記事No.51~100まで

2019年 都立高校志望倍率発表にかんして

Ryosuke

Ryosuke

管理人のリョウスケといいます。 東京都在住40代です。 2015年に子供が中学受験(受検)をした事をキッカケにブログを始めました。それ以降、中学受験関連の情報を集め、その経験・データを元に中学受験、高校・大学受験、子育ての話などを記事にしています。 サイト運営5年。月々58,000PV突破。ありがとうございます。

スポンサーリンク

2019年都立高校全日制等志望予定(第1志望)調査の結果が発表されました。


(引用元:http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/press_release/2019/release20190108_01.html

都立高校の志望率は前年に対して若干減少。

全日制の志望倍率1.25倍。
普通科の倍率も高くて2.20倍くらいでしょうか。

2.20倍とはいっても、2人に1人しか合格できないわけですから、受験生からすれば切実です。

私立高校を固く併願して、公立高校はチャレンジ

以前に以下の記事でも書きましたが、東京都の場合、私立高校に進学が決まったとしして、うまくいけば助成金が最大で年間¥449,000もらえます。(ただし支給されるのは高1の12月頃なのでご注意を)

【最大46.6万円補助】私立高校授業料を軽減する2つの助成金を詳しく解説 | 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ
【最大46.6万円補助】私立高校授業料を軽減する2つの助成金を詳しく解説 | 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ

まず、はじめにコレをご覧ください。 上の画像は東京都の私立高校授業料軽減助成金の通知書です。 さらに、 これは高校就学支 ...

続きを見る

これは大きい。

これだけもらっても、私立の場合、若干足が出るとは思いますが学費がかなり楽になると思います。

固く私立を滑り止め校として併願し、最悪、私立入学を良しと考え、公立高校をチャレンジしてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-記事No.51~100まで

© 2020 中学受験(受検)のアレコレ|中学受験のブログ