小話 記事No.1~50まで

私立中学に通わせわれる世帯年収は?

Ryosuke

Ryosuke

管理人のリョウスケといいます。 東京都在住40代です。 2015年に子供が中学受験(受検)をした事をキッカケにブログを始めました。それ以降、中学受験関連の情報を集め、その経験・データを元に中学受験、高校・大学受験、子育ての話などを記事にしています。 サイト運営5年。月々58,000PV突破。ありがとうございます。

スポンサーリンク

こんにちは。
亮介です。

昨日記事を書いていて気になってしまいました。
お金の話です。

中学受験される方々の世帯年収はどの程度なのだろうか?と。
ウチは、想像にお任せしますが、夫婦ともに中小企業で共働きなので正社員共働きだなっていう一般的な所帯年収です。

・住宅ローンも月々14万くらい払っています。
・車は持っていません。(というか持てません)
・貯蓄もほぼ0に近いです。

もしかしたら奥さんがいくらかは貯めているかもしれませんが、僕は完全に貯金0です。
全て使い切っています。もちろん家の事にです。

それで何とか、長男の学費や通学定期代、その他もろもろをギリギリで回している感じです。

さて、私立中学にお子さんを通わせているご家庭の所帯年収は平均でいかほどなのでしょうか?

もちろん状況によって全然違います。
・一人っ子である
・家のローンの有無
・車の有無
・住んでいる場所
・進学する学校

その他あるかもしれませんが、状況によって全く違うと言っていいと思います。
様々な記事を読み漁ってみると、やはりギリギリのラインで700万くらいなのでしょうか。
これ以下になると、相当キツキツになるという感じでしょうかね。

もちろん700万でも1,000万でもキツい筈です。
ホントにそうなんです。
子供を私立に入れながら、余裕のある生活をするとなると、やはり1,500~2,000枚近くないとダメなんじゃないかなと。
ちょっと言い過ぎですかね。1,300万あればそれなりに余裕かなと。
ちなみにウチはそんなに無いです。はい。

皆様のご家庭はいかがでしょうか?

おすすめ

皆さん、キチンと教育費の試算をされていますか?この記事では我が家の経験をもとに小学校から大学卒業までの教育費の試算しています。そして『節約で全てを貯めるのは無理』という結論に至りました。じゃ、どうするか?稼ぐしかないですね。この記事では、その辺のことをまとめています。参考にしてみてください。

子供の教育費、大学までの目安はいくら?結論『節約は無理なので稼ぎましょう』

とうさん子供の教育費は、実際の所、大学まででいくらかかるの?目安はどのくらい? 不安ですよね。 お子さんがいる家庭は『住 ...

続きを見る

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-小話, 記事No.1~50まで

© 2020 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ