東京都公立中高一貫校2019年大学合格実績 記事No.101~150まで

都立武蔵高校・附属中学校 2019年大学合格実績

スポンサーリンク

 

 

小石川、桜修館南多摩白鴎三鷹大泉高校立川国際に続きまして、都立武蔵高校・附属中学校の2019大学合格実績を2018年の分と合わせて以下のとおりまとめます。

都立武蔵高校・附属中学校 2019年主要国立大学合格実績

まず、主要国立大学の実績です。

※先に言っておかなくてはならないのですが、2019年の卒業人数がみつからなかったので大泉高校 立川国際同様2018年の卒業人数をそのまま入れてあります。

たぶん、大幅には変わらないと思いますんで、大幅に数字がブレることはないと思います。

 

 

2019年の東大の合格数は4名です。

昨年が11名でしたので、7名ダウンです。

各学校でプラスマイナスがありトータルでは昨年並みといった感じです。

卒業人数を昨年同様194名とした場合、54名の合格者、27.8%の合格率です。

昨年が27.3%ですので、0.5ポイントアップです。

東大を7名減らしたものの、一橋大を6名→12名にアップ。東工大を1名→5名、筑波を2名→5名にアップしています。

このクラスの合格者が増加していることを考えると、全体的なレベルが落ちているわけではなく、たまたま東大合格者が今年は少なかっただけと考えられます。

スポンサーリンク



都立武蔵高校・附属中学校 2019年早慶上理GMARCH合格実績

続いて私大、早慶上理GMARCHの実績です。

これも先に言っておかなくてはならないのですが、以下の表の数字は現役、既卒トータルの数字になっています。

今の段階だと、現役、既卒を分けたデータが見つからなかったので、とはいえ、それだけのためにこの表を出さないのも勿体ないということで、とりあえず、現役既卒トータルの数字を入れておきます。
無論、2018年の数字も現役既卒トータルの数字に入れ替えてあります。
比較ができなくなってしまいますので。

また、2019年の卒業人数がみつからなかったので大泉高校 立川国際同様2018年の卒業人数をそのまま入れてあります。

表としてはイマイチになってしまいますが、ご了承の上、参考になさってください。

 

 

早慶上理は合格者数159名、卒業人数を194名と仮定した場合、卒業人数の82.0%で昨年から29.4ポイントアップ。

GMARCHは合格者数199名、卒業人数の102.6%で昨年から34.6ポイントアップです。

早慶上理GMARCHのトータルは、358名の合格者で、卒業人数194名と仮定した場合、合格率184.5%。

昨年が120.6%ですので、63.9%アップした結果です。

早慶上理、GMARCHともにで昨年対比30%を超える上昇率です。凄まじい実績です。

これまた学校としてはホームラン級の実績と言えるでしょう。

スポンサーリンク



最後に

今年の都立武蔵の実績は素晴らしいですね。

上記数字は先に注釈を付けておいた通り、現役、既卒のトータル合格者数になっています。

ですので、今回は他の学校と同列には扱えなかったのですが、東京都内でみると卒業人数に対する早慶上理GMARCH合格数の割合が桜修館176.2%、小石川162.2%です。

それに対して、都立武蔵は184.5%ですので都内トップということになりますね。

早慶上理GMARCHの合格総数が358名ということは1/3理論で考えた場合、119名で合格を叩き出したことになります。

卒業人数が194名とすると119名ということは61%ということです。

卒業人数の6割が国立大学、もしくは早慶上理GMARCH以上の大学へ進学していることになります。

あくまで推測ですけどね。

今年は凄まじい実績を残したことになります。

来年もまた倍率が上がりそうですね。

スポンサーリンク

おすすめ

塾選びをされてる方におススメしている記事です。

おすすめ

日々忙しく、お買い物にも行く時間のないあなたに。
食材の宅配サービスは絶対、あなたの助けになってくれるはずです。

■らでぃっしゅぼーやの食材宅配はコチラ■

■生協の宅配サービスはコチラ■

おすすめ

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-東京都公立中高一貫校2019年大学合格実績, 記事No.101~150まで

Copyright© 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ , 2020 All Rights Reserved.