小話 記事No.101~150まで

地方学生必見!大学受験のホテル選び(東京)

スポンサーリンク

地方に住む受験生が東京の大学を受験する際、実は面倒だったり、不安だったりするのが受験期間中の宿・ホテル選びです。

何回も東京に遊びに来ていたり、親が東京の地理に詳しい場合はなんとかなりますが、ほとんど知らない人だっています。

勉強に集中したい時に、こんな事で時間を浪費したくないですよね。

この記事が少しでも、そんな皆さんの手助けになればと思います。

受験用の宿・ホテルはいつ頃予約すればいい?

結論から言えば、9~10月頃が妥当です。

ちょっと早い気がすると思います。

ところが、河合塾のアンケート記事によると10月以前に予約したという人が41.7%もいるようです。

ということは、自分の受験スケジュールにあった便利なホテルがあったとしても、10月以降になると既に予約で埋まってしまっている可能性があります。

スケジュール的に考えると下の表な感じです。

 

 

これを見ると、9~10月だとまだまだ最終的な志望校も定まっていないような気もしますがね......。

でも、そんな事を言っていると一番使い勝手の良いホテルが埋まってしまう可能性があります。

とりあえず、ある程度自分の志望校を軸に予約をとっておきましょう。

12月~明けて1月になると、どこもかしこも満室で大騒ぎになります。

キャンセルはもう少し直前でもできるはずなので、あたりを付けて予約しておいた方が良いでしょう。

とりあえず善は急げって事で、HotelsCombined(ホテルドコンバインド)Booking.comdトラベルなど希望している場所ごとにまとめて簡単に検索ができるサイトで、立地、料金、キャンセルのできる日付などを一度チェックして、面倒くさくても早めに手配をしておくことをお勧めします。

その際、

  • 最寄駅までどのくらいかかるのか?
  • 近くに食事できる所はあるのか?
  • 部屋やホテル内に勉強できる環境はあるか?
    (部屋に大きな机はあるか?電気スタンドなどの貸し出しはあるか?)
  • チェックイン前、チェックアウト後荷物を預かってくれるか?
    (スーツケースを持って受験は、かなり厳しいです)

 

などを確認しましょう。

とりあえず、上記項目をクリアしていれば、なんとかなると思います。

朝食付きが良いとか、受験生プランの方が良いとか言われていますが、食事は付いてなければコンビニで買えばよいです。
特に朝は緊張してるでしょうからホテルで食べるより前日にコンビニで買っておいて部屋で食べた方がリラックスできるでしょうし、受験生プランなどは思ったよりも費用が高いケースが多いです。

安ければ良いというものではないですが、削れる所は、できる限り削った方が良いでしょう。

受験費用、入学費、学費。これから湯水のようにお金を使う事になりますから。

スポンサーリンク



東京の場合、どこにホテルを取ればいいの?

「受験会場の近くに取ればよい」

「ターミナル駅に取ればよい」

といいますが、それはちょっと安直な気がします。

結構難しいですよね。ホテル選びは。

受験会場の周辺のことを知らなければ、どのあたりにしたらいいやら分からないし、じゃあ、「どこにでもアクセスのよい街を狙って予約を取る」ってなっても、例えば東京駅、新宿などに取った場合、初めて行った人はドコをどう行ったらよいのか混乱することは間違いないでしょう。

僕の経験から言えば、

・東京の場合は巨大なターミナル駅は避け

・あなたが志望する数校の試験会場にできる限り1本でいける

・複数線が乗りいれる中規模なターミナル駅

に取るのが一番都合がいいでしょう。

例えば、あなたが早稲田、明治、立教を受験するとしますね。

 

  • 早稲田大学
    高田馬場駅、早稲田駅
  • 明治大学
    駿河台キャンパス:御茶ノ水駅、神保町駅
    和泉キャンパス:明大前駅
    生田キャンパス:生田駅
    中野キャンパス:中野駅
  • 立教大学
    池袋キャンパス:池袋駅
    新座キャンパス:新座駅、志木駅

 

日程がぴったり合うかとか、さすがに新座、志木は場所が違いすぎるだろうというツッコミ所まんさいですが、その辺の事は置いておいて偏差値的には実際に受験する可能性のあるラインナップです。

それと日付が合わなくても、毎回違うホテルに泊まるのは不安だと思うので、一度泊まって良かったら、少し離れていても同じホテルの方がいいでしょうね。

全く知らないホテルに泊まるくらいなら、少し離れていても使った事のあるホテルから現地行った方が安心感がある事があります。是非、よくお考えになってください。

話を戻しますが、

上記の3校を併願する場合、飯田橋駅が最も良いと思います。

 

 

早稲田までは東西線で一本
御茶ノ水まではJRで一本
池袋までは有楽町線で一本

です。

飯田橋は、東京の中でも落ち着いた街です。

学生と会社員が入り混じった感じです。

東京駅、渋谷、新宿ほど人が多いわけではないですし、前述の3駅はどこに行くにも駅から距離がありますが飯田橋は駅前がこじんまりして分かりやすいと思います。

こんな感じで、受験する大学の試験会場の駅を東京の路線図に書き込み、その真ん中あたりの乗りいれの多い駅を調べるといいと思います。
ただし、東京、新宿、渋谷、池袋あたりは避けた方が無難です。
その4つにするなら、少し外してその近隣の駅を探した方が便利です。

スポンサーリンク



飯田橋最強説

今回、記事を書くために大学の所在地と東京の路線図をじっくりと調べたんですが、

実は都内の大学を受験するなら「飯田橋最強説」が浮上してきました。

先ほど、早稲田、立教、明治を受けるらな飯田橋あたりに泊まると良いと書きましたが、

GMARCHであれば、

学習院大学=目白駅(高田馬場、池袋からJRで1駅)

法政大学=市ヶ谷駅(飯田橋から南北線 or JRで1駅)

中央大学=後楽園(飯田橋から南北線で1駅)、市ヶ谷(飯田橋から南北線1駅)、駿河台(御茶ノ水なので飯田橋からJRで2駅)

青山学院大学=表参道(飯田橋から東西線で九段下まで1駅、半蔵門線渋谷方面に乗り換え3駅)

と網羅できます。

上智大学も四谷なので、南北線で1駅ですね。

このクラスを受けるのなら飯田橋はかなり便利です。

まぁ、立地を考えても山手のど真ん中に位置しており、東西南北に複数線延びているので非常に便利です。

「困ったら飯田橋」と頭の片隅においておくとイイかもしれませんよ。

最後に

東京の路線は非常に入り組んでいますので、便利な宿が決まったとしても試験会場までの行き方をしっかり確認しておきましょう。

前乗りし、前日に一度下見がてら試験会場まで行ってみましょう。

モチベーションもかなり上がるはずです。

試験日が飛び飛びになっている場合、いちいち自宅に帰るのは面倒ですよね。

僕は試験日がとびとびだったので友人と2人でウィークリーマンションを2週間借りました。

2人だと結構割安です。

そういう手もあります。

前もって、考えておくとスムーズな受験を行えます。
直前はできるだけ受験勉強に専念できるよう、前もって準備しておきましょう。

どうしていいか分からない場合、まずHotelsCombinedBooking.comdトラベルなどのホテル比較サイトで検索してみてください。

飯田橋だけでも結構出てくるはずです。

テイクアクションが大事です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-小話, 記事No.101~150まで

Copyright© 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ , 2020 All Rights Reserved.