小話 記事No.101~150まで

茨城県で2022年までに公立中高一貫校が10校新設される件

Ryosuke

Ryosuke

管理人のリョウスケといいます。 東京都在住40代です。 2015年に子供が中学受験(受検)をした事をキッカケにブログを始めました。それ以降、中学受験関連の情報を集め、その経験・データを元に中学受験、高校・大学受験、子育ての話などを記事にしています。 サイト運営5年。月々58,000PV突破。ありがとうございます。

スポンサーリンク

茨城県が本気を出してきました。

今年、2月に発表されたんですが、

「2022年度までに公立中高一貫校を10校増設する」

との事です。

なかなか思い切った取り組みです。

以前、記事にしましたが、現在は並木、古河、日立第一の3校が中高一貫校として設置されています。

それに加えて、以下の10校が増設されます。

 

 

直近、2020年度は5校

 

なんと2020年度に5校いきなり増設するらしいです.....。

なんかすごい。

2020年って来年ですよ。

まず手始めに

  • 太田第一
  • 鉾田第一
  • 鹿島
  • 竜ヶ崎第一
  • 下館第一

に併設させる形で中学校を作るようですね。

東京の方々には馴染みがないかもしれませんが、地方で「第一高校」の付く学校は各学区域で一番偏差値の高い学校になります。

鹿島は第一と付きませんが、この感じだと、とりあえず各地区の「第一高校」に併設させる形のようですね。

2021年には満を持して茨城の誇るツインタワー、

  • 水戸第一
  • 土浦第一

を中高一貫化。

合わせて、

  • 勝田を中等教育学校

にするようです。

2022年は

  • 下妻第一
  • 水海道第一

と続きます。

なかなか思い切った事、取り組みです。

スポンサーリンク



最後に

水戸第一と土浦第一を、2年目に持ってくるあたりがニクイですね。

4校で雰囲気を伺って、2年目に本気の水戸一、土浦を持ってくる。

話題性があるし、間違いなく大人気になります。

その人気のまま3年目も間違いなく人気が出るでしょう。

茨城県の本気度が伝わってきますね。

すでに説明会も始まっているようですし、今後の動向が気になる所です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-小話, 記事No.101~150まで

© 2020 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ