・・
だからと言って、

  • 『どこに相談したらいいか分からない』
  • 『お金もかかりそう』
  • 『弁護士は敷居が高い』

素人には、本当にどうしたらいいか分からないですよね。

とにかく、こういったことは相談の敷居が高いのが問題よね

そうですよね。
深刻な問題ですし、一歩間違えると大変な事になりそうで。
それに相手とは、もう話したくないでしょうしね。

そうそう。それそれ。もう、別れた相手なんて話したくもないし。関わりたくもないのよ。

そうですよね。
とはいえ、自分達の問題で子供に不自由をさせるというのは親として心苦しいですよね。
特に教育費を削るというのはツライ・・・

『~を習いたい』
『塾へ行きたい』
『大学へ行きたい』

という子供の思いを叶えてあげられないのは本当に親としてツライです。

そうよね・・・子供の人生だものね・・・

でも、安心してください。
『どこに相談したらいいか分からない』『どのように進めたらいいのかわからない」
そういう方のために日本法規情報(株)の『養育費安心サポート』というサービスをご紹介します。

養育費の未払い。相談できる所がないなら『養育費安心サポート』はどうですか?

へ~、どういうサービスなの?

超簡単にいうと『離婚の際、取り決めたはずが滞納されている養育費の半分(50%)を日本法規情報が立て替えてあなたにサポートしてくれ、あなたに代わって元旦那に養育費の催促を代行してくれるサービス』になります。

ほ~、なるほど。養育費の取立てってこと?

それは人聞きの悪い言い方ですね・・・
無理な取り立てをするわけではありませんよ。
しっかり話し合いをしてくれるだけです。

まだ、ちょっと分かりづらいですかね。
例を出して解説しましょうか。

簡単な流れ

【状況】例えば、離婚した旦那との間で毎月4万円の養育費をもらう取り決めをしていたとします。しかし、いつしか元旦那は養育費を払ってくれなくなりました。

  • あなたが『養育費安心サポート』に申し込みをする。
  • 日本法規情報が、あなたへ取り決め額の半額の2万円をサポートしてくれる。
  • 日本法規情報が、あなたに代わって元旦那へ滞納金4万の催促交渉。
  • 回収した4万のうちの2万はあなたへ渡したサポート分に充当され、残り2万が日本法規情報の保証金となる。
  • もし元旦那が催促に応じず、さらに滞納し続けたとしても12回分のサポートは受けられる。

このように、とてもシンプルな流れになります

かあさん
なるほど。分かりやすい

デメリットは、『取り決め額の半分しかもらえない』ことですかね。
半分は保証金としてなくなってしまうので。

ただ、このサービスに申込んでいない場合、手元に入ってこなかったことを考えると半分だけでももらえるというのはイイことなのではないでしょうか。

逆にメリットは多いと思います。

ココがメリット!

  1. 取り決め額の半分は、手元に入ってくる。
  2. もし元旦那が催促に応じず、さらに滞納し続けたとしても日本法規情報から12回分の養育費立て替えサポートは受けられる。
  3. 最大のストレスである『元旦那への養育費の催促連絡』を日本法規情報がしてくれる。
  4. 養育費だけではなく、仕事探し・住居探し・家計の相談なども無料でサポートしてくれる。
たしかに、もらえる額は少なくなるけど催促を外注に出したと思えば、メリットが大きい気がするわね

一度、連絡してみてはいかがでしょうか?

■『養育費安心サポート』の問合せはコチラ■

スポンサーリンク



最後に

統計によると、離婚時の子供の平均年齢は4.3歳。
成人するまでに必要な養育費は約770万~になります。

そのうえ、証書で取り決めをしても受け取れない可能性は45%。
取り決めをしていないと、なんと97%になります。

え~!それ全部、一人でなんとかするの?

そうです。
そんな理不尽な話無いですよね。
2人の子供ですから、片方が背負い込むのはちょっと違う気がします。

それでも催促をするのは非常の勇気がいることだし、ストレスが溜まります。
無理をせず、専門家に相談するのも手だと思いますよ。

■『養育費安心サポート』の問合せはコチラ■

スポンサーリンク

おすすめ

おすすめ

日々忙しく、お買い物にも行く時間のないあなたに。
食材の宅配サービスは絶対、あなたの助けになってくれるはずです。





おすすめ

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-記事No.151~200まで

Copyright© 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ , 2020 All Rights Reserved.