小話 記事No.1~50まで

私立中高生は、この時期休みが増える

Ryosuke

Ryosuke

管理人のリョウスケといいます。 東京都在住40代です。 2015年に子供が中学受験(受検)をした事をキッカケにブログを始めました。それ以降、中学受験関連の情報を集め、その経験・データを元に中学受験、高校・大学受験、子育ての話などを記事にしています。 サイト運営5年。月々58,000PV突破。ありがとうございます。

スポンサーリンク

こんにちは。
亮介です。

ウチの長男は先週末から明日まで高校受験で学校を使用するため休みです。
私立の中高生はこの時期1~2月頃は休みが増えます。

2月の頭から中学受験があって休校。
終了してしばらく通ったと思ったら今度は高校受験のため休校。
休みまくりです。
高校受験が終われば、少し行って今度は春休みが待っています。

今日は同級生と映画観てくるってことで朝9:00に出掛けて夜19:00に帰ってきました。
中3でなんと優雅な2月でしょうか。羨ましい限りです。

でも、まぁ、そんな生活も今年で終了。
来年からは大学受験に向けて気持ちを切り替えていただいて、しっかりやっていただかないと困ります。

長男に話を聞く限り、まだ塾に行っている同級生は少ないようです。
同級生だけでなく先輩にも話を聞かせたのですが、長男の学校は塾に行っている子が少ないとの事。
先輩方も塾に行ったのは、高2の春休み頃からという方々が多いと。
でも大半は夏期、冬季の講習のみを利用して、それ以外は放課後、学校の自習室を利用して自習するケースが多いようですね。意外ですよね。
授業自体は2年で全て終了するので、あとはどんな参考書を使って勉強すればいいか、先生にお薦めを聞いて自習。分からないところは先生やチューターの先輩に聞くそうです。

それなら、それに越したことないです。費用はかからない方が親としてはありがたいですので。
まぁ、東大や偏差値の高めの国立を目指す子は塾必須のようです。
ですが、我が家は子供にそこまで求めませんので、それなりに頑張ってもらえればと思っています。
ちなみに部活の先輩方は大体の方々が早慶上理GMARCHレベルには入学されている方が多いそうなので、是非ともそれにならって頑張っていただきたいものです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-小話, 記事No.1~50まで

© 2020 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ