千葉県公立中高一貫校2019年大学合格実績 記事No.101~150まで

千葉市立稲毛高校 2019年大学合格実績

スポンサーリンク

 

 

県立千葉高校に続きまして、千葉市立稲毛高校の2019大学合格実績を2018年の分と合わせて以下のとおりまとめます。

千葉市立稲毛高校 2019年主要国立大学合格実績

まず、主要国立大学の実績です。

 

 

2019年の東大の合格数は0名です。

昨年は2名合格者が出ましたので、今年は残念な結果でしたね。

主要国立大トータルでは2018年22名から2019年27名となっています。

卒業人数が321名ですので、27名の合格者だと8.4%の合格率です。

昨年が6.9%ですので、5.5ポイントアップです。

東大合格者は0名だったものの、千葉大の合格者が12名→17名にアップしました。

スポンサーリンク



千葉市立稲毛高校 2019年早慶上理GMARCH合格実績

続いて私大、早慶上理GMARCHの実績です。

 

 

早慶上理は合格者数62名、卒業人数が321名ですから卒業人数に対する割合が19.3%で昨年から6.4ポイントダウン。

GMARCHは合格者数231名、卒業人数の72.0%で昨年から4.5ポイントダウンです。

早慶上理GMARCHのトータルは293名で、卒業人数321名に対する合格率91.3%。

昨年が102.2%ですので、10.9%ダウンした結果です。

スポンサーリンク



最後に

今年の千葉市立稲毛高校の実績は、国立は昨年並み、早慶上理GMARCHは約10%ダウンということで、学校としては若干悔しい結果だったのではないでしょうか。

早慶上理GMARCHの合格総数が293名ということは1/3理論で考えた場合、97名で合格を叩き出したことになります。

卒業人数が321名とすると97名ということは30.2%ということです。

卒業人数の30.2%が国立大学、もしくは早慶上理GMARCH以上の大学へ進学していることになります。

あくまで推測ですけどね。

先ほど、今年は悔しい結果だったと申し上げましたが、卒業生の約30%が早慶上理GMARCH以上に進学していると仮定すると、R4偏差値50近辺の学校としては、非常に優秀な実績であると言えます。

この高倍率の状況はまだまだ続きそうですね。

スポンサーリンク

おすすめ

塾選びをされてる方におススメしている記事です。

人が足りません。開発/運用エンジニア募集

 

おすすめ

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-千葉県公立中高一貫校2019年大学合格実績, 記事No.101~150まで

Copyright© 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ , 2020 All Rights Reserved.