生活・子育て

さくらんぼ計算のやり方。そして賛否両論

皆様、「さくらんぼ計算」ってご存知ですか?

とうさん
とうさん
んっ!?
僕は知らないです!!
無知ですいません!!

いやいや。

その名前は知らなくても全然ハズカシイ事ではないです。

通称でそう呼ばれてるだけですから。

そして、この計算方法自体はその昔、皆さん無意識にやっていた事だと思います。

さくらんぼ計算。足し算編

この絵をご覧ください。

この計算をする時、単純に8+7=15とすればいいわけですが、小学1年生の最初の頃に繰上げ計算をするのは結構、難易度が高いですよね。

とうさん
とうさん
わかるわかる!
指を使ってやったりしたよ。
でも、指が足らないからワケが分からなくなっちゃうヤツだわ。

そうなんですよね。

最初の頃は、分からなくなりがちですよね。

そんな時、無意識にコレをやってませんでしたか?

上の計算であれば、

大きい数にいくつ足せばキリのいい数字になるか考えて、例えば「8」の場合「2」を足せば「10」になります。

だから、まず、「7」を「2」と「5」に分けます。

そして、「2」を「8」に足して10にして、その後「5」を足します。

10+5=15

ということになります。

とうさん
とうさん
なるほど!
たしかに、その昔、これ頭の中でやってたかも!?

そうです。そうです。

それです。

おすすめ

『評判の良い学校ってどこだろう?』

志望校・併願校選びは難しいですよね?
その気持ちよく分かります。
では、無料で『プロ』に相談してみてはいかがでしょうか?

志望校・併願校選びに失敗したくないあなただけ読み進めてくださいね。

■詳細はコチラ>>

志願校・併願校選びは難しいですよね。
塾や自分たちだけでなく第3者の意見も聞いてみると新しい『気づき』があるかもしれません。

オンライン家庭教師のNetty(ネッティ)では、無料体験授業を受講する際、希望すれば経験豊富なプロの学習プランナーが志望校選びの相談にものってくれます。

集団塾以外に第三者の視点で話がきける機会も滅多にありません。
『集団塾で相談し決めた志望校・併願校選びは間違いないか?』
セカンドオピニオンという意味でも意味があります。

無料ですので利用しない手はありません。
実際、このサイトから毎月数十名の方が申し込みをされています。
もったいないので是非利用してみてください。

それだけでなく、ネッティでは、お子さんの現状を明確に把握・分析し、苦手や成績が上がらなかった理由やどのようにすれば成績が上がるのかなど効果的な学習方法もアドバイスしてくれます。

何度も言いますが、志望校相談・体験授業ともに無料です。
(無料体験後、過剰な勧誘をするような会社ではありませんので安心して利用してみて下さいね)

公式サイトから『無料体験授業』をクリック⇒各種項目を入力して『お問い合わせ内容』欄『無料体験授業と志望校相談希望』と書いてお申込みください。

>>>■インターネット家庭教師Netty公式サイトへ■

\無料体験だけでなく、志望校相談・学習相談も可!/

さくらんぼ計算。引き算編

引き算の場合は2段階になります。

たとえば、

「8」を「7」と「1」に分けて「17」から「7」から引きます。

17-7=10

分かりやすい数字にした所で、さらに分けたもう一つの数字を引きます。

10-1=9

こんな感じです。

とうさん
とうさん
足し算はいいとして、引き算は分かりにくいねぇ・・・。
逆に混乱しそう・・・

たしかに。

僕も足し算は良いとして、引き算の2段階ってのはイマイチな気がします。

さくらんぼ計算。賛否両論

さくらんぼ計算を巡っては2018年11月にツイッターの投稿を皮切りに軽く炎上した経緯があります。

以下、当時の記事詳細です。

小学校算数の「さくらんぼ計算」に戸惑う声 文科省の見解は?: J-CAST ニュース【全文表示】
小学校算数の「さくらんぼ計算」に戸惑う声 文科省の見解は?: J-CAST ニュース【全文表示】

続きを見る

とうさん
とうさん
へ~、この炎上した経緯を読む限り、今の小学校ではさくらんぼ計算を教えてるってことなのかなぁ?

そうですね。

各現場に委ねる的なことが書いてありますね。

教えてる所は教えてるって事ですね。

この炎上の発端は、さくらんぼ計算自体がどうというより、その計算の経緯を書かないと減点されるという事だったようです。

それがいつのまにやら「さくらんぼ計算自体が悪」とすり替わってきた感じですね。

ウチの場合は、次男の塾で「さくらんぼ計算」の宿題が出ていて初めてその名を知りました。

 

(次男)「これはねぇ。さくらんぼ計算っていうんだよ。知らないの?」

 

親二人で顔を見合わせてしまいました。

昔、自分達もやっていたことですが、名前(通称)があるとは知らなかったので驚いた次第です。

たぶん次男の小学校では教えてなさそうな感じです。
塾の宿題で初めて知ったので。

最後に

今回はさくらんぼ計算を紹介しました。

やり方は知っているけど、名前は知らなかったという人も多いんじゃないでしょうか?

良し悪しで炎上した経緯はありますが、僕個人的には繰り上がりのある計算の苦手な子には考え方として、とても分かりやすくて良いと思います。

頭の中で想像してスッキリと整理しやすい気がします。

ただし、引き算はどうなんだろう?って感じですかね。

2段階計算するってのが逆に分かりにくいかもしれませんね。

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-生活・子育て