中学受験 大学受験 記事No.151~200まで

【赤本・過去問・参考書】の処理は専門買取サービスが便利。5社比較、買取手順あり

スポンサーリンク

とうさん
中学受験、高校受験、大学受験が終わって、大量の【赤本、過去問、参考書】が置き場なく家に眠ってるんだけど、コレどうしたらいいの?古本屋に持っていけば売れるの?

もちろん売れますよ。
書き込みとか、あまりに状態の悪いものじゃなければ大概のものは引き取ってもらえるはずですよ。

とうさん
そうなの?赤本とかは売れないと思ってた・・・

そういう方多いみたいですね。
ご安心ください。
流行とか関係なく使用できるものなので、参考書や過去問の需要は高いです。
逆に、家に眠らせすぎて古くなりすぎてしまうと売れなくなってしまう可能性があるので早めに依頼した方がいいですね。

とうさん
オッケー。じゃ、早速近くの古本屋に持っていくわ。

ちょっと待った!
もちろん、近くの古本屋さんに引き取ってもらうのは良いとは思うんですが、持っていくの面倒くさいですよね?

とうさん
そうだね。思ったよりも大量にあるし、重いから面倒っていえば、面倒だね。

それに、できれば高く買い取ってもらいたくないですか?

とうさん
そりゃ、高いに越したことない。

最近は、持っていくのではなく『引き取りに来てくれる』サービスも多いんですよ。
また、『赤本、過去問、参考書』なんかを専門に扱っている会社もあります

とうさん
へ~、便利だね。それに専門に扱ってるなら高く買ってくれるかもね。

この記事では、その辺を考慮して5社の引き取りサービスをご紹介しますね。
持っていく労力なく、インターネットで申し込むだけでオッケーですので面倒くさがって、さらにお蔵入りさせることもありません。
子供部屋の隅でいつまでもホコリを被ってるってこともなくなりますよ。

【赤本、過去問、参考書】受験終了後どうする?専門の買取サービスがイイですよ

専門書アカデミー

専門書アカデミーは、大学の教科書や専門書、医学書、資格試験・就職試験などの教材に特化した買取サービスです。

大学の教科書や専門書、医学書などは大手の古本屋では買取価格が安いことも多く、資格試験・就職試験などの教材は買い取りしてもらえないことも多くありますが、ココでは1点ごとに人気や需要を見て買取価格を判断してくれますので、人気の高いものは発行年度に関わらず高価買い取りしてくれます。

買取の流れも簡単です。

ウェブで申し込みフォームに記入 ⇒ 段ボールに商品を詰めて、家で集荷を待つだけ。
この2ステップのみです。

とうさん
お~、楽だね。コレは。

念のため、買取してもらえるモノと、できないモノを確認してみましょう。
以下のとおりです。

とうさん
書き込みの多い物や教科書、あまりに古い物以外は買取してくれるね。

そうですね。
古くなると買取してもらえない事があるので、思い立ったら早めに依頼したほうがいいですね。

■『専門書アカデミー』詳細ページへ■

 

学参プラザ

学参プラザは、大学受験の参考書や問題集、赤本、予備校テキスト・教材に特化した買取サービスです。

大学受験の参考書類や赤本などは大手の古本屋では、「買い取りしてもらえない」か「買い取りしてもらえても買取価格が安い」ことが多いですが、ココでは1点ごとに人気や需要を見て買取価格を判断してくれるので、人気の高いものは発行年度に関わらず高価買い取りしてくれます。

実は、『専門書アカデミー』『学参プラザ』ともに(株)ブックスドリームという会社が運営しています。

とうさん
あ~、そうなの

アカデミーは専門書全般、学参プラザは名前のとおり参考書、問題集、赤本などに特化したサイトになっています。
ですから、学参プラザの買取手順はアカデミーと同じです。

 

買取の流れは、アカデミー同様2ステップで完了です。
簡単ですね。

買取してもらえるモノと、してもらえないモノは以下のとおりです。

これは、まだザックリした内容なので詳細は公式ページで確認してみてください。
細かく載っています。

■『学参プラザ』の詳細ページへ■

 

BOOK RIVER(ブックリバー)

BOOK RIVERは、主に専門書・医学書・ビジネス書等の買取を行ってるサービスです。
ココは「高価買取」「迅速査定」「明瞭な査定結果」を売りにしています。

とうさん
高く売れた方がいいもんね!

申込みの手順は以下の通りです。

ココも先に紹介した2社同様、申し込みして準備しておけば、引き取り業者がきてくれます。
簡単ですね。

また、モノによっては、小学~大学教科書も買い取ってくれるようなので詳細をしっかり確認したほうがいいです。

■【BOOKRIVER】詳細ページへ■

 

BOOK SUPPLY(ブックサプライ)

BOOK SUPPLY(ブックサプライ)は、大学受験の参考書や問題集に特化しているわけではなく、CD、DVD、ゲームなどなど幅広く扱っているサービスです。

特筆すべき点は、「本のバーコードを入力したり」「スマホでバーコードを撮影」するだけで事前に買取金額が調べられる点です。

とうさん
自分で調べられるのはイイね!

その他の手順は他の会社と同じです。

初回は段ボールを無料でもらえるみたいなので、もしも手元にない場合は便利ですね。

買取可能、不可の一覧は以下のとおりです。
教科書は無理なようですね。

本だけでなく、他のモノを一緒に引き取ってもらいたい場合には便利ですね。

■BOOK SUPPLY(ブックサプライ)の詳細ページへ■

 

教科書買取専門店 テキストポン

『テキストポン』は名前の通り教科書買取に特化したサービスです。
大学・大学院・短大、他社では買取を告知していない専門学校の教科書も買取をしてもらえます。

大学・短大・専門学校などの教科書がメインなので中学、高校は関係ないかもしれませんが、ご兄弟で大学などの教科書を持て余している方がいらっしゃったら便利だと思います。

とうさん
たしかに。大手チェーンだと教科書は買い取ってくれなかったりするもんね。

そうなんですよね。
参考書とか過去問は、なんとかなるんですが、教科書は、どうしようもなかったりするんですよね。

ココは教科書に特化していますので、もちろん買取ってもらえないモノもありますが、他の会社に比べて幅広く高値で買い取ってもらえるでしょう。

買取手順は他の会社と同じです。

梱包方法まで丁寧に掲載されてます。
これは他のサービスを利用したとしても同じですので、参考になりますね。

個数が1個の場合=「ゆうパック」
個数が2個以上の場合=「ヤマト便」(ヤマト宅急便ではなく、「ヤマト便」)
で集荷・集荷を依頼してください。

おすすめポイントは、以下のとおりです。

とうさん
マーキングしてあっても買い取ってくれるの!?

テキストポンのポイントはそこですね。
「マーキングしていてもオッケー」ってトコです。
普通買取不可と言われてしまいます。
返却されても、どうしようもないですからね。
結局回収ゴミとして出さなくてはなりません。

とうさん
正直、マーキングしてない教科書なんて持ってないよ

そういう事です。
大概、教科書は蛍光ペンでマーキングしてあります。

大量の教科書を処分したい。買い取ってもらいたいという場合は、ここはおススメですよ。

■『テキストポン』の詳細ページへ■

スポンサーリンク



最後に

中学受験、高校受験、大学受験が終わって『大量の【赤本、過去問、参考書】の処理をどうすればいいか?』⇒『売っちゃいなよ』ってことで、家まで取りに来てくれる買取サービス、おすすめ5社を紹介しました。

とうさん
あ~、でも5社もあると迷っちゃうんだよね~

あ~、なるほど。
そうですよね。たしかに。
では、あえて、僕の私見で、おススメ度のランキングをつけるとすれば以下のようになります。

とうさん
ほ~、理由は?

そうですね。
記事の内容からして、やはり中高大の教科書・問題集・参考書、また赤本の買取を強化されてる所って事で選んでおります。

申し込み手順やサービスの手軽さは、どの会社も同じようにシンプルなので基本的にはどこを選んでも良いとは思いますよ!

とうさん
最後に忖度したな・・・

そんな事ないです。
いずれにしても、時間が経ってしまうと買取できなくなってしまうケースが多いので、「思い立ったら吉日」って事で、忘れてしまう前に早めに申し込んでしまった方がよいでしょうね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-中学受験, 大学受験, 記事No.151~200まで

Copyright© 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ , 2020 All Rights Reserved.