中学受験

日本人初のノーベル賞受賞者はだれ?日本人ノーベル賞受賞者一覧

とうさん

日本人初のノーベル賞受賞者はだれだっけ?

日本人初のノーベル賞受賞者は、 1949年にノーベル物理学賞を受賞した『湯川秀樹』さん

ですね。

とうさん

そうか、そうか。湯川秀樹さんか。

受験と言えば『時事問題』

です。

そして、ノーベル賞受賞者は毎年、いずれかの学校では出題されるテッパン問題ですね。

2021年もアメリカ国籍ながらも 真鍋淑郎さんが、ノーベル物理学賞を受賞されたので、何かしらの形でノーベル賞についての問題が出題されるでしょう。

ということで、この記事では毎年恒例で主題される『ノーベル賞』の問題のちょっとした対策として、日本人で歴代ノーベル賞を受賞した方々を一覧で紹介していきます。

この記事を読んでわかること

  • 歴代、日本人でノーベル賞を受賞した方々を一覧でご紹介

この記事の信頼性

Ryosuke

✓教育ブログ歴7年。月々100,000PV。 ✓7年間様々な受験情報・教育情報・学習サービスをみてきた筆者が経験をもとに解説していきます。 ✓stand.fmで音声配信してます。よろしければ是非。

歴代、日本人でノーベル賞を受賞した方々を一覧でご紹介

では、さっそく結論を。

以下、歴代、日本人でノーベル賞を受賞した方々の一覧になります。

知識問題対策でサラッと覚えてしまいましょう。

西暦 氏名 分野
1949湯川秀樹ノーベル物理学賞
1965朝永振一郎ノーベル物理学賞
1968川端康成ノーベル文学賞
1973江崎玲於奈ノーベル物理学賞
1974佐藤栄作ノーベル平和賞
1981福井謙一ノーベル化学賞
1987利根川進ノーベル生理学・医学賞
1994大江健三郎ノーベル文学賞
2000白川英樹ノーベル化学賞
2001野依良治ノーベル化学賞
2002小柴昌俊ノーベル物理学賞
2002田中耕一ノーベル化学賞
2008南部陽一郎ノーベル物理学賞
2008下村脩ノーベル化学賞
2008小林誠・益川敏英ノーベル物理学賞
2010根岸英一・鈴木章ノーベル化学賞
2012山中伸弥ノーベル生理学・医学賞
2014赤崎勇・中村修二・天野浩ノーベル物理学賞
2015大村智ノーベル生理学・医学賞
2015梶田隆章ノーベル物理学賞
2016大隅良典ノーベル生理学・医学賞
2017カズオ・イシグロ(イギリス国籍)ノーベル文学賞
2018本庶佑ノーベル生理学・医学賞
2019吉野彰ノーベル化学賞
2021真鍋淑郎(アメリカ国籍)ノーベル物理学賞

これで、ほぼほぼ網羅されているはずです。

もし、抜けがあったら教えてください。

おすすめ

四谷大塚・東進ハイスクールを運営する㈱ナガセが『東進オンライン』という映像授業コンテンツを始めました。
小学部=四谷大塚、中学部=東進ハイスクールのノウハウが詰め込まれた映像授業です。
そして、驚くことに月々3,000円~というコスパの良さ

無料で資料請求できるので、まずは資料を確認してみてはどうでしょうか。

詳しくは公式サイトをご確認ください!

■無料資料請求(小学部)へ>>
■無料資料請求(中学部)へ>>

■くわしい関連記事はコチラ>>

最後に

今回は、歴代、日本人でノーベル賞を受賞した方々を一覧でご紹介しました。

前述のとおり、『ノーベル賞』関連問題は中・高・大学受験を全てを通じて頻出問題です。

是非、深く考えず、ただひたすらに覚えておきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事にも興味があるかも

-中学受験