私の早慶大合格作戦

こんにちは。
亮介です。

昨日、学校から配られた会報に受験勉強を終え大学生になられた先輩方のケーススタディが載っていた話を書きました。

結構、面白かったので、もっと読みたい衝動に駆られまして書店で物色した結果、こんな本を見つけました。


「私の早慶大合格作戦」

なんとそそられるタイトルでしょう。
即購入して読んでしまいました。

内容は単純明快。
看板に偽りなし。

早慶大に合格した方々の経験談を列挙した本です。

高校時代どのように過ごしていたのか。
受験勉強を始める前の学力はどの程度だったか。
受験をいつ頃意識し、どのように勉強を進めたか。
参考書は何を使用したか。
予備校、塾には行っていたか。
受験への心構え。
そして、大学とはどんな所か。

各人少しずつ書き方は違いますが、大まかにこんな感じです。
あと都市大付属の方々から寄稿が多いのが気になりましたが、まぁそこは気にしない事にします。

そんな中、こんな記事がありました。
(問題があれば画像削除します。コメント欄などからご連絡ください)

(引用元:私の早慶大合格作戦/エール出版社より)

ほぉ、勇気が出るなぁ。
昨日長男にターゲット1900を渡しましたが、その裏付けになります。

「たった一人の体験談として書いてあるだけじゃないか….」
そうです。それでもいいんです。
一人だけだとしても、こう書いてあるものを見せるだけで十分効果があるんです。
つまりプラセボですね。

スポンサーリンク



親が「やってみれば」と言っても効果なんて薄いです。
これが本に載っていて、その上、受験を経験した先達が言っている事に効果があるわけです。

とにかく信じること。反復すること。に効果がありますから。
きっかけとか理由はなんでもいいんです。

早速長男に見せよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA